このエントリーをはてなブックマークに追加

髙嶋政宏が主演の水曜ミステリー9「みちのく麺食い記者 宮沢賢一郎3 ~秋田・角館 田沢湖~ 金のなまはげ殺人事件! 誤認」を見逃すな!

michinoku-menkuikisha-miyazawa-kenichirou3

髙嶋政宏さんが無類の麺好きな記者を演じる、水曜ミステリー9「みちのく麺食い記者 宮沢賢一郎3 ~秋田・角館 田沢湖~ 金のなまはげ殺人事件! 誤認」が放送されることになりました。

あらすじ
相当な麺通ゆえ“麺食い記者”と呼ばれている大和新聞の記者・宮沢賢一郎(髙嶋政宏)が、秋田県仙北市の角館支社に短期赴任してきた。支局長・角川道子(松原智恵子)が、カリスマ美容家・久部貴美子(秋本奈緒美)の講演準備で忙しい浜崎優子(佐藤藍子)の助手として呼んだのだ。

到着早々、宮沢は、優子と入ったラーメン屋で、麺類好きの久部昭徳(中丸新将)と意気投合。美容クリニックの院長で、事業進出のため土地探しに来たという久部は、貴美子の夫でもあった。

しかし翌朝、田沢湖金色大観音の敷地内で、久部の遺体が発見される。現場では貴美子と、医療サポート会社を経営する神田光男(国広富之)が事情聴取を受けていた。神田は、久部となまはげ太鼓を見に来たが、途中ではぐれてしまったという。そんな神田が、貴美子に歩み寄る様子を、宮沢は訝しげに見つめていた。

出演者
宮沢賢一郎/髙嶋政宏
田名部昭治/渡辺いっけい
浜崎優子/佐藤藍子
久部貴美子/秋本奈緒美
神田光男/国広富之
久部昭徳/中丸新将
畑啓次/天宮良
佐藤明正/芹澤名人
真藤守/前田倫良
小栗俊平/寺田農
高瀬貴美子/藤田弓子
角川道子/松原智恵子
弘田圭一/中原丈雄

スタッフ
原作/相場英雄誤認-みちのく麺食い記者・宮沢賢一郎」(双葉文庫
脚本/清本由紀
演出/金佑彦

放送日
2014年7月30日 21時

宮沢賢一郎は麺食いという点がポイントでして、普通は麺は麺でもラーメン好き、うどん好き、そば好きといったようにジャンル分けされていますが、麺全般をターゲットとすることで、ネタ切れを起こさないように配慮されています。番組制作のコスパに命をかけるテレビ東京さんらしい、人物設定です。

でも、あれですよね。麺て、基本的に小麦粉ベースなんで、当然カロリーはハンパなく、食えば食うほど脂肪になっていくわけですが、宮沢賢一郎を見る限り、特段太っているわけでもないので、かなり体重管理に気を使っているものと思われます。

さて、事件は中丸新将さん演じる美容外科の院長こと久部昭徳が田沢湖金色大観音近くで殺されるところからはじまります。どうやら新規事業を行うための土地を探そうとして、秋田まで来ていたもよう。

殺害事件について、警察がまず事情聴取を行ったのが、秋本奈緒美さん演じる妻の久部貴美子と国広富之さん演じる神田光男です。神田は医療サポート会社の経営者であることから、新規事情の件で支援すべく一緒に秋田に訪れていたと推測できます。殺害当日、久部と神田はなまはげ太鼓を見に来たようですが、その途中ではぐれたとのこと。

出てきましたよ!なまはげが。今回のタイトルに「金のなまはげ事件」と記載されていることから、なまはげは超重要キーワードといえます。

秋田県仙北市の大和新聞角館支社に短期赴任してきた宮沢賢一郎は今度の事件を追うわけですが、一方で麺食いの本領発揮とばかりに、事件そっちのけで稲庭うどんの有名店に入ります。そこで知り合いのうどん職人ヘバさんこと弘田圭一(中原丈雄)と出くわします。

