このエントリーをはてなブックマークに追加

Z世代の仕事観。15歳から18歳が考える職業に対する価値基準

generation-z

グローバルに人材派遣業を手がけるアデコZ世代と呼ばれる、15~18歳の若者を対象に「教育と就職活動」と「働き方や仕事に対する価値観」のアンケートを行いました。

Z世代(ジェネレーションZ)は1985年から1991年に生まれた世代です。似たワードとして、X世代(1970年~1974年)やY世代(1975年~1980年)があり、もともとはアメリカのマーケティングの概念として日本に入ってきたものです。

Z世代というのは日本がバブル景気に湧いた華やかなりし頃を知らずに育ったため、シビアに生き抜こうという意識が高いです。アンケートの結果にもその意識が反映されているようです。

  1. 日本人の47%は、「学校教育が就職に役立っていない」と回答し、調査国の中で最も高い数値。
  2. 就職先を見つけるまでの期間は、日本が最短の「4ヵ月」、最長は韓国の「13ヵ月」。
  3. ベトナム、中国では「口コミサイト」の利用度が高く、就職活動における情報源となっている。
  4. 生涯で働くと思う社数は、1社のみと回答した日本人は9%で「転職は当たり前」の世代だが、各国比較では、まだ転職に消極的。

X世代もY世代もバブル景気の恩恵をなんらかの形で享受しているので、やはりどこかで寄らば大樹の陰のような甘えた考えがまだあったりしますが、Z世代に関しては社会にでる前からサバイバルする気でいることがこの調査で見て取れます。

 

Z世代の仕事観。15~18歳が考える職業に対する価値基準

学校教育が就職に役立っていない

日本の場合、高校までの学校教育は大学に入るための「時間を過ごす場所」となっており、職業訓練的な意味合いは少ないです。直接役に立つ内容でいうと、ITリテラシーを鍛えられる情報処理の授業があるくらいです。

大学では、昨今の学生の奪い合いの結果、やはり就職に重点を置いた大学に学生が集まる傾向があります。TOEICのスコアを単位に置き換えたり企業へインターンにいったことを単位として認定したりする大学が増えているので、こういった傾向は今後より一層充実していくと思われます。そういう努力を怠った大学はあっという間に募集停止に追い込まれていく時代です。

 

就職先を見つけるまでの期間

日本ではまだ新卒一括採用の制度をとっているので、諸外国に比べれば学生が職を得やすい状況は依然として存在しているといえます。日本ではヘンな色や癖がついていない人材を採用したいという傾向が強いため、こういった制度が成立していますが、東洋経済に掲載された「転職大ブーム!崩れる35歳転職限界説」にあるように、中途採用の年齢制限枠がこれまでより一気に広がると、その割を食うのは新卒者の採用枠だったりします。

新卒一括採用の恩恵を受けてきたX世代やY世代がZ世代の枠を奪いに来るということを考えると、Z世代はよりいっそうシビア&クレバー&タフネスに仕事を探していく必要があります。

 

口コミサイトの利用度

日本人の口コミサイトの利用度はベトナムや中国に比べると低いようですが、口コミサイトを利用することで、志望企業とのミスマッチを極力減らすことができるはずなので、賢く立ちまわりたいなら積極的に利用すべきです。転職会議Vorkersを使えば、在籍していた社員の企業レビューを読むことができます。こうすることでミスマッチを減らすことができると同時に、入社試験対策にもつながるので、ライバルに差をつけることができるようになります。

口コミサイトを利用する上で大切なのは、自分が経験した企業の口コミを他の人たちに共有することです。なんらかの都合で会社を退職した場合に、自らの就業経験を他者に共有することで、ナレッジが蓄積されていきます。社会全体で、そういうナレッジを集めることで最終的にブラック企業へ人が集まりにくくなります。もうすでになりつつありますが。。。

 

生涯で働くと思う社数

今後はこれまで以上に企業で長く勤務するということが困難になってきます。Z世代で終身雇用を信じているのはたった9%というのは実に頼もしい数字で、彼らが今の時代をいかにシビアにとらえているのかがよく分かります。終身雇用が崩壊する一方、年金の支払い開始年齢は引き上げられていくことは必至であり、日本人はより多様な働き方や生き方が求められているといえます。

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る