このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTuberという生き方。動画コンテンツで生計を立てる

RIMG0431

ブロガーとか、アフィリエイターという言葉はずーっと昔からよく聞くんですが、YouTuber(ユーチューバー)という人たちって、割りと最近スポットライトが当たるようになってきた気がします。

やっぱりなんだかんだで、先立つモノがなければクリエイティブなことはできないわけで、そういう意味ではYouTubeとアドセンスを連携させた「YouTubeパートナー」制度からの収益の存在は大きいと思います。

YouTuberは動画を配信することで、Googleが作ったエコシステムの中から収益を上げ、それで生計を立てるヒトのことをいいます。日本ではまだまだアフィリエイト(アドセンス含む)だけで生計を立てることは難しいといわれていますが、そんな中でもキチッとやれば暮らしていくことは可能だったりします。その可能性を国内外の事例を踏まえつつ、解説したのが以下の書籍です。

YouTubeをビジネスに使う本/熊坂仁美 著

 

カズチャンネル
ちょっと前から、くまよむ的にちょ~興味津々だったカズチャンネルの勝村和央さんが取り上げられていて、けっこう参考になる視点が多かったです。カズチャンネルの動画って、はっきりいって下手なテレビショッピングよりも面白くて惹き込まれます。ジャパネットタカタ高田明社長の後を継げるんじゃないかと思うほどのパフォーマンスっぷりです。

しかもカズチャンネルって、自画撮り&編集&配信&ブログ執筆までの作業を一人でやってるんで、まさに鬼神のごとき働きです。ちなみに、書籍の中ではざっくりとしたカズチャンネルのPVが掲載されていたので、なんとなーくそこから収益性を割り出すことができそうでした。

 

YOGSCAST
ほかにも、海外のユーチューバーの事例では年間で6億円とか7億円を稼ぎだす人たち(ヨグズキャストのルイス・ブリンドリー氏、サイモン・レイン氏とか)が紹介されてまして、ホンマかいな!って感じだったんですが、既存のマスメディアの広告収益が軒並み落ちているということは、その落ちた分の広告費はネットに出稿されているわけで、それを有力なYouTuberが大口で吸い上げていると考えれば、納得もできます。

Vineの超短い動画で一瞬にして有名人になった女子高生Reika Oozekiさんもいることですし、腕におぼえがあれば、YouTuberという生き方にトライしてみるのも面白いかもしれません。


くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る