同じ頃、仙北署に渡辺いっけいさん演じる警視庁捜査二課の田名部昭治管理官がやってきます。田名部が追っている事件の容疑者が久部&神田とのことで、今回の殺害事件との関連性がプンプンします。

宮沢と田名部はもともと知り合いなんですけど、田名部にツンデレ要素が満載で、親友というところまでなかなかたどりつけないんですが、今回は宮沢に誘われる形で一緒に稲庭うどんを食べに行きます。行った先で、寺田農さん演じる地元の不動産屋こと小栗俊平と久部が、「いい土地が買えた」と話していたという情報をキャッチします。

例の新規事業の土地のことでしょうね。でも、寺田農さんが不動産屋をやると、マジで悪徳不動産屋っぽいので、おそらく妙な手口を使って強引に土地取引をしたんじゃないでしょうか。なかなか立退きに応じない人たちに、無理矢理土地を売らせたとか、どうせそんなこったろうと思います。

その後、宮沢は佐藤愛子さん演じる角館支社の浜崎優子と久部貴美子と一緒にラーメン店へと赴きます。お店の中には金のなまはげのお面が飾られていて、それを見た貴美子は「絶対許さない」とつぶやきます。もともと怖い顔の秋本奈緒美さんにそんなこといわれたら、宮沢&優子はドン引きすると思います。

んで、宮沢は田名部から重要な情報を聞き出すことに成功します。なんと!久部と神田は医療費の明細書を水増しして請求するというレセプト詐欺というのをやっていたようで、そのことを妻の貴美子自身が警察に密告してきたとのこと。妻による告発があったということは普通に考えれば、夫婦関係が破綻していた可能性があります。となると、久部殺害の動機を貴美子は持っていたといえるのではないでしょうか。というわけで、田名部は貴美子がホンボシだと睨んでいます。

あらすじの最後では久部が殺害された現場で、新たな殺人が起きる!というところまで記載されていますが、誰が殺されたのかまでは書かれていません。

それでは事前推理したいと思います。予告動画では「土田うどん事件」というのが出てきまして、事件の唯一の生き残りが貴美子であると思われます。また、藤田弓子さん演じる高瀬貴美子による「あの子を救ってくれますか」というセリフも貴美子のことをいっていると思われます。

あらすじ&予告動画を確認する限り、貴美子がホンボシに見えるんですけど、これはミスリードになりそうな気がしています。なんといっても、怪しければ怪しいほど怪しくないという2時間ドラマの法則が発動しますからね。

となると、ホンボシっぽいのは他に一人しかいません。そう、うどん職人の弘田圭一です。土田うどん事件が今回の事件の発端となっているなら、同じうどん職人の弘田が関係していないわけないです。おそらく、子供の頃の貴美子やその両親と面識があったんじゃないでしょうか。

あらすじの最後に殺されたのは、神田もしくは小栗のどちらかでしょう。今回の事件は土地がらみでの殺人と当初は思えましたけど、土田うどん事件の際の復讐の線が浮上してきたので、久部と神田は事件に関係していた可能性があります。もしかすると、小栗も関係していたのかもしれません。

この仮説が正しいとすると、貴美子が久部と結婚した理由がちょいと怖いものになりそうです。久部は貴美子が土田うどん事件の生き残りとは知らずに結婚したんでしょうけど、貴美子は復讐する気で近づいているわけで、その用意周到さは秋本奈緒美さんのシュールな存在感と相まって、底知れぬ恐怖を感じてしまいます。

んで、弘田が久部らを殺った動機ですが、新規事業の土地を探すにあたり、土田うどん事件の頃とまったく変わらない強引なやり口で進める久部と神田を目の当たりにし、怒りが沸点に達し、貴美子の復讐心を晴らす意味でも、殺るしかないと判断したんじゃないでしょうか。

タイトルにある「誤認」がなにを意味しているかは現時点ではよく分からないので、ドラマを実際に観てみたいと思います。

というわけで、髙嶋政宏さん主演の水曜ミステリー9「みちのく麺食い記者 宮沢賢一郎3 ~秋田・角館 田沢湖~ 金のなまはげ殺人事件! 誤認」をお見逃しなく!


くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る