このエントリーをはてなブックマークに追加

出版業界を支える編集者の働く姿を描く「重版出来!」を読んだ

重版出来!

普段読むマンガがどのように作られているかというのは古くは「まんが道」とか、最近では「バクマン。」とかあるんですけど、それらは漫画家の視点で描かれていたりします。そうではなく、漫画雑誌の裏方である編集者にスポットを当てたマンガがあったので、ご紹介しちゃいます。

重版出来!/松田奈緒子 著

妙な四字熟語のようなタイトルです。本が売れまくると、重版がかかるとか増刷するとかいわれますが、前者に関しては、出版業界の専門用語として「重版出来」という言葉が用いられることもあるようで、読み方は「じゅうはんしゅったい」となります。

んで、内容ですが、興都館という大手出版社に入社した新人編集者こと黒沢心ちゃんが、漫画雑誌バイブスに配属されて、編集者としてのスキルを磨いていくというものになっています。

心ちゃんはすごく前向きで超カワイイんですけど、出版不況といわれる中、興都館もいろいろ問題を抱えておりまして、多くの壁にぶち当たっていきます。持ち前の明るさとガッツでガンガン乗り切っていく姿が爽快なのと、画のタッチにセンスと躍動感があり、ついつい引き込まれてしまいます。

くまよむは1巻と2巻をキンドルで読み、最新の3巻はキンドル版がなかったので紙で読みました。まだ、3巻までしか話が進んでいない割になぜか強烈に中身が濃いような気がします。ここは作者のセンスによる部分が多いんじゃないかと、くまよむは勝手に思ってます。無駄なコマがほとんどない構成で、一コマごとの重要性が極限まで高められた結果、少ない巻数でも物語に深みが出たのではないかと。

個人的に好きなのは牛露田さんの話と東江さんの話です。牛露田さんのは落ちぶれてしまった漫画家をどう支えていくかという内容になっていて、最後のところで思わずグッときてしまいました。東江さんの方は新人漫画家としてデビューを目指すというもので、こちらは現在進行形です。心ちゃん同様に、東江さんがカワイイので、ついつい応援したくなっちゃいます。

重版出来!は普通のマンガとして読んでも十分に楽しいですが、出版社の内情を包み隠さず読者に提示する物語はとても新鮮で、出版業界に就職することを目指している学生&中途採用組には参考になる部分がすごくあると思います。ぜひ手にとって読んでみることをオススメします。

ちなみにくまよむはいつか本を出すことを夢見ているコなので(マンガじゃないですけど)、重版出来!を読んで出版業界に詳しくなっておこうと画策しています。。。


くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る