このエントリーをはてなブックマークに追加

HDMI出力しか出来ないノートPCをVGA端子しかついてないプロジェクターにつなげるにはどうしたらいいの?

hdmi-vga

最近、Macbook AirからDynabookに乗り越えた、くまよむなんですけど、買ってみてビックリしたのはなんと!外部出力にHDMI端子を搭載していること。HDMIはデジタルによる出力ができるのでキレイな映像が楽しめるんですけど、出先のプロジェクターにつないでプレゼンしなきゃいけないって時にはVGA(D-SUB)端子しか対応していないってことがしばしばあって、そういう時にHDMIは不便だったりします。

ビジネスマンが愛用してるパナソニックのレッツノートにはいまだに青いVGA端子が付いてますけど、出先でプレゼンする営業マンたちのことを考えた上でVGAを付けているんでしょうね。

んで、HDMIをVGAにつなげる方法って、変換アダプタを間にはさむことでなんとかなるんじゃないかと簡単に予想してたんですけど、調べていく内に、思いの外ハードルが高いことに気付きました。そもそもビックとかヨドバシに行っても、対応機種がほぼ皆無でして、あっても電源が必要だったりしてモバイル用途には向かないものだったりします。

というわけで、こっから先はくまよむが調べた中でこれは使えそう!と思ったものを3つ紹介しちゃいます。

Vodaview HDMI to VGA 変換アダプタ

Vodaview HDMI to VGA 変換アダプタ
引用元:Amazon.co.jp
アップル製のディスプレイポートにつなげるアダプタみたいなデザインです。いわゆるメジャーなメーカー製ではないですが、2014年9月7日の時点の価格は1,748円とお安く、★4かつ98件のレビューを集めていたので、評価はかなり高めです。

レビューを読んでいると、たまに映像が表示されない製品にあたることが指摘されており、その場合でもメーカーに連絡すれば、適切なものに取り替えていただけるということでした。その安心感に納得して、くまよむはこちらの製品を購入しました。

 

レノボ・ジャパン HDMI to VGA モニターアダプター

レノボ・ジャパン HDMI to VGA モニターアダプター
引用元:Amazon.co.jp
Think Padのレノボが出している変換アダプタです。レビューを見ていると、Think Padじゃなくても使えるようです。いわゆる国産メーカーじゃないところが気になるところですが、それでもなかなかまともな製品がない中においてはレノボという名前は燦然と輝いており、安心感は高いと思います。

ブラックの色使いはビジネスマン向きといえるかもしれませんね。特にThink Padとの相性は良さそうです。ただし、2,900円というお値段は少々お高めなので、このへんはご自分の財布と相談してみてください。

 

Acer VGA変換ケーブル

Acer VGA変換ケーブル
引用元:Amazon.co.jp
レノボ同様に、リーズナブルなパソコンを出しているAcerの製品です。そこそこのメーカーなので、信頼性は高いと思われます。

2014年9月7日時点では2,894円のお値段なので、レノボ製とほぼ一緒です。★4.5で33件のレビューを集めているので、それなりにユーザーの印象は高かったといえます。

白をベースにしているのはVodaviewの製品と一緒です。レノボの黒がイヤだ!という人にはこちらの製品をオススメします。

 

日本の大手メーカーがなぜか進出していない、HDMIからVGAへの変換アダプタなんですが、なんでこうもマイナー感が強いのでしょうか。そもそもHDMIを搭載したノートPCがそんなに出回っていないんでしょうか。あるいはHDMIの信号をVGAに変換する技術がいまいち面倒くさいのでしょうか。なんだか、よく分かりません。

パナソニックのレッツノートのようにVGAを最初から搭載するのが理想といえば理想なんですけど、VGAの端子ってけっこう厚みがあるので、普通に搭載しちゃうとノートPCの厚みがかなり増しちゃうんですよね。それが難点なので、D-SUB端子は薄いノートPCからは消えまくっているんだと思いますが、このへんをうまく解決する方法ってないんでしょうかね。。。

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る