このエントリーをはてなブックマークに追加

高島礼子が主演の水曜ミステリー9「監察医 篠宮葉月 死体は語る15」の犯人は誰だ!?

kansatsui-shinomiya-hazuki15

高島礼子さんが監察医として難事件を解決する、水曜ミステリー9「監察医 篠宮葉月 死体は語る15」が放送されることになりました。

あらすじ
関東監察医務院の監察医・篠宮葉月(高島礼子)と、元城北署の署長・蜂須賀芳樹(小野武彦)は長野にいた。城北署の刑事を引退後、長野で警察学校の講師をしていた仙道篤志(地井武男)が亡くなり、仙道の娘・みゆき(伊倉愛美)のもとを訪れていたのだ。

みゆきは近所のカフェ・デザートムーンでアルバイトをしていて、葉月と蜂須賀をカフェの店主・望月敦子(とよた真帆)とその息子・一彦(柳下大)に紹介する。聞けば一彦は警察学校に通っていて仙道の最後の生徒だという。

東京に戻った葉月は、野々村家具社長・野々村剛(菊池均也)の遺体の解剖を担当することに。自宅の浴室で発見され、状況から死因は心不全かと思われたが、葉月は殺人と判断する。

遺体から取り出されたペースメーカーを調べた結果、通電による故障の痕跡があり、胃からは大量のアルコールが検出されたことから、酩酊状態で浴槽に運ばれ心臓近くに電気を流され死に至ったようだ。

出演者・キャスト
篠宮葉月/高島礼子
風間亮介/細川茂樹
望月敦子/とよた真帆
蜂須賀芳樹/小野武彦
畑 総一郎/金田明夫
永瀬哲雄/六平直政
坂巻仁美/北川弘美
富山孝作/中丸新将
竹中恭介/阿南健治
三上良一/西田健
岡 耕介/中村靖日
望月一彦/柳下大
浅野/六角慎司
仙道篤志/地井武男(特別出演)

スタッフ
原作/上野正彦
脚本/安井国穂
監督/木川学

よくテレビに出て殺人事件の解説を行っている上野正彦さんが原作だけあって、監察医の実地に基づくストーリー展開が楽しめるのが本ドラマのウリです。どんなドラマでもそうなんですけど、原作者が当事者本人だとディテールまで細かく表現することが可能になり、全体の完成度を高めてくれます。なんにも知らないズブの素人が取材して描いたものは、どこか嘘っぽいんですよね。

さて、事件は野々村家具社長の野々村剛が自宅の浴室で死亡するところからはじまります。当初は単なる心不全と思われていましたが、高島礼子さん演じる篠宮葉月の解剖により、他殺と判断されます。剛はペースメーカーを使っており、そこに電流を流された痕跡があったためです。解剖されてよかったですね。やってなかったら、完全にスルーされて、自然死として処理されちゃってましたよ。

でも、これはあれだな。剛がペースメーカーを使っていることを知ってた、近しい人間の仕業だってことになりますよ。ペースメーカーを使ってるとかっていう情報はむやみやたらにいうことでもないんで、家族とかその周辺が超怪しい感じです。しかも、剛の遺体にはアルコールが大量に残っていたので、殺った犯人は剛と自宅でお酒を酌み交わす間柄ということになります。このへんで、だいぶ絞られそうです。

剛にはどうやら付き合っていた女性がおり、一人は銀座のクラブで働く井坂真美で、近頃はもう一人別の女性と付き合っていたもよう。その女性というのが謎なんですけど、事件より一週間前に長野のホテルで剛ととよた真帆さん演じる望月敦子がトラブルを起こしていたとのことで、付き合っていたのは敦子かとも思われますが、このへんは微妙によく分かりません。

というのは、実は剛の父親の一郎の愛人が敦子だからです。父親の愛人と付き合うのは、どうもピンとこないんで、たぶん2年半前に死んだ一郎の遺産のことなんかを相談してて、もめごとになったと考えるほうが自然だと思います。

一郎と敦子の間には一彦という息子がおり、剛とは腹違いの兄弟になる関係です。剛亡き今となっては野々村家具の全財産の相続権は一彦だけとなり、敦子と一彦はものごっつハッピーになれるわけです。

てなところへきて、剛と付き合ってた井坂真美が剛の葬儀の席で、自分のお腹には剛の子どもがいると宣言してしまいます。

あらすじ上の情報はこんな感じなので、事前推理に入りたいと思います。考え方としては二つあると思います。敦子による遺産のっとり計画と野々村家具の副社長こと竹中恭介と専務の安田による会社のっとり計画です。

敦子にしろ竹中にしろ安田にしろ、剛の自宅で酒を飲んでも特におかしくはない間柄ですし、ペースメーカーのことを知っていても不思議ではないです。でも、どちらかというと竹中&安田の方が、敦子よりも剛と近しい関係であったことは事実としてあると思います。

とよた真帆さんというランクの女優が出てるんで、犯人っぽい感じもするんですが、殺人までして遺産を独り占めするほどの動機とは思えないんですよね。だって、一彦が愛人の子とはいえ一郎の息子であることが分かれば、遺産相続人に名乗りでて、分け前はいただけるわけですから。

となると、怪しいのは竹中と安田でしょうね。ちなみにあらすじ上では一郎の死も剛同様に入浴中の心不全として紹介されてますけど、同じ手口からしてたぶん他殺でしょうね。そうなると、一郎の愛人である敦子がそれをやったとは思いづらいです。一郎と剛を同じ手口で葬った人間は、やはり竹中&安田のコンビで決まりだと思います。

というわけで、高島礼子さんが主演の水曜ミステリー9「監察医 篠宮葉月 死体は語る15」をお見逃しなく!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る