このエントリーをはてなブックマークに追加

高橋英樹が十津川警部を演じる、土曜ワイド劇場「西村京太郎トラベルミステリー62 寝台特急カシオペア&スーパーひたち連続殺人」をお見逃しなく!

nishimura-kyoutarou-travel-mystery12-cassiopeia-superhitachi

高橋英樹さんの十津川警部シリーズの最新作、土曜ワイド劇場「西村京太郎トラベルミステリー62 寝台特急カシオペア&スーパーひたち連続殺人」が放送されることになりました。

あらすじ
朝9時25分、上野駅に到着した“寝台特急カシオペア”の車内で、アパレルメーカー社長・小野木由美(いしのようこ)の刺殺死体が見つかった。捜査を開始した警視庁捜査一課の十津川警部(高橋英樹)らが副社長の矢野豊(北山雅康)に聴取したところ、由美は仕事のかたわら、2週間前に行われた保険金殺人事件の裁判を傍聴するため札幌を訪れており、その日、帰京することになっていたという。

その裁判とは、元クラブママの被告・福沢美登里(原田夏希)が山岳写真家の夫・明夫(池内万作)に1億円の生命保険金をかけて殺害した容疑に問われていたもので、明夫は由美の異母弟だったという。被告の美登里はマスコミから散々“悪女”と報じられていたが、起訴後に被告のアリバイを証言する目撃者が現われ、今回の一審で無罪を勝ち取っていた。由美はずっと美登里の無実を信じ続けており、無罪判決を喜んでいたらしい。

調べると、由美は50億円を下らないほどの遺産を遺しており、まず十津川らは彼女の唯一の肉親である姪・土橋かおる(原幹恵)を疑う。だが、タレントとして活動中のかおるは事件当夜、恋人の川村活人(載寧龍二)と遊んでいたと証言する。

また、十津川たちは2年前に由美と離婚した元夫・山本功(松村雄基)にも話を聴くが、由美が殺害された日、彼は朝9時に上野駅を出発する“スーパーひたち11号”に乗って水戸に行ったと話す。亀井刑事は、由美の死体が見つかった“寝台特急カシオペア”が上野駅に着く直前、同じ上野から出発した“スーパーひたち11号”に乗っていたという山本の行動が、どうしても引っかかる…。

出演者
十津川警部/高橋英樹
亀井刑事/高田純次
福沢美登里/原田夏希
十津川直子/浅野ゆう子
小野木由美/いしのようこ
山本 功/松村雄基
土橋かおる/原 幹恵
西本刑事/森本レオ
松山刑事/宇梶剛士
北条刑事/山村紅葉
近藤文博/冨家規政
矢野 豊/北山雅康
川村活人/載寧龍二
福沢明夫/池内万作

スタッフ
原作/西村京太郎
脚本/坂田義和
監督/村川 透
プロデューサー/高橋浩太郎テレビ朝日)・河瀬 光東映

放送日
2014年7月12日 21時

十津川警部と亀井刑事のコンビが活躍する大人気シリーズも62作目なんですね。。。渥美清さんの寅さんでおなじみ「男はつらいよ」シリーズが48作であることを考えると、その凄まじさがうかがい知れます。寅さんは映画ですし人情モノなので、単純に比較することはできませんけど、日本の2時間モノのミステリードラマの中ではブッチ切りの作品数だと思います。

西村京太郎さんはいまだ健在ですし、高橋英樹さん&高田純次さんのコンビは相性ピッタリなので、ぜひ63作目以降の数字を伸ばしていってもらいたいものです。

くまよむは高田純次さん大好きっ子でして、普段は力が抜けた感じで、ウルトラすっとぼけていながらも、実は全力でふざけている姿勢はとても眩しいです。高田さんが地味めな亀井刑事を演じていること自体が、くまよむには彼なりのシュールなギャグを貫き通しているようにしか見えません。

さて、事件はいしのようこさん演じるアパレル会社社長の小野木由美が上野駅に朝9時25分に到着した寝台特急カシオペアの中で刺殺体で見つかるところからはじまります。

さっそくカシオペアが出てきましたけど、今回のドラマはタイトルにもあるように、カシオペアとスーパーひたちがテーマになっているようでして、ふたつの車両を巧妙に駆使した殺人トリックが展開されるもようです。くまよむはどっちも乗ったことないんですけど、どっちかというとカシオペアに乗ってみたいですね~。むっちゃくちゃに豪華なことで有名な「ななつ星」にはさすがにおいそれとは乗れませんけども、カシオペアなら少々お高いですがコスパよさげなプチリッチの旅を楽しめるので、機会があれば乗ってみたいです。

由美は原田夏希さん演じる義理の妹の福沢美登里が被告になっている保険金殺人事件の裁判を傍聴した帰りだったとのこと。この事件は池内万作さん演じる夫の明夫に対し1億円の生命保険をかけて、その保険金欲しさに美登里が夫殺しをやっちゃったんじゃないかというものです。一般家庭で1億円の生命保険をかけることってあんまりないので、すでに怪しさ炸裂しまくりです。

明夫は由美にとって腹違いの弟で微妙な間柄だと思われますが、保険金殺人事件については美登里の無罪を信じ切っているもようです。もしかすると、腹違いの姉と弟という関係で、あまり仲がよくなかったのかもしれません。

