このエントリーをはてなブックマークに追加

山梨大学の若山教授は「STAPの証拠がない」といい、小保方晴子の研究室からは「ES」と書かれた容器が見つかる!

stap-obokata

STAP細胞問題の最大の被害者の一人である、山梨大学の若山照彦教授がオフィシャルな場で会見し、小保方晴子さんに渡した実験用マウスと、そのマウスで作ったとされるSTAP細胞らしきものの解析を進めたら、全然別のマウスだったということが第三者機関の調査によって判明したとのことです。

若山氏 「分析結果 STAPの存在否定」

STAP細胞の論文の著者の1人、若山照彦山梨大学教授が16日記者会見し、STAP細胞を培養し研究室で保存していた細胞を分析した結果、この細胞は、小保方リーダーが使っていたはずのマウスの細胞ではないことが分かったと発表しました。若山教授は「これまで行われた分析結果はすべてSTAP細胞の存在を否定するものになっている」と話しました。

16日会見した若山教授によりますと、分析したのは、理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーが作製したとするSTAP細胞を培養し、研究室内で凍結保存していた細胞8株です。千葉市にある放射線医学総合研究所に依頼して遺伝子を詳しく解析しました。その結果、若山教授の研究室では、緑色に光る遺伝子をマウスの18番目の染色体に入れていましたが、小保方リーダーが作製したとする細胞には、この遺伝子が15番目の染色体に入っていたということです。/引用元:NHK NEWS WEB

実験用のマウスは厳重に管理されているわけですから、このような間違いが起こるということは、どこかの誰かが意図的に入れ替えない限り、起こりえません。さて、その誰かっていったいぜんたい誰なのでしょうか?

くまよむはニュースでこの話題をみておりましたが、どのコメンテーターもその誰かについてズバリいわないんですよね~。なんて、奥ゆかしい人たちなんでしょうか。

んで、時を同じくして、こんなニュースも飛び込んでまいりました。

STAP問題 冷凍庫に「ES」容器

理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーらが使っていた研究所内の冷凍庫から「ES」と書かれたラベルを貼った容器が見つかり、中の細胞を分析したところ、共同研究者の若山教授の研究室で保存されていたSTAP細胞を培養したものだとする細胞と遺伝子の特徴が一致したとする分析結果がまとまっていたことが分かりました。

理化学研究所の関係者によりますと、分析結果をまとめたのは、小保方リーダーが所属する神戸市の理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの研究者らのグループです。それによりますと、センター内にある小保方リーダーらが使っていた冷凍庫の中から「ES」と書かれたラベルを貼った容器が見つかり、中にあった細胞の遺伝子を詳しく分析しました。その結果、この細胞には15番目の染色体に緑色の光を出す遺伝子が入っている特徴のあることが分かったということです。/引用元:NHK NEWS WEB

要するに、「若山教授からもらったマウスでSTAP細胞を作った!」と小保方晴子さんがいっていたのは、ぜんぜん違うマウスにES細胞をいれただけなのではないかという疑念が非常に高くなっているということです。

STAP細胞の問題が発覚した当初から、STAP細胞とはES細胞の混入ではないかと噂されておりましたが、それを裏付ける証拠になりえそうな事実なわけです。小保方晴子さんを弁護している三木秀夫弁護士は「私も小保方さんも理化学研究所から何も聞いておらず、詳しいことも分からないのでコメントできない」と述べられておるようですが、次から次へと発覚する事実に空条承太郎ばりに「やれやれだぜ」とタメ息をついている様子が、ありありと目に浮かびます。

日本分子生物学会の副理事長をやっている九州大学の中山敬一教授も「こうしたデータが明らかになった以上、ミスでは説明がつかず、人為的な混入も考えられるので、小保方さんや笹井さんがみずから会見し、説明するのが科学者としての義務だ」と述べておりますし、そろそろ白旗上げてもいいんじゃないでしょうかね。

さてさて、どうなることやら。引き続き、ウォッチングしたいと思います!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る