このエントリーをはてなブックマークに追加

高島礼子が主演の「芸者弁護士 藤波清香」では裁判員裁判がテーマになるゾ!

geisha-bengoshi-hujinami-kiyoka

かつて涼風真世さんが演じていた「京都の芸者弁護士事件簿」シリーズですが、キャストを一新し、今度は高島礼子さんが主演を演じることになり、その第一作目が放送されることになりました。

あらすじ
京都上七軒のお茶屋「藤波」の娘として生まれた藤波清香(高島礼子)。職業は弁護士。弁護士過疎地のために、清香は息子・公平(山崎竜太郎)と写真家の恋人・多喜男(石垣佑磨)と共に、京都郊外に出来た「ひまわり基金」の事務所に移ることになった。

ある日、老舗旅館「三楽荘」の社長・大西幾太郎(窪田弘和)が遺体で発見された。京都京北中央署主任の田所刑事(金山一彦)と若い三木刑事(三上潤)が捜査にあたることになった。同じ頃、清香の元へ、幾太郎の息子・英輔(増島愛浩)と英輔の家庭教師をしている柳川波江(周防ゆう)が、殺人事件に巻き込まれたようだと相談に訪れていた。

英輔が波江の部屋で勉強をしていたところに父・幾太郎が突然現れ、二人の関係を誤解して怒り出し、もめているうちに誤って幾太郎が階段から転落、怖くなってそのまま逃げてしまったと言うのだ。嘘はついていないと断言する二人に、清香は正当防衛が認められると思うから一刻も早く自首するよう告げ、二人を伴って警察に出頭した。

警察に到着した清香は、田所刑事に正当防衛を主張すると伝えると、驚くことに死因はナイフで腹部を刺されての失血死だったことが判明。英輔たちはナイフで刺していないと主張するが、ナイフには英輔の指紋が付いていたのだ。

結局、英輔は身柄を拘束されることになったが、警察の取調べはかなり厳しく、英輔は脅されておかしくなりそうだと面会に来た清香に漏らしていた。清香は英輔を励ましながら、きつい状況は続く可能性があるからしっかりするよう言い聞かせた。

面会の帰りに田所刑事に会った清香は、幾太郎が殺害された当日、東京で京都選出の代議士・磯山孝太郎(渡辺裕之)に会うと周囲に漏らしていたことを聞いた。早速、磯山のことを調べ始めるが、二人の接点が見つからないまま英輔は起訴されてしまう。

出演者
藤波清香/高島礼子
冬木多喜男/石垣佑磨
植西 薫/西田 健
田所刑事/金山一彦
三木刑事/三上 潤
奥野佐織/ICONIQ
宮部春男/片桐竜次
里山花子/渋谷亜希
大西英輔/増島愛浩
柳川波江/周防ゆう
桐生忠郎/渡辺裕之
藤波江里子/野川由美子

スタッフ
プロデューサー/須藤安芸子C・A・L)・高﨑稔千C・A・L)・進藤盛延東映太秦映像
原作/和久峻三・芸者弁護士シリーズ「五番目の裁判員」(光文社文庫)
脚本/尾西兼一
音楽/遠藤浩二
監督/藤 嘉行
制作協力/東映太秦映像
編成担当/永山由紀子

放送日
2014年6月23日 21時

芸者と弁護士って、かなり異色の組み合わせなんですけど、芸者さんて顔を白塗りにするわけなので、弁護士として面が割れていても、夜のお座敷で悪い連中に素知らぬ顔で近づいて隠密行動を取るには最適だったりします。なんだか、スパイ映画みたいなノリなんですけど、くまよむはけっこう好きなシリーズです。

今回は涼風真世さんから高島礼子さんへとバトンタッチされたので、どういう感じで高島さんが主人公の藤波清香を演じるか、楽しみに観たいと思います。宝塚出身の涼風さんが演じる清香はかなりのハマり役でして、お座敷のシーンとかとってもキレイだった記憶があります。2時間ドラマを観続けていると、たまにシリーズ物のキャストが代わる時がありますが、そのたびに前後のキャストの違いを愛でるという、いつもとは違った趣向で楽しむことができます。今回がまさにそれです。

さて、事件です。老舗旅館の社長こと大西幾太郎が遺体で発見されるところからドラマははじまります。幾太郎は息子の英輔と家庭教師の柳川浪江の関係を怪しむあまり怒りまくったところ、階段から誤って転落したようです。英輔と浪江は怖くなって、その場から逃亡します。その後、二人は清香のもとを訪れ、事件の顛末を相談し、清香から正当防衛の可能性が高いということを聞き、一緒に自首します。

でも、警察の捜査によると、実際の死因はナイフによる腹部の刺し傷であることが判明します。英輔には身に覚えがない様子ですが、ナイフにはちゃっかり指紋がついちゃってたとのこと。もし、本当に潔白なら、誰かによる陰謀の可能性が高いです。英輔と波江の関係は男女の関係を思わせますが、ナイフに指紋を付着させる工作を出来そうなのは波江であり、もしそうなら巧妙なハニートラップだといえます。

んで、清香の調べによると、幾太郎は殺害当日に渡辺裕之さん演じる京都府選出の代議士こと磯山孝太郎と会う約束をしていたことが分かります。老舗旅館と代議士の関係とはどのようなものでしょうか。もしかすると、旅館で磯山が愛人か誰かと密会していて、それを幾太郎がゆすりのネタに使い、結果、殺害されてしまったのかもしません。老舗旅館の経営状態が火の車だったとしたら、ありえる話です。

一方、英輔は警察の取り調べがかなりキツい様子でして、清香に対して弱音を吐きます。やがて、起訴され、裁判員裁判にかけられます。この手の2時間ドラマにありがちな、大物代議士による裏工作なんかが実行されていると、警察の取り調べのキツさは磯山が圧力をかけた結果だといえそうですし、さらに悪どいと裁判員の中に自分の息のかかった人間を送り込んでいる可能性すらあります。

今回のドラマの原作は和久峻三さんの「五番目の裁判員」という推理小説なんですが、この五番目の裁判員というのがキモになってきそうな予感です。くまよむは原作を読んだことがないので、どういう展開が待っているかは事前推理するしかないんですが、どちらにしろ裁判員制度の問題点が浮かび上がる内容になっているのではないでしょうか。そうでなければ、このタイトルの付け方は肩透かしになってしまいますので。

あらすじは磯山が来るお座敷に清香が潜り込むところで終わります。

限りなく怪しいのは磯山ですが、実行犯かどうかというと分かりませんね。くまよむの事前推理がもし合っているとするならば、磯山が密会していた女性というのは波江の可能性もありそうです。実行犯も波江かもしれません。あるいは裁判員の中に息のかかった人間を送り込んでいるなら、そいつが実行犯ということも考えられます。事前推理として言及できるのはこのあたりまででしょうか。

くまよむ的に他に超気になる点として、ICONIQさんの存在があります。一時、瞬間風速的にものすごく露出の多かったICONIQさんですが、作為的なピークが過ぎると一気に露出が減っていき、「あの人は今!?」的な状態だったかと思います。久しぶりに見るので、どんな感じになっているのかチェゲラするつもりです。

というわけで、高島礼子さん主演の月曜ゴールデン「芸者弁護士 藤波清香」をお見逃しなく!


くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る