ちなみに裁判は一審で無罪となり、その結果に由美も満足していたとのこと。無罪が本当に無罪であるとするならば、夫の明夫を殺害したのはいったいぜんたい誰なのでしょうか。そのへんが解明できれば、ドラマの全体像が浮かび上がってきそうです。

んで、由美には美登里以外に近しい人間が他に2名います。原幹恵さん演じる姪の土橋かおると、松村雄基さん演じる元夫の山本功です。由美はアパレル会社の経営者だったことから、50億円もの資産を保有しており、その遺産の分配が殺害の動機であると推測すれば、この両名の由美殺害時のアリバイは確認が必要になってきます。

かおるは恋人と遊んでいたといい、山本はカシオペアが上野に着く寸前に出発したスーパーひたち11号に乗っていたと証言します。ちょちょちょ、どういうこと!?山本のアリバイはもはや自分が犯人だと宣言しているようなものじゃないですか。。。

十津川警部シリーズは時刻表のマジックがテーマなわけなんで、カシオペアに物理的に乗れない状況の中ですれ違いざまに発車するスーパーひたちに乗っていたという証言が出てきた段階で、ほぼ犯人が確定できちゃうんじゃないでしょうか。あとは時刻表のトリックを暴くという、いつものプロセスを踏むだけなんで。。。

さらに、事件は続きます。由美の殺害から一週間後に今度はスーパーひたち11号の中で、由美の会社の副社長こと矢野豊が殺害されます。この時点で連続殺人事件が確定してしまいます。

十津川警部らは再度かおると山本に聴取を行いますが、かおるは静岡に滞在していたといい、山本はカシオペアに乗っていたと証言します。!????ちょっとまって~!これ絶対におかしいですよ!

由美殺害時に由美はカシオペア、山本はスーパーひたちに乗っていて、矢野殺害時は矢野はスーパーひたち、山本はカシオペアに乗っていたという事実は誰がどう見ても偶然じゃないです。むしろ、十津川警部らを不敵に挑発しているかのような感じすらしてきます。

んで、話題は由美の遺産分配へと移ります。由美の遺言によると、50億円の内訳はかおるが5億円、山本が3000万円、美登里が45億円となっていました。元夫に3000万円もあげるなんて、懐の深い人なんですね。

それにしても驚きなのが、血のつながりのない美登里に45億円もの遺産が割り当てられていることです。これはいったいどういうことなんでしょうか。だいたいこんな感じだと、すぐに思いつくのは由美と美登里は義理の姉妹という関係ではなく、実の親子という関係です。いしのようこさんが2014年7月時点で46歳、原田夏希さんが30歳で、その歳の差が16歳であることを考慮すると、由美が16歳の時に望まれない出産をし、やむなく赤ちゃんを里子に出し、その後長い年月が経過し、偶然にも弟の明夫が結婚相手として連れてきたのが実の娘である美登里だったというのは考え過ぎでしょうか。

美登里は保険金殺人の一件でマスコミから悪女というレッテルを貼られるんですが、もし由美&美登里の親子説が違うとするなら、稀代の悪女のスキルを徹底的に駆使して遺産を確保できるように、由美をたらし込んだというのもありえる線です。

十津川警部たちは美登里の悪女の噂は間違っているという直感を持ったようですが、はたして実際はどうなんでしょうか。悪女って、きっとそのへんを隠すテクニックがめちゃくちゃうまかったりするんで、人を見る目に関しては百戦錬磨の十津川警部でも真贋を見抜くのは難しいと思われます。

あらすじの最後で、美登里が爆発に巻き込まれるという事件が発生します。巻き込まれるというだけで実際は助かるので、このへんがめちゃくちゃ怪しい感じです。

事前推理するとですね、山本と美登里は共犯なんじゃないかと。山本単独の犯行だとすると、電車のトリックはあまりにも目立ちすぎる行為です。おそらく、警察の捜査を撹乱&引きつけるための陽動なんじゃないかと。なんで、実行犯は美登里かなと。

そもそも最初の保険金殺人事件では美登里のアリバイが証明されて無罪になったわけですが、こちらは誰が実行したのかというとおそらく山本じゃないでしょうか。なので、ふたつの事件はどちらかというと嘱託殺人の性質が強いかもしれません。

副社長の矢野が殺された理由がよく分かりませんが、もしかすると本来は矢野を加えた3人の計画だったのかもしれません。由美の遺産&明夫の保険金は美登里と山本で山分けし、会社は矢野のものといった感じで。欲深い山本と美登里は会社まで手にいれようとして、矢野を切ったんじゃないでしょうか。

悪女ではないと判断した十津川警部の読みが最後の最後に外れるっていうのは、ドラマの展開としてはおもしろいと思うんで、美登里の悪女っぷりに注目したいと思います。

あと、かおるの影がやや薄いので、原幹恵さん大好きっ子のくまよむとしては少々気をもんでおりますが、もし事件のホンスジに関わってくるんであれば、それはそれで興味深く拝見するつもりです。

というわけで、土曜ワイド劇場「西村京太郎トラベルミステリー62 寝台特急カシオペア&スーパーひたち連続殺人」をお見逃しなく!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る