このエントリーをはてなブックマークに追加

NHKスペシャルで小保方晴子のSTAP細胞の不正の深層を暴くらしいゾ!

nhk-special-stap-obokata-haruko

内閣府における特別機関「日本学術会議」がSTAP細胞の不正疑惑について、理化学研究所は関係者に対して処分を行うべきという内容の提言をしておりまして、小保方晴子さんの懲戒解雇は徐々に実現性が高まってきています。

そんな中、NHKが2014年7月27日のNHKスペシャルにて、STAP細胞の不正について現時点での総括を行う趣旨の番組を放送することになりました。

NHKスペシャル 「調査報告 STAP細胞 不正の真相」

番組内容
今月2日、英科学誌ネイチャーは、新型万能細胞の作製に成功したとして世界的な注目を集めたSTAP細胞の論文を取り下げたと発表。研究成果は白紙に戻った。

日本を代表する研究機関である理化学研究所で起きた史上空前と言われる論文の捏造。改革委員会は、熾烈な研究費獲得競争の中で、理研が“スター科学者”を早急に生み出すために論文をほとんどチェックせずに世に送り出した実態や、問題が発覚した後も幕引きを図ろうとする理研の隠蔽体質を断罪。STAP細胞の存在そのものが“捏造”された可能性について、更に検証を進めるべきだと提言した。

しかし執筆者の小保方晴子研究ユニットリーダーは徹底抗戦。真相は何か、背景に何があるのか、全容の解明には至っていない。番組では、独自に入手した資料を専門家と共に分析。

関係者への徹底取材を通して論文の不正の実態に迫る。更に、多くの疑義が指摘された論文がなぜ世に出されることになったのか、その背景を探っていく。

放送日
2014年7月27日 21時~21時49分

引用元:NHKスペシャル

番組の紹介テキストを読むと、史上空前や徹底抗戦といった激しい言葉が使われていますが、先日ニュースで報じられた、NHKの記者による小保方晴子さんに対する行き過ぎた取材の意趣返しであるかのように、見受けられます。

実際に、史上空前の不正になる可能性が高いですし、徹底抗戦中でありますから、あながち間違いではないので、別にいいんですけど。

STAP細胞問題はネット上のまことしやかな情報や、マスコミの勉強不足による妙な分析によって踊らされている感が否めないので、科学を専門とする人たちによる多角的かつ精緻な分析がなされることは日本の科学の方向性を論じる上で重要だと思います。(NHKのバイアスがかかってなければいいけど。。。)

リアルタイムで観れなかった人、録画できていなかった人、NHKの受信料を払っていない人にはNHKオンデマンドを使う方法があるので、ぜひご覧になってみてください!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る