このエントリーをはてなブックマークに追加

賀来千香子が主演の月曜ゴールデン「女取調官3」の犯人は誰だ!?

kakuchikako-onnatorishirabekan3

賀来千香子さんが「おとしの刑事」の異名を持つ、取り調べのエース役を演じる月曜ゴールデン「女取調官3」が放送されることになりました。

あらすじ
佐賀県鳥栖市のとある神社で木に首を吊った男の死体が発見された。この男は財布を二つ所持しており、所持品から川島竜也(藤川俊生)であることが判明。その瞬間、捜査員達は容疑者としてある男を想像し、大分県杵築市へと向かう。

男の家を訪ねると「川島竜也は、私が処刑しました」と赤坂雄一郎(大地康雄)が告白。元大分県警の警部だった赤坂は、一年前に一人娘・由利(鷲尾美紀)を川島に強姦された後に殺害された。

ところがつい先日、裁判所が川島に下した判決は、証拠不十分による無罪。その判決に納得いかない赤坂は、報道陣の前で「法で裁けないのなら、俺が死刑を執行する」と宣言し、その日に警察を辞めた。

赤坂は大分から佐賀県警に輸送され、佐賀県警捜査一課の取調べのエースと名高い水木庄子(賀来千香子)と5年ぶりの対面を果たす。二人は大分県由布院で起きた事件の合同捜査で、半月ほどタッグを組んでいたのだ。

赤坂は自分を律することが出来る強い人間だと信じる水木は、どうしても赤坂による犯行だとは思えないまま、取調官補佐官の合田(細川茂樹)と共に取調べを開始。

赤坂は殺人の犯行は認めたものの、犯行の動機やきっかけについては何も語ろうとしない。「容疑者の自供には意味がない、証拠だけが価値を持つ」と自供を拒否したのだ。

出演者・キャスト
水木庄子/賀来千香子
合田靖春/細川茂樹
深町 梢/小沢真珠
安達八郎/綿引勝彦
戸川光江/赤座美代子
戸川洋子/伴 杏里
鷲峰 司/高橋英樹
赤坂雄一郎/大地康雄

スタッフ
製作/TSPTBS
原作/「悪魔の処刑笹沢左保徳間文庫
監督/岡屋龍一
脚本/扇澤延男
企画/齋藤賴照TSP
プロデューサー/神戸將光TSP)・中頭千廣TSP
編成担当/藤岡繁樹

放送日
2014年8月18日 21時

いかりや長介さんがご存命の頃に、火曜サスペンス劇場で「取調室」という本格的な2時間ドラマがありましたけど、本ドラマも取調べにフォーカスした内容になっているので、容疑者とじっくりと対峙しながら、その内面を深くえぐっていくんだと思います。

タフネゴシエーターの要素が求められる取調官ですが、エレガント女優代表の賀来千香子さんが演じるということで、どうマッチするのかがたいへん楽しみです。また、相手が刑事・鬼貫八郎で有名な大地康雄さんなので、こちらの演技にも大注目です!

さて、事件はサガン鳥栖のある佐賀県鳥栖市の神社内で首吊り遺体が見つかるところからはじまります。男の名前は川島竜也といい、なぜか財布を2コも所持しています。1コは自分ので、もう1コはパクったやつかな。。。

容疑者として浮上したのは以前に大分県警で警部をやっていた赤坂雄一郎(大地康雄)です。一年前に赤坂の娘の由利は川島によって強姦された後に殺されるという酷い死に方をしているんですが、裁判の結果、なぜか証拠不十分で川島は無罪放免となります。

川島の殺害は赤坂の復讐によるものと警察は断定し、赤坂自身も「私が処刑しました」といい、ジタバタすることなく逮捕されます。

んで、赤坂の取調べを担当するのが、佐賀県警捜査一課のエースこと水木庄子(賀来千香子)です。過去に大分県警と合同捜査を行った際に赤坂と一緒に動いていたことがあるらしく、二人は顔なじみのもよう。

赤坂の人となりを知っている庄子は彼が本当に復讐を遂げたとはにわかには信じられません。実際に取調べを行っても、肝心の動機については黙して語らず、証拠だけで判断しろと促されてしまいます。これ、シロだな。このパターンは絶対にやってね~ってばよ。誰かをかばってるとかなんだろな~。

赤坂がのらりくらりとしている間、新たな殺人が発生します。佐賀県の吉野ケ里歴史公園の中で黒田幸一という人物が遺体で見つかります。どうやら黒田と川島はつながりがある感じです。

あらすじの最後では赤座美代子さん演じる戸川光江が警察に現れ、川島殺害当時の赤坂のアリバイを証言したいと申し出ます。

それでは事前推理に入ります。当然、赤坂は無実でしょう。誰かをかばっていると見て、まず間違いはないと思います。赤坂がかばいたいと思うような人物を出演者の中から探すと、戸川光江と戸川洋子と鷲峰司の3名でしょうか。

光江と洋子は同じ名字なので、親子とみなしてよいでしょう。光江は赤坂のアリバイを証言できる立場にあるわけですから、逆にいうと光江のアリバイは赤坂が証言できる可能性が高そうです。

次に洋子ですが、赤坂の娘と年齢的にそんなに変わらないと思われるので、もしかすると由利同様に川島と黒田の毒牙にかかってしまったのではないでしょうか。その仮説が正しいとするなら、時期を見て、洋子が二人の殺害を企ててもおかしくはありません。

赤坂と戸川親子がもともと懇意であり、赤坂が洋子の犯行を知る立場にあったとするなら、喜んで洋子の身代わりになるということは十分に考えられます。

しかし、一点気になる点が。。。最初の殺人の現場では、川島は首を吊っていたわけです。はたして、女性ひとりの力で成人男性を首吊りに見せかけることができるのでしょうか。てな感じになると、共犯者が疑われるわけです。

んで、不思議なのは高橋英樹さん演じる鷲峰司の存在です。高橋さんというビッグネームをキャスティングしているにも関わらず、あらすじ上にも月曜ゴールデンの公式サイトのギャラリー上にも出てこないんですよね。

役者のランクからいって、間違いなくキーパーソンになってくるんだと思いますが、鷲峰の役柄によっては鷲峰が共犯者ということも考えられますし、もしかすると単独犯ということも考えられます。鷲峰は赤坂と同年代だと思うんで、動機があるとすれば、自分の娘が過去に赤坂の娘のような目に遭っていることが思い浮かびます。

鷲峰がストーリーにどう絡んでくるかは実際に観てみないとなんともいえないので、今回の事前推理としてはこんなもんでしょうか。

というわけで、賀来千香子さんが主演の月曜ゴールデン「女取調官3」をお見逃しなく!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る