このエントリーをはてなブックマークに追加

泉ピン子と菊川怜が大活躍の月曜ゴールデン「警視庁心理捜査官・明日香4」を見逃すな!

asuka4

犯人捜査にプロファイリングを使うシリーズ、月曜ゴールデン「警視庁心理捜査官・明日香4」が放送されることになりました。主演は泉ピン子さんですが、今回は菊川怜さんが主軸となるストーリーになってます。

あらすじ
柳原明日香(泉ピン子)が勤務する蔵前西署管内で、放火殺人事件が発生した。被害者は、行方不明となった愛犬チャッピーを必死に探し歩いていた坂口都子(入絵加奈子)。吉村爽子(菊川怜)は事件前、同じ管内でたびたび起きているペットの行方不明事件の聞き取り捜査中に、坂口と出会っていた。しかし、坂口は爽子の捜査に協力できるような冷静な状態ではなく、具体的な情報を掴むことができなかった。

放火殺人事件の第一発見者は、明日香の亡き夫が通っていた野村理容室の店主・野村靖(前田吟)だった。久々に再会した2人は思い出話で盛り上がり、明日香は野村の家に招かれることに。

野村は、同居する野村の娘・白駒律子(あめくみちこ)とその夫・英司(筒井巧)、そして大学生の孫・基樹(堀井新太)の4人で暮らしていた。食事をしながら成績優秀な孫・基樹の自慢話をする野村を微笑ましく思う明日香だった。

その頃、爽子は放火殺人事件の犯人像をプロファイリングしていた。その後の捜査会議で分析結果を報告するが、現場捜査第一主義の管理官・高辻久典(宮川一朗太)に全く取り合ってもらえない。爽子は本部の捜査方針に反し、捜査一課長・大貫裕也(佐藤B作)と独自の捜査をすすめることに。自身のプロファイリングの結果から、以前動物虐待を犯したものの更正して一転“動物虐待防止協会”というNPO法人の代表を務める・本城明彦(田村圭生)の名が浮かぶが、いまひとつ確信にはたどり着かない。

出演者
柳原明日香(蔵前西署刑事課 警部補)/泉ピン子
吉村爽子(警視庁捜査一課 心理捜査官 巡査部長)/菊川 怜
田辺博道(警視庁鑑識課 警部)/ベンガル
笠井信二(蔵前西署長)/剛たつひと
支倉 晃(蔵前西署刑事課)/乃木涼介
大貫裕也(警視庁捜査一課強行犯係長 警部)/佐藤B作
野村 靖(理容師)/前田 吟
白駒律子(野村の娘)/あめくみちこ
高辻久典(管理官)/宮川一朗太
白駒基樹(大学生)/堀井新太
吉村良江(爽子の母)/丘みつ子

スタッフ
製作/近代映画協会TBS
原作/黒崎視音警視庁心理捜査官 KEEP OUT」(徳間書店刊)
脚本/西岡琢也
プロデューサー/石坂久美男
監督/吉川一義
編成担当/高山暢比古

放送日
2014年6月16日 21時

泉ピン子さんは現在66歳なんですが、警察官の定年である60歳を大幅に越えて、なお活躍している姿は実に眩しい限りです。

さて、今回は動物虐待がテーマになっている感じでして、事件は行方不明の愛犬を探していた坂口都子が何者かによって放火され亡くなるところから始まります。泉ピン子さん演じる明日香が勤務する蔵前西署での管内ではここ最近たびたびペットがいなくなるという事件が起きているようでして、おそらくこれに関連するものと思われます。

都子は愛犬を探すことに必死過ぎて、冷静さを欠いていたようでして、もし探している途中でペットを連れ去った張本人と出くわしたのであれば、かなり揉めて、結果的に殺害されてしまったとしても全然不思議ではありません。

ちなみに、この放火の第一発見者は明日香の亡くなった旦那が行きつけだった理容店のマスターこと、野村靖です。前田吟さん演じる野村は明日香との再会を懐かしく思い、自宅に招待することにします。

野村家には靖以外に娘の律子と夫の英司と孫の基樹が住んでいます。基樹は大学生でして、すこぶる優秀な成績なんだそうです。靖にとっては自慢の孫なんですが、ここでくまよむはピンときました。基樹が犯人じゃね?

そもそも、靖が発見した放火現場ですが、当然のことながら靖の生活圏の中で行われた犯行だったために靖が最も早く見つけることができたわけです。靖の生活圏というのは基樹の生活圏と重なるわけですから、基樹の犯行の可能性は充分にありえます。また、成績優秀で品行方正であればあるほど、二面性があるという2時間ドラマの法則が発動するので、基樹のホンボシの線はかなり濃厚なんじゃないでしょうか。

そんな中、爽子は自身のプロファイリングをもとに犯人探しを進めます。浮上してきたのはNPO法人「動物虐待防止協会」の本城明彦です。かつて本城は動物虐待を行っていたようでして、現在は更生して、動物を守る側になっています。基樹も二面性を持っていそうなんですが、こちらの本城も二面性がありそうです。が、爽子は本城に対し、ホンボシの確信が持てず、スルーします。

あらすじの最後では基樹の母の律子が何者かに腕を切りつけられますが、いったい誰にやられたのでしょうか。。。基樹なのでしょうか。

今回のドラマでは爽子とその母親である良江とのやりとりが細かく描かれるんですが、その親子の様子と、基樹と律子の親子関係が対比されるんじゃないかと、くまよむは考えています。

丘みつ子さん演じる良江は万引きして捕まりますが、一方で娘は警察官としてマジメに働いています。律子がなにをしているかはまだ不明ですが、息子の基樹は成績優秀なわけです。この対比を描く中で、基樹のメンタル面の崩壊が重苦しく表現され、そのストレスのはけ口として動物虐待や放火殺人へとつながるんじゃないでしょうか。

ここに本城がどういう形で関わってくるのかは実際にドラマを観てみないと分かりませんが、彼も二面性を持っていそうなので、彼は彼で動物虐待を独自に継続しているか、あるいは基樹のよき理解者である可能性もあります。あるいは本当に更生しているかもしれません。

というわけで、月曜ゴールデン「警視庁心理捜査官・明日香4」をお見逃しなく!


くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る