このエントリーをはてなブックマークに追加

麻生祐未が主演の水曜ミステリー9「特命おばさん検事!花村絢乃の事件ファイル3」の犯人は誰だ!?

hanamura-ayano3

麻生祐未さんが主婦感覚を持った特命検事となって殺人事件の真相を暴く、水曜ミステリー9「特命おばさん検事!花村絢乃の事件ファイル3」が放送されることになりました。

あらすじ
主婦の花村絢乃(麻生祐未)は、裁判官だった絢乃の亡父・花村雄一郎(西岡德馬)からの遺言を受けた検事正・岡田幸喜(高橋英樹)の特命により検事に。東京地検刑事第一部の検事として働いていた。

ある朝、遅刻をして急いでいた絢乃は、高杉建設の経理部長・佐野幸雄(難波圭一)と東京地検の廊下でぶつかる。絢乃の検事バッジを見るなり睨みつけた佐野は、その直後ビルから飛び降り死亡。

現場に駆け付けた地検特捜部の有沢達郎(原田龍二)は、“私の供述は特捜部長の鬼頭のねつ造だ”と書かれた遺書を見て言葉を失う。鬼頭英二(今井朋彦)は民自党の藤村至(原田大二郎)と高杉建設の間に1億円の受け渡しがあったという癒着疑惑を暴こうと、強引に筋読みに沿った調書を作っていた。

証拠は後から揃えればいいという乱暴なやり方に岡田は不信感を抱く。

出演者・キャスト
花村絢乃/麻生祐未
有沢達郎/原田龍二
宇治谷巌/温水洋一
上田達男/宮川一朗太
川崎益次/相島一之
須田武彦/正名僕蔵
上田智子/遊井亮子
渡部守/敦士
藤村浩一郎/斉藤慶太
藤村至/原田大二郎
鬼頭英二/今井朋彦
大野清隆/蟹江一平
浅井法子/山田麻衣子
花村雄一郎/西岡德馬(特別出演)
岡田幸喜/高橋英樹

スタッフ
脚本/土屋六郎
監督/中前勇児

放送日
2014年9月3日 21時

司法試験を受けなくても、検事になれちゃう制度を世の中に広めた功績を持つ、特命おばさん検事が戻ってきました。検察庁法には法律学の准教授もしくは教授の職を3年以上務めていると、検察官に任命されることもOKと明記されているんですが、これってほんとに実例としてあるんでしょうかね。てか、別にパーマネントのアカポスに就いてたら、別に検察官になる必要もないかと思うんですが、よほど特殊な事情があれば、どこかにニーズが存在するかもしれません。

例えば、100年に一度の特需といわれた法科大学院の設立フィーバーに乗じて、超簡単に法律学の任期付き准教授になって、その後に訪れる法科大学院倒産フィーバーになる前に、検察官へと華麗に転身するみたいなこととか。。。できるのかな、そんなこと。。。実際にやった人がいたら、ぜひ知りたいところです。

さて、事件は高杉建設の経理部長こと佐野幸雄がビルから飛び降り自殺を図るところから始まります。佐野は自殺の際に「私の供述は特捜部長の鬼頭のねつ造だ」という趣旨の遺書を残しておりまして、どうやらこの佐野という男は高杉建設と原田大二郎さん演じる民自党の藤村至代議士との間で行われた公共工事の癒着に関わっていたとして、今井朋彦さん演じる特捜部長の鬼頭英二によって、取調べを受けていたもようです。

一方、麻生祐未さん演じる花村絢乃は自転車と自動車が接触事故を調べています。自転車に乗っていたのは宮川一朗太さん演じる上田達男で、自動車の運転手とは示談が成立しているものの、後から後遺症が強く出て、経済的に身動きが取れない状況に陥ってます。

んで、捜査を進めると、ぶつかった自動車というのは黄色いスポーツカーで、藤村至の息子の浩一郎が運転していたものであることが分かります。しかしながら、事故が発生した日の浩一郎のアリバイはきちんとあります。では誰が運転してたんでしょうか、もしくはどうやってアリバイをでっち上げたんでしょうか。

昔、ブラックジャックを読んでる時に、大金持ちの息子が思いっきり荒い運転をして事故を起こすっていう話がありましたけど、いつの時代もアホな子どもって、いるもんですね。なので、スポーツカーの運転は浩一郎で決まりだと思いますよ。

では、事前推理に入りたいと思います。普通に考えて、高杉建設と藤村至との間には賄賂の授受なんかが行われていて、その裏付けを取るために、高杉建設の経理部長をやっていた佐野が、鬼頭の餌食になったとみてよいでしょう。予告動画をみていると、なにが正義なのかと問うシーンがありますが、それは鬼頭の行いを指しているんじゃないかと思われます。

あらすじ上の流れとしてはいわゆる殺人というのは実行されていないので、実行犯とか真犯人といった人間を捜査であぶり出す感じのストーリー展開にはならないんじゃないでしょうか。どちらかという、絢乃が自分自身の中に存在する正義を信じ、検察内部の取調べの悪い面を鬼頭を相手に断じていくんじゃないかと思います。

もしかすると、その中で別の殺人が起こるかもしれません。しかしながら、それについてはあらすじで言及されていない以上、深く事前推理することができません。

あと見所なのは、藤村浩一郎のアリバイをどう崩していくかでしょうね。示談が成立したと被害者の上田は申しているんですが、示談が成立しているのに相手の素性を知らないことはありえないわけですから、なにか隠している可能性も否定できません。そもそも藤村は経済的に困窮しているわけなので、お金をある程度積まれれれば、言われたことをすんなり受け入れそうなんですよね。事前推理としてはこんな感じでしょうかね。

というわけで、麻生祐未さんが主演の水曜ミステリー9「特命おばさん検事!花村絢乃の事件ファイル3」をお見逃しなく!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る