このエントリーをはてなブックマークに追加

STAP細胞は新語・流行語大賞を受賞できなかったけど、ネット流行語大賞を受賞しちゃったゾ!

stap

今年最も流行したキーワードを決定する新語・流行語大賞ですが、くまよむ的にはやはりSTAP細胞じゃろうと予想していたところ、案の定ノミネートされやがりまして、期待に胸が膨らんでおったのですが、1日に発表された結果では、残念ながら受賞にはいたりませんでした。

受賞したのは「ダメよ~ダメダメ」と「集団的自衛権」でした。うーん、前者は分からんでもないですが、「集団的自衛権」ってそんなに世の中を席巻するほどのインパクトってありましたっけ、主催者側が左巻きなら、そういうのを恣意的に突っ込んできてもおかしくはなさそうですね。

ちなみに我らがSTAP細胞はトップテンにも入らないという結果に。。。なんでやねん。トップテンには入るだろ。トップテンに入っていた中で、超絶違和感があったのは美輪明宏さんによる「ごきげんよう」です。これって、いつどこで流行したんでしょうか、よく分かりません。。。別に新語でもないと思うんですが。

てなところにきまして、憤懣やるかたない状態だったんですけども、世の中はとても便利な時代でして、恣意的な新語・流行語大賞とは全く別にネット流行語大賞というのが開催されておりまして、こちらは検索結果をもとに割り出しているので、恣意性が排除された結果で受賞が決まります。

んで、我らがSTAP細胞はネット流行語大賞ではなんと驚くべきことに金賞をとっちゃいました。スゴイですね。そりゃそうでしょ。今年一番のホットな話題はやはりなんといってもSTAP細胞だと思いまぁす!

ちなみに、銀賞にはキチガイ県議こと野々村竜太郎による「この日本ンフンフンッハアアアアアアアアアアァン! ……ウッ……ガエダイ!」が選ばれました。あまりの低レベルの競争に驚き呆れるばかりですが、これが今の日本を象徴しているんでしょうね。ほんとうにどうしようもない低レベルです。

なお、「ダメよ~ダメダメ」に関してはネット流行語大賞では銅賞とう結果になりました。決して、インパクトの低いものではないんですが、小保方晴子と野々村竜太郎の前ではどんなに素晴らしい芸人のギャグも陳腐なものでしかありません。だって、彼らは人生を全て捨てる覚悟の芸風ですから。。。

ネット流行語大賞では他にも上位30位までのキーワードが発表されておりますが、くまよむ的に熱い!と思ったのは「ピストン矢口」と「シャブ&飛鳥」と「ワンオペ」と「Youtuber」ですね。Youtuber以外はどれもどうしようもない低レベルな内容で、ほんこれでバカバカしいですね。

Youtuberは今年フォーカスされまくりでしたね。アップバンクの村井さんがテレビCMにまで出演しちゃうんですから、すごい時代になったもんだと思います。しかも、けっこう稼げちゃうらしいですから、新しい仕事の仕方として定着していくといいですね。でも、視聴者がYoutubeばかり観ることになると、テレビ離れはさらにガンガン進みそうな感じです。

ちなみに、我らが佐村河内守によって広まったキーワード「ゴーストライター」はなんと28位という順位になっていました。小保方晴子&野々村竜太郎&佐村河内守は2014年を代表する嘘つき三羽烏みたいなところがありまして、同列に扱われるべきだと思うんですが、小保方晴子&野々村竜太郎が金賞と銀賞を受賞したのに対し、佐村河内守が28位だなんて、ちょっとかわいそすぎますね。同情してしまいます。

あと、年末に行われる今年を表す漢字一文字は個人的には「嘘」であってほしいなと思いまぁす!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る