このエントリーをはてなブックマークに追加

船越英一郎が主演の月曜ゴールデン「捜し屋★諸星光介が走る!7」の犯人は誰だ!?

sagashiya-moroboshi-kousuke7

船越英一郎さんが東京の下町で捜し屋として奔走しながら殺人事件を解決する、月曜ゴールデン「捜し屋★諸星光介が走る!7」が放送されることになりました。

あらすじ
諸星光介(船越英一郎)は生まれ育った東京の下町・谷中で、いなくなったペットや人を捜す「捜し屋」をしている。姪の直子(八子遥菜)を助手にして、寄せられた情報を元に寺や公園を捜しまわる毎日だ。

ある日、光介は倒れている女性を発見し、救急車を呼ぶ。駆けつけた近所の自治会長・青木晴夫(キートン山田)によるとその女性は徳永房江(左時枝)といい、団地に一人で暮らしているという。

房江の身体を心配する青木に房江は「自分は病気だし、息子とも縁が切れているからいつ死んでも構わない」と意地を張る。後日、青木が光介を訪ねてやってくる。房江の息子・和之(仁科貴)が失踪しているようなので捜し出して欲しいという依頼だった。

依頼を引き受けた光介は和之を捜し始める。建築設計事務所で働いていた和之は独立したが上手くいかず、借金を作っていなくなってしまったという。和之の居場所の手がかりを求めるうちに、光介はミカミ・コーポレーションという中堅ゼネコンに辿りつく。

ミカミ・コーポレーションでは最近、女性社員の片岡沙織(北川弘美)が殺害され社内は騒がしかったが、光介は幼馴染の弁護士・支倉珠希(床嶋佳子)のコネを使って社長の三上剛志(宍戸開)と会う。

出演者・キャスト
諸星光介/船越英一郎
支倉珠希/床嶋佳子
諸星彩子/香坂みゆき
諸星直子/八子遥菜
青木晴夫/キートン山田
徳永房江/左 時枝
三上剛志/宍戸 開
徳永和之/仁科 貴
片岡沙織/北川弘美
住田好弘/永倉大輔
鈴木 宏/仲本工事
高原正人/松永博史
今岡刑事/渡部大輔

スタッフ
製作/東宝株式会社TBS
プロデューサー/松澤一男森清和夫
脚本/外村朋子
監督/山田大樹
編成/時松隆吉

放送時間
2014年8月11日 21時

真夏の月曜ゴールデンに、2時間ドラマの帝王こと船越英一郎さんが登場です。船越さんといえば、土曜ワイド劇場の紅蓮次郎シリーズもあるんですが、クソ暑い2014年のサマーシーズンにさすがに火事ネタはしんどいので、捜し屋くらいがさっぱりしていてちょうどよい感じだと思います。船越さんご本人がそもそも激アツですしね。

さて、ドラマのはじまりは船越英一郎さん演じる諸星光介が倒れている女性を見つけるところからはじまります。女性の名前は徳永房江(左時枝)といい、家族は失踪中の息子・和之(仁科貴)がいるのみで、いわゆる独居老人に近い形です。

んで、房江の今後を心配しているキートン山田さん演じる自治会長の青木晴夫の依頼により、和之の所在を確認すべく、光介は捜し屋稼業に勤しみます。(いったいギャラっていくらなんだろう。。。)

調べを進めると、設計士として独立した和之は仕事が軌道に乗らず、借金を抱えてドロンしてしまったことが分かります。借金というと、銀行とか、消費者金融とか、ヤミ金業者なんかがありますけど、銀行なら命までは取りませんが、消費者金融とヤミ金業者の借金を返せなかったとなると、かなり危うい状況に追い込まれていること必至なのではないでしょうか。

よく聞くのは、借金が返済できるまでマグロ漁船に乗せられるとか、東南アジアあたりで臓器を売ってくるとか、あるいはエスポワールに乗って借金をチャラにしようとして地下王国で強制労働させられるとか。。。

んで、和之の居場所はなかなかつかめないんですけども、つかめないなりに収穫はあって、宍戸開さん演じる三上剛志が経営するミカミ・コーポレーションという中堅のゼネコンが和之となんらかのつながりを持っていることを突き止めます。

おそらく、和之の設計の仕事はミカミ・コーポレーションから請け負っていたものと思われます。和之を演じている仁科貴さんて、川谷拓三さんの息子だけあって、イイ人そうな人情深い顔してますし、きっと仕事上のトラブルかなんかの責任を強制的に負わされて借金を作ったんじゃないかと、くまよむは睨んでます。

しかも、この会社では北川弘美さん演じる片岡沙織という女性社員が殺害されるという事件が起こったばかりで、いかにも怪しい感じです。ブラック企業と断定しても差し支えなさそうです。

さて、事前推理に入ります。怪しい人物を出演者から探すと、三上剛志と永倉大輔さん演じる住田好弘の2名の名前が目に止まります。住田の役どころはあらすじで一切触れられていないので、推測でしか語れないんですが、住田は三上の片腕的な存在なのではないでしょうか。

和之の失踪に三上が関わっているとするなら、三上と住田が協力していたとみて問題ないでしょう。片岡沙織の殺害動機も推測になっちゃいますが、おそらく三上あたりと交際していて、男女関係のもつれから殺害にいたったとみてよいのではないかと。その場合も、住田と結託している可能性があります。

なんで、あらすじに出てこない住田をそんなに悪者扱いできるのかというと、単純に演じている永倉大輔さんの風貌が怖い!という一言に尽きます。事前推理をするには、こういう直感はけっこう大事だったりします。

あと、鈴木の存在がよく分かりません。仲本工事さんというビッグネームが演じている割にはあらすじに出てこない点が不可思議です。もし、和之がホームレス生活をエンジョイしているという仮定なら、ホームレス仲間として一緒にワイワイガヤガヤしていそうな感じの絵が頭に描けます。となると、和之の発見につながる、大ヒントをもたらす存在といえるかもしれません。

というわけで、船越英一郎が主演の月曜ゴールデン「捜し屋★諸星光介が走る!7」をお見逃しなく!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る