このエントリーをはてなブックマークに追加

進撃の巨人15巻を読んでみた。エレンはグリシャをムシャムシャしてたゾ!

shingekinokyojin15

上野で進撃の巨人展が開催される中、進撃の巨人15巻が発売されたので、さっそくゲットして読んでみました。

進撃の巨人 15巻

中央憲兵への取り調べにより、レイス家が本物の王家であることが判明。調査兵団は王政を打倒しクリスタ(ヒストリア・レイス)を女王に即位させようと動くが、中央憲兵の「対人制圧部隊」によりクリスタとエレンを奪われてしまう! エルヴィンも捕らえられ、解体寸前の調査兵団。起死回生の一手は果たして‥‥!?

表紙のエレンの顔を見てお分かりの通り、え!マジか!って内容になってます。

冒頭は新型立体機動装置を装備した憲兵団の追撃を振りきったリヴァイ兵長と愉快な仲間たちが描かれています。はじめて人を殺ったことに自責の念を感じるアルミン。キミのお陰でジャンが助かったんだから、ええんじゃないの。

途中で、マルロとヒッチっていう憲兵団の下っ端が仲間に加わります。ここはジャンの腕の見せどころでしたね。マルロの日村風な髪型が気になります。

んで、一気に中央憲兵団のアジトを襲撃し、アジトのボスっぽいやつをとっ捕まえちゃいます。こいつは何も知らなさそうな感じです。やっぱやばいのはケニーでしょ。

ハンジ&フレーゲルらはベルク新聞社を通じて、王政のやばさを民衆に知らせるため、暗躍します。ベルク新聞社のロイとピュレは家族のことを心配しながらも、ハンジらに協力をしてくれます。調査兵団の攻勢が続きますね。

ところかわり、フリッツ王の御前。先にいいますけど、フリッツ王は爆睡中。その前で、死刑寸前のエルヴィンが最後の尋問を受けてます。そこにはハゲことピクシス司令もおります。エルヴィンは調査兵団の重要性を説きますが、貴族たちにはその言葉は届きません。てなところで、ピクシス司令が仕込んだ、伝達係が突然入ってきて、巨人にウォール・ローゼが突破されたことを伝えます。ぜんぶ、仕込みなんで嘘ですけど。

それを聞いた貴族どもはウォール・シーナを閉鎖し、避難民を一切入れないことを命令したため、ピクシス司令は最後の判断をやっちゃいます。そう、革命ですな。そこにはザックレー総統も加わり、武力的には王政側には勝つすべがなくなります。無血革命っすな。最後にフリッツ王が目を覚ましますが、飯の時間だと勘違いするところが別の意味で大物感を感じます。こいつ、アホやろ。

後半ではレイス家とフリーダのことが描かれます。フリーダは巨人になれる能力を持っていて、レイスの弟をムシャムシャして、歴代の記憶をすべて受け取っていたようです。フリーダの能力というのは記憶の部分といわゆる座標なんだと思うんですが、これを5年前の巨人襲撃時にグリシャに奪われていたのですね。

ライナー&ベルトルトの最初の襲撃時に、グリシャはレイス家の礼拝堂に訪れ、巨人になったフリーダと交戦し、勝ち、フリーダをムシャムシャしちゃったとのこと。グリシャはライナーたちと示し合わせて、行動に移したと思うんで、彼らはみんな仲間なのでしょうね。

真の王たるレイス家はロッドとクリスタ以外はグリシャにやられて、グリシャはフリーダの能力を入手するという結果に終わります。ただ、フリーダの能力はレイス家出身の血筋でしか発揮されないらしいので、DNAみたいなものが関係しているのでしょうか。。。

ロッドの話では一番最初の巨人が壁を作ったことが示唆されていますが、そのへんの記憶は実はすべてエレンが持ってます。なぜって、グリシャがフリーダをムシャムシャして得た記憶は、エレンが5年前の襲撃時にグリシャをムシャムシャしてゲットしているからです。今までは記憶が不明瞭でしたが、それをロッドとクリスタの手かざしによって復活させていきます。

グリシャはエレンに自分をわざと食べさせているんだと思いますが、このへんの事情は16巻以降で出てくるんだと思います。でもやはり、あらゆる根源はエレン家の地下室にあると思うんで、さっさと行ってほしいものです。

というわけで、進撃の巨人16巻が楽しみですね。4月発売とのことで、今から待ち遠しいです!


くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る