このエントリーをはてなブックマークに追加

STAP細胞はありましぇ~~ん!200回成功したと豪語していた小保方晴子は1回も作れなかったんだってばよッ!!

stap

2014年という年は小保方晴子にはじまり、小保方晴子によって終わったといっても過言ではないくらいに小保方晴子イヤーとなった年でありました。まさに今年の日本を代表する顔となった小保方晴子ですが、11月まで行っていたSTAP細胞の再現実験はやはりただの1回も作れなかったということで、STAP細胞などどこにも存在しなかったことがはっきりしたもようです。

理研、小保方氏の検証結果を19日に発表 本人は「心身の状態悪い」と欠席

STAP細胞の有無を検証している理化学研究所は18日、小保方(おぼかた)晴子研究員(31)が参加した検証実験の結果を19日に発表することを決めた。責任者の相沢慎一特任顧問らが都内で記者会見を開く。小保方氏は「疲労が激しく心身の状態が悪い」(理研)ため、会見には出席しない。

小保方氏は7月以降、所属していた神戸市内の研究センターで検証実験を開始。執筆した論文(撤回済み)と同じ手法でSTAP細胞の作製に取り組み、期限の11月末に終了したが、細胞は作製できなかった。

引用元:産経新聞

うん、知ってた。銀河系に住んでる人はみんな知ってたよ。STAP細胞なんて、どこにも存在しないってことは。だって、そりゃそうだろ。弱酸性の溶液に細胞を浸すだけで万能細胞ができるなら、弱酸性ビオレをつかっている人はみんな若返っちまうだろうよ。毎日、ヨーグルト食べたり、オレンジジュース飲んでたら、口の中とか、胃の中とか、万能細胞だらけになるだろ。あたりまえだろ、そんなこと。あるわけないじゃん!

毎日、寿司を握っている寿司職人の手は赤ちゃんみたいになっちまうだろうよ!なんで、そんな分かりやすい嘘をつくんだよ。嘘をつくなら、もう少しバレにくい嘘をついてくれ、途中からそういう芸風の芸人さんとしか思えなくなっていたよ。

でも、人間て、アホだから最初は若返りができるのかもって、期待しちゃった金持ち高齢者やゲーハーが速攻で治るじゃんとかいちゃったわけで、そういう人たちの気持ちを踏みにじったのは反感を買いやすかったのかもね。あと、一番の問題は本当に深刻な病気で、再生医療に期待するしかない人たちの気持ちを弄んだことかな。笹井さんも死んでるし、家族にどう謝れば責任とれるんじゃろーのー。

一方で、早稲田大学に対してディプロマミルのレッテルを貼るという一大事業も成し遂げ、本当に小保方晴子の破壊力は戦中・戦前・戦後を通して、最高といわざるをえません。もっと怒っていいんじゃないかな、早稲田出身の人は。

それにしても、これからどうするんだろ。かーちゃんとねーちゃんは大学教員らしいから、かろうじて国内で生きていくには最低限の経済的保証はあるかもしれないけど、野々村竜太郎が経済的にピンチな状況が報じられているので、同じような状況になるかもしれませんな。

だって、あれだぜ。かーちゃんもねーちゃんも小保方姓って珍しいから、一発で家族ってバレちゃうし、教えてる大学の子どもたちからは指差されて笑われるんだぜ。そうなると、家族間のいざこざも起きそうだね。おーこわいこわい。

そんなこんなで、2014年は小保方晴子のおかげで、たくさん笑わせてもらいました。2015年はどんなカタストロフィーを巻き起こしてくれるのでしょうか。ものごっつ期待してます。

次はあれかな、やっぱ解雇とかあんのかなー。損害賠償とか、逮捕とかあんのかなー。ていうか、会見でてこいやー!

そうそう、小保方晴子に関しては尾木ママも怒ってるんだってさ。ぷんぷんッ!!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る