このエントリーをはてなブックマークに追加

紀伊國屋の新宿南店6階がぜんぶ洋書売り場になります!

Books_Kinokuniya_Tokyo

新宿高島屋の隣に併設されている紀伊國屋新宿南店は、くまよむのルーチンスポットでありまして、新宿に訪れる際はいつも馳せ参じています。そこの6階は半分くらいが洋書で、残り半分は語学系の参考書とアート系の書籍と写真集が並んでるんですが、5月29日から6階ぜんぶが洋書売り場になっちゃうんそうです。大胆なリニューアルですね~。

新宿南店洋書売場を拡大し、あらたな洋書空間 "Books Kinokuniya Tokyo" 5月29日オープン

株式会社 紀伊國屋書店(代表取締役社長 高井 昌史)はこの度、新宿南店洋書売場を拡大し、"Books Kinokuniya Tokyo" として5月29日(木)オープンいたします。

●店舗コンセプトと特長
海外の文化や刺激に興味を持つ邦人顧客に加え、東京近郊在住の英語を使って日常生活を営む外国人(推定40万人)をターゲットとしてまいります。イベントスペースでは英語の絵本読み聞かせや海外作家のトークイベントを実施します。2020年の東京オリンピックを控え、インターナショナルな都市に変貌する街・東京にふさわしいブックストアを目指します。

●商品・運営施策
在庫冊数を現在の約2倍である12万冊に増加いたします。従来から扱っている専門書に加え、フィクション、絵本・児童書、海外マガジン、さらにはフランスやイタリアなど英語以外の書籍、海外コミック・アメコミの取扱いを強化します。また、公衆無線LAN(FREESPOT)を設置します。さらに、専門洋書バイヤーが常駐し、お客様のお問合せやニーズに迅速に対応いたします。

昔と比べると、日本人てホントに本を買わなくなりましたから、海外の人たち向けに売っていこうというのは全然アリな戦略だと思います。都心部でも洋書を充実させている本屋さんてあんまりないですし、新宿界隈では敵ナシでしょうね。実質的なライバルはやはりアマゾンかと。

くまよむはいつも6階の洋書売り場に絵本を見に行きます。日本のものとは異なる趣向の絵本があって、なかなか刺激的です。絵本の読み聞かせがあるようなので、これまで以上に絵本のラインナップが増えるんじゃないでしょうか。今からすごく楽しみです。

ちょっと心配なのはアート系の書籍や語学の参考書がどこにいっちゃうんだろうってことです。なくなりはしないんでしょうけど、他のフロアに追いやられることは間違いないので、売り場面積としてはどうしても減らさざるをえないんじゃないでしょうか。くまよむは美術手帖を毎月買っている身なので、アート系書籍が減っちゃうのはけっこう死活問題だったりします。くまよみの読みでは4階あたりにまとめて行くんじゃないかと予想しますが、はたして。。。確か、4階ってレジすらないフロアだったはずで、お客の過疎率は高かったと思います。

洋書売り場というのは大きな書店に行くと、たいがいスペースはあるんですが、今回の紀伊國屋のコンセプトにあるような積極的な展開はあまり例がないので、ぜひともリニューアルを成功させて欲しいなと切に願っております。

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る