このエントリーをはてなブックマークに追加

速水もこみちが主演の月曜ゴールデン「浅見光彦シリーズ34 壺霊」の犯人は誰だ!?

asami-mitsuhiko-hayami-mokomichi

速水もこみちさんがルポライターとなって各地を取材しながら事件に巻き込まれる人気シリーズ、月曜ゴールデン「浅見光彦シリーズ34 壺霊」が放送されることになりました。

あらすじ
ルポライターの浅見光彦(速水もこみち)は「京都の伝統を旅する」という企画の取材で京焼の大家・大勝涼矢(小木茂光)の窯場を訪ねたが、火入れと重なり全くとりあってもらえない。そこへ大勝の面倒を見ている女性・諸橋琴絵(賀来千香子)が現れ光彦は大勝の作品を展示しているという正雲堂へ案内される。そこは琴絵の姉・伊丹佳奈(福井裕子)の嫁ぎ先でもあった。

正雲堂には大勝の作品も多く展示されていたが、その大勝が作品作りに迷うと眺めに来る高麗青磁の壺「紫式部」があった。八百年前に作られたといわれ、作者は不明だが、この壺の中に怨霊が詰められていると言われており、持つ人に次々と不幸が訪れるという。そんな曰くつきの壺だが、どんな陶芸家にもその色合いは出せないというほどの美しい壺でもある。

そもそも「紫式部」は諸橋家の所有物で、現在は佳奈のもとに置いていたが「人を狂わす壺」を佳奈の家に置くことを忌み嫌った琴絵が取り戻そうとしていた。たまたま正雲堂の店主・伊丹勝男(鶴田忍)も大勝も光彦の母・雪江(佐久間良子)の知り合いだったことから歓迎を受け、正雲堂の持ち家の町屋に泊まることになった光彦。

しかし世話を買って出た琴絵と勝男の娘・千寿(岡本あずさ)の間に挟まれちょっとだけばつが悪い。そのころ、酒に酔い弟子の上田京子(吉田久美)に連れられて帰った大勝が持病の心臓発作で命を落としていた。

出演者・キャスト
浅見光彦/速水もこみち
浅見雪江/佐久間良子
浅見陽一郎/風間杜夫
奥宮泰三/鶴見辰吾
平山刑事/金田明夫
大勝 都/根岸季衣
伊丹千寿/岡本あずさ
大勝涼矢/小木茂光
野川警部/肥後克広ダチョウ倶楽部
諸橋琴絵/賀来千香子

スタッフ
原作/内田康夫壺霊」(角川文庫版
脚本/石原武龍
プロデューサー/矢口久雄篠原 茂
演出/村上牧人
編成/永山由紀子

放送日
2014月11月17日

榎木孝明さんからはじまった浅見光彦シリーズはいろんな俳優さんによって演じられてきましたけど、今は速水もこみちさんということで、時代も変わったもんだなぁとしみじみ思ったりしますね。個人的には沢村一樹さんの浅見光彦がけっこう好きでした。2枚目も3枚目もどちらもイケる感じの沢村さんが紳士的な浅見を演じると、妙に好青年で非常に印象が良かったのを覚えております。

さて、ドラマは速水もこみちさん演じる浅見光彦が雑誌「旅と歴史」の取材を行うため、小木茂光さん演じる大勝涼矢のもとを訪れるところからはじまります。大勝は京焼の大家で、取材に訪れた時はちょうど窯の火入れの作業を行っており、うまく取材ができません。

そこへ、大勝の世話をしているという諸橋琴絵(賀来千香子)が登場し、正雲堂というお店に連れて行かれます。正雲堂には大勝が作った作品が展示されているとのこと。

正雲堂には大勝の作品以外も展示されており、特にクオリティーが高いのは800年前に作られた高麗青磁の壺「紫式部」という作品。なぜか、この壺には妖刀のような噂がつきまとっており、所有者には不幸が訪れるという不吉な噂がまことしやかにささやかれています。が!美しさはハンパなく、見るものを魅了し続けており、大勝もまたこの作品に魅せられている一人なのだとか。タイトルにある壺霊というのはきっとこの壺のことで、事件はこの壺を中心に展開していきそうです。

ちなみに、正雲堂の店主こと伊丹勝男(鶴田忍)の妻は琴絵の姉である伊丹佳奈(福井裕子)で、もともと諸橋家が持っていた紫式部を取り戻すべく琴絵はいろいろ手を尽くしているもよう。姉に不吉なことが起きないようにととのことですが、んじゃー琴絵に不吉なことが起きそうなもんですが、それは大丈夫なんでしょうかね。

正雲堂の歓迎を受けた浅見は正雲堂が持っている町屋に宿泊することになりますが、その晩に大勝が心臓発作で亡くなってしまいます。大勝の弟子兼愛人の上田京子の家で飲酒し、そのまま発作が起こったようですが、京子自身は不在だったとのこと。ほんとに心臓発作なのかなぁ。心臓発作に見せかけた、殺人やもしれませぬ。

あらすじの最後では安井金比羅宮で阿久津好子なる女性によって書かれた、勝男と佳奈が離婚してほしいだとか佳奈に死んでもらいたいだとかといった内容の形代を見つけたり、紫式部がなくなったり、佳奈がいなくなったりと、一気に物語が混迷を深めていく様子が示唆されております。

それでは事前推理に入ります。大勝には妻の都がおり、愛人の京子がいるのに、なぜお世話役で諸橋琴絵がいるのかがよく分からないんですよね。弟子兼愛人の京子がいれば、身の回りの世話は京子に任せちゃえばいいのに、わざわざ琴絵にやってもらっているというところが謎です。もしかすると、琴絵も愛人の一人なのかもしれません。

そうなると、一気に琴絵がホンボシということになりそうなんですが、動機はやはり愛憎のもつれということでしょうかね。紫式部は琴絵が隠し持っていそうな感じです。

佳奈がいなくなったのは形代の内容を暗示しているようです。形代通りの結末になるのなら、佳奈は誰かに殺られている可能性が高いです。でも、琴絵がホンボシだったら、姉殺害の動機がいまいちよく分かりません。阿久津好子なる人物が琴絵ではなく別の誰かであれば、そいつが殺った可能性が高そうです。となると、阿久津好子は勝男のことが好きな人物になるのですが、作中でそれが誰に該当するかは現状では判断できません。

浅見光彦シリーズは大概、浅見とヒロインが一緒になって事件を紐解いていくんですが、今回のその役はあえていうと、勝男の娘こと千寿(岡本あずさ)でしょうか。なので、琴絵ではないと思います。

というわけで、速水もこみちさんが主演の月曜ゴールデン「浅見光彦シリーズ34 壺霊」をお見逃しなく!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る