このエントリーをはてなブックマークに追加

SMAPの稲垣吾郎が医師で検事を演じる「Dr.検事モロハシ」を見逃すな!

doctor-kenji-morohashi-smap-inagaki-gorou

SMAPの稲垣吾郎さんが医師で検事という、超高難易度の資格を二つも持つ主人公を演じる医療ミステリードラマ「Dr.検事モロハシ」の第2弾が放送されることになりました。

あらすじ
諸橋正志(稲垣吾郎)と森下椿(吹石一恵)は新婚旅行を装い大宅島に向かう客船に乗っていた。諸橋は船員に船酔いを訴え、島に着いたら診療所へ案内して欲しいと同船した佐川珠代(三倉佳奈)に依頼する。そんな中、珠代の実父、辰雄(大河内浩)が腹部の痛みを訴える。

急きょ、医師免許を持つ諸橋が船内の救護室で手術をすることに。手術に十分な環境が整っていないにもかかわらず諸橋は椿の助けを得ながら見事なメスさばきを見せ手術を成功させる。

大宅島の診療所に辰雄らと共に向かうと診療所の医師、岩田紀子(野波麻帆)に出会う。紀子は東京の有名産婦人科病院、愛聖病院で働いていたという。実は諸橋と椿は愛聖病院で起きたと思われる医療ミスの真相を探るために大宅島診療所に潜入したのだった。

愛聖病院では、医師の麻生友樹(石黒賢)が妊婦、伊坂ゆり子の帝王切開手術を行った際、ゆり子が心臓マヒをおこし胎児もろとも亡くなった。残された夫は医療ミスを疑ったが、カルテ上に問題はなかった。真相は闇の中に…。

諸橋は、手術に関わっていた紀子、看護師の伊藤恵(入山法子)の足取りを追い、二人が大宅島の診療所で働いていることを突き止め、捜査のため島までやってきたのだった。諸橋らが医療ミスの真相に次第に近づき始めると、そこには国家規模の極秘プロジェクトがうごめいていた。ついには内閣府医療統括官、青木俊作(岩城滉一)の存在が見え隠れし始める。全容が見えない巨大な敵に諸橋はいかにして立ち向かうのか。

出演者
諸橋正志(東京地検医療特捜部医事係検事)/稲垣吾郎
森下椿(東京地検特捜部検察事務官)/吹石一恵
麻生友樹(愛聖病院医師)/石黒賢
岩田紀子(大宅島診療所医師)/野波麻帆
伊藤恵(大宅島診療所看護師)/入山法子
佐川珠代(大宅島居酒屋女将・妊婦)/三倉佳奈
佐川辰雄(佐川珠代の実父)/大河内浩
池谷一朗(清稜医科大学病院・胸部心臓外科医)/山田親太朗
沖田涼子(清稜医科大学病院・胸部心臓外科医)/木村佳乃
青木俊作(内閣府医療統括官)/岩城滉一
奈良徳和(東京地検医療特捜部特捜部長)/松方弘樹

スタッフ
企画/加藤達也
原案/「Dr.検事モロハシ能田茂集英社BJヤングジャンプコミックス
脚本/大石哲也
プロデュース/古郡真也FILM
監督/七高剛

放送日
2014年7月1日 21時

医師で検事というと、朝比奈燿子を思い出しちゃいますけど、稲垣吾郎さんもついに同じ神の領域に踏み込んでしまったようですね。どちらか一方のポジションをゲットするだけでも至難の業なんですけど、フィクションのお話とはいえ、どちらも持ってるなんてほんと羨ましい限りです。

このドラマは毎週ルーチンで各テレビ局が放送している枠ではなく特番枠なので、キャストに力が入っている感じです。主役が稲垣さんというのもさることながら、普段のレギュラー枠であれば主役か準主役級の俳優の名前が連なっているところをみると、フジテレビがこのドラマに並々ならぬ情熱を注いでいることがよく分かります。

さて、事件は都内の有名な産婦人科の愛聖病院で妊婦の伊坂ゆり子が帝王切開手術を受けた際に心臓麻痺で胎児とともに死亡したところからはじまります。手術を担当していたのは石黒賢さん演じる医師の麻生友樹、野波麻帆さん演じる同じく医師の岩田紀子、入山法子さん演じる看護師の伊藤恵の3名です。他にもいたんでしょうけど、ドラマではこの3名にフォーカスしてします。

伊坂ゆり子の夫は医療過誤があったのではないかと指摘しますが、病院側は華麗にスルーします。この手のドラマにありがちな逃げ切りパターンですね。

その後、なにを思ったか岩田法子と伊藤恵の両名は大宅島(たぶん架空の島)の診療所で働くことになりますが、そこに稲垣吾郎さん演じるDr.モロハシこと諸橋正志検事と吹石一恵さん演じる検察事務官が潜入捜査を行います。

あらすじの内容としてはおおむねこのへんまでで、最後に国家規模の極秘プロジェクトが今回の医療事故の背景にあることが示唆されています。

おそらく、チームバチスタシリーズのようなノリになってくるんでしょうね。なかなか、観ごたえがありそうなドラマです。

ここからは「Dr.検事モロハシ」の原作を一切知らない、くまよむの事前推理です。国家的極秘プロジェクトが存在し、キャストに名前が出ている岩城滉一さん演じる青木俊作が内閣府の医療統括官という立場であるということを考えると、なにか公にできない臨床実験が伊坂ゆり子の手術で行われていたんじゃないかと思います。心臓麻痺が起こったことを考えると、なにかよからぬ新薬とか麻酔とかを実験してたんじゃないかなと。

手術に関わった3名のうち、大宅島に行った岩田紀子と伊藤恵はおそらく実験のことを知りながら協力したものの、まさか死亡するとは思わず、心臓麻痺で胎児の命も奪われた結果に愕然とし、贖罪の気持ちから医療の本質を見つめ直そうとし、僻地医療に身を捧げているんじゃないかと。

あらすじでは出てきませんけど、山田親太朗さん演じる池谷一朗と木村佳乃さん演じる沖田涼子はともに清陵医科大学病院の胸部心臓外科医というポジションなので、愛聖病院で行われた伊坂ゆり子の手術時に心臓になにが起こっていたのかを諸橋検事とともに検証してくれるんだと思います。

伊坂ゆり子の主治医は麻生友樹なんでしょうけど、彼の動きと青木俊作との関係が見どころになりそうですね。あと、松方弘樹さん演じる東京地検医療特捜部特捜部長の奈良徳和は事前に公開されている写真画像を拝見する限り、青木と酒を酌み交わす間柄のようなので、この二人の関係も見逃せないです。

事前推理としては黒幕は青木で、実行犯は麻生とその周辺ということでほぼ確定でいいんじゃないでしょうか。

おそらくなんですけど、推理そのものを楽しむというよりは、ドラマのストーリーや展開を楽しむ形式の医療ミステリードラマになっているんじゃないかと思います。

というわけで、稲垣吾郎さん主演の「Dr.検事モロハシ」をお見逃しなく!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る