このエントリーをはてなブックマークに追加

賀来千香子が主演の土曜ワイド劇場「ヤメ検の女5」の犯人は誰だ!?

yamekennoonna5

賀来千香子さんが検事を辞めた後に弁護士となった、いわゆるヤメ検となって殺人事件を解決するシリーズ、土曜ワイド劇場「ヤメ検の女5」が放送されることになりました。

あらすじ
検察を辞めて弁護士に転身した葵あかね(賀来千香子)のアシスタントとして働く桜井花子(須藤温子)の友人、井原綾(木内晶子)が嶋田秋俊(石田登星)殺害容疑で逮捕される。

綾と嶋田は業界最大手のネット通販会社『クローバー』の社員同士。嶋田には妻子があり不倫の関係だった二人は、半年ほど前から毎週金曜の夜、ホテルの部屋で会うようになっていた。嶋田は、その部屋で撲殺。凶器を手にした綾がホテルマンに発見され逮捕に至った。

綾は犯行を否認。部屋に到着した時点で嶋田は倒れており、自分も何者かに襲われ意識を失ったと主張する。だが、綾が覚えていたのは薄れゆく意識の中で見た男物の靴だけで、警察は取り合わない。花子から懇願され綾の弁護を引き受けたあかねは、その男の存在を証明するため調査を始める。

あかねはまず、嶋田の家を訪ねる。妻の夏恵(中島ひろ子)はあかねへの嫌悪感を隠さず、門前払い。娘の美桜(黒川智花)も冷たく追い払う。嶋田と夏恵は再婚。母親を裏切った嶋田を美桜は許せないのだ。

次に二人の勤務先『クローバー』を訪ねたあかねは、社内にリストラの噂があること、社長の三木武史(国広富之)はワンマン経営者で社員の反発も少なくないこと、その三木から嶋田が頻繁に呼び出され何らかのプロジェクトを進めていたことなどの情報を入手する。また、嶋田のデスクにあった家族写真の裏から、謎の数字が書かれたメモが発見される。

出演者・キャスト
葵あかね/賀来千香子
葵健介/温水洋一
桜井花子/須藤温子
野瀬剛史/市川知宏
嶋田夏恵/中島ひろ子
嶋田美桜/黒川智花
小早川純平/河相我聞
井原綾/木内晶子
飯島誠治/新井康弘
金子修/城咲仁
嶋田秋俊/石田登星
江崎功/芦川誠
相原努/斎藤歩
高岡宗一/中西良太
三木武史/国広富之
堺虎之助/泉谷しげる

スタッフ
脚本/ブラジリィー・アン・山田
監督/藤嘉行
プロデューサー/飯田新ABC)・見留多佳城G・カンパニー)・神崎良G・カンパニー

放送日
2014年12月20日

今回はあれやね。20万件の情報流出をめぐる企業内部のいざこざということで、明らかにベネッセを意識したかのような筋書きです。といいましても、ベネッセは2070万件という空前絶後の量ですから、20万件なんて甘い甘い。甘すぎるわ!

ていうか、これからどうするんだろ、ベネッセ。。。はやく消えてなくなればいいのに。

さて、事件は最大手のインターネット通販企業「クローバー」の社員こと嶋田秋俊がホテルの一室で殺されるところからはじまります。むむむ???最大手のインターネット通販企業だって?それって、楽天とかアマゾンじゃね!でも、国内企業だから楽天か!

容疑者は嶋田と不倫していた井原綾です。綾も同じくクローバー社の社員でして、いつものように嶋田と密会しにホテルにやってきたら、嶋田がぶっ倒れていたとのこと。綾はシロやろな。それを証明するため、賀来千香子さん演じるヤメ検の葵あかねが弁護を引き受けます。

なお、綾の証言によれば、部屋に訪問した際に嶋田はすでに死んでおり、自分もまた男性と思しき何者かにやられたとのこと。誰かなぁ。河相我聞かなぁ。

あかねの調べによると、クローバー社の社長をやってる三木武史はワンマンだったとのこと。ワンマン???三木???これって、三木谷のことじゃね???テレビ朝日って、楽天からCMもらってないのかな。楽天カードマンのCMとか。これ、本人にバレたら、広告出稿を止められちゃいますよ。

んで、さらにクローバー社の個人情報漏洩が噂されていることも分かり、その社内調査を三木社長直下で嶋田が請け負っていたとのこと。嶋田がもし漏洩させた本人を突き止め、接触していたとしたら、犯人にとっては十分な殺害動機が湧き上がってきても全く不思議ではありません。

あらすじの最後では嶋田と一緒に動いていたのが河相我聞さん演じる部下の小早川純平で、彼が殺害当日に嶋田のいたホテルにいたことが示唆されています。

それでは事前推理に入りたいと思います。極限まで怪しいのは小早川なんですが、あらすじ上であまりにも怪しさが爆裂しているので、なんだかシロな気がしてきました。いつもなら、河相我聞さん=犯人という図式が自動的にできるんですが、シロと思わせることで、やっぱりクロだったという作り手側のミスリードなのかもしれず、これは実に悩ましい問題です。

他に、犯人をやりそうなのは中島ひろ子さん演じる嶋田の妻こと夏恵ですね。幸薄い役の多い中島さんですし、犯人もよくやってますし、これはありえるかもしれません。単純に嶋田の不倫に耐えかねて、思わず殺っちまったという感じがありそうです。

黒川智花さん演じる嶋田の娘の美桜も怪しいですが、さすがに娘が父親を殺るのはショッキングなので、普通はないと思います。

三木社長という線もありますが、その線だと、夏恵が殺った後、さらにトドメを刺しに来るパターンとかがありえそうですね。廻り回って、やはり小早川の線が濃厚な気がします。筋書きを考える作り手の立場に立てば、個人情報漏洩をしちゃった犯人自らが調査のアシスタントをやってたってのが、けっこう面白そうなんですけどね。

というわけで、賀来千香子さんが主演の土曜ワイド劇場「ヤメ検の女5」をお見逃しなく!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る