このエントリーをはてなブックマークに追加

魚釣りが捗るぞ!竿につけて釣りをしながら水中撮影できるカメラ

魚釣り

くまよむはちっちゃいころに魚釣りをして遊んだ記憶がありまして、港で釣り糸を垂らしてはちっちゃい魚を釣っておりました。海の中はどんな世界が広がっているんだろうと幼心に想像したものでしたが、そんなカワイイわらべだった、くまよむの想いをかなえてくれる夢のアイテムをサンコーレアモノショップさんが作ってくれました。

赤外線水中魚っちカメラ2

赤外線水中魚っちカメラ2
引用元:サンコーレアモノショップ

赤外線水中魚っちカメラ2は、釣竿に取り付けたモニターから水中が覗けるカメラです。防水仕様のケーブルの先に赤外線LED搭載のカメラが付いていて、水中が暗い場合でもモニタリングしながら釣りをすることができます。

赤外線水中魚っちカメラ2は、動画・静止画の撮影が可能です。手元のモニターを操作して、明るさやコントラストなどの変更ができるので、天候などに合わせて見やすい画像を撮影できます。

リールの近くにモニターをつけて、モニターから伸びた線の先についているカメラで水中をながめて、魚のいるいないを鮮明に確認できるというシロモノです。リールの糸を竿に通す穴部分にカメラの線を一緒に通すので、リールを使うがごとき便利さでカメラの操作が可能になってます。静止画だけでなく動画もいけるので、釣行動画をYouTubeにアップしたいユーザーにはうれしい限りです。

なんでしょう、このガジェット感。大人の物欲をビキビキ刺激してきます。

使ってる様子はこんな感じ↓
赤外線水中魚っちカメラ2
引用元:サンコーレアモノショップ
これはアレですね。
リールと一緒に使ってるせいで、使ってる感が目立たないようになってます。水中をのぞくのはややズルい気がしなくもないですが、これならこっそり使っても周囲にバレることはありません。

赤外線LEDって、真っ暗な海中でも魚を照らせるんですね。ゴイスーです。
動画で使用感を紹介しているものがあったので、参考までにご覧くださいませ↓

魚がちょいちょい見え隠れしてます。さすがの赤外線LEDでも濁った水は照らせないものと思われます。もう少し水が澄んでいたら、効果テキメンなのではないでしょうか。

なお、この赤外線水中魚っちカメラ2ですが、魚釣り以外でも活躍できるとのことで、主な用途として水道管のパイプや家具の狭い隙間での撮影が想定されているそうです。人間が入れない場所をモニターを見ながらその場で観察できるので、動物なんかの生態観察にも応用ができそうです。

魚釣りの釣果に自信のない方、もっと釣果をアップさせる方法を追い求めていた方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る