このエントリーをはてなブックマークに追加

米倉涼子がアウトローな女刑事を演じる、土曜プレミアム「アウトバーンマル暴の女刑事・八神瑛子」の犯人は誰だ!?

yagmi-eiko

米倉涼子さんがヤクザと癒着しながら犯人を追い詰めるアウトロー過ぎな女刑事を演じる、土曜プレミアム「アウトバーンマル暴の女刑事・八神瑛子」が放送されることになりました。

あらすじ
上野中央署組織犯罪対策課の刑事・八神瑛子(米倉涼子)は、今日も副職の金貸しで忙しい。同僚たちに無利子で金を貸し、代わりに情報をもらい、その情報を使い事件を解決するのだ。

ある日、千波組・千波組長(西田敏行)の娘・香澄(高田里穂)が殺された。瑛子は懇意にしている千波組の甲斐(斎藤工)から、兄貴の戸塚(陣内孝則)を紹介される。戸塚は「香澄殺しの犯人を逮捕前に教えてほしい」と取引を持ちかける。報酬は3000万円…瑛子は即座に引き受ける。

上野中央署長の富永(渡部篤郎)は瑛子を危険人物視し厳重注意を投げ掛けるが、瑛子は「一切手段は選びません」と煙に巻き、中国人マフィアの女ボス・劉英麗(岩下志麻)と接触する。本業とは無関係のアルバイトだ。瑛子は英麗の依頼を用心棒・里美(山崎静代)と共に片付ける。

間もなく、香澄と同じ手口での殺人事件が起きる。殺されたのは中国人の風俗嬢。香澄と容姿が似ており、さらにテレビ局に犯行声明文が届いたことから同一犯と疑い、刑事部長の能代(戸田恵子)が本部長となり捜査本部が立ち上がる。瑛子が戸塚とつながっていると知った富永は、瑛子を捜査本部に入れ監視する。

瑛子はペアを組まされた川上(寺島進)をまき、単独捜査を進める。裏社会とつながりながら、徐々に犯人に近づいていくのだ…。果たして、瑛子は犯人を捜査本部よりも先に捕まえて、戸塚に売り渡すのだろうか?

出演者・キャスト
八神瑛子/米倉涼子
富永昌弘/渡部篤郎
甲斐道明/斎藤工
川上修平/寺島進
井沢悟/青柳翔
落合里美/山崎静代南海キャンディーズ
田辺寛/宮川一朗太
沢木哲男/西村雅彦
戸塚讓治/陣内孝則(特別出演)
能代京子/戸田恵子
劉英麗/岩下志麻(特別出演)
千波章吾/西田敏行

スタッフ
原作/深町秋生アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子』(幻冬舎文庫)
脚本/龍居由佳里
プロデュース/栗原美和子高丸雅隆
演出/西浦正記
音楽/得田真裕
制作/フジテレビ
制作著作/共同テレビ

放送日
2014年8月9日 21時

マル暴というのは暴力団対策を行う警察内の組織のことで、普通の男性警察官でもビビってしまう仕事だと思うんですが、今回のドラマではダーティーな主人公をやらせると無双な演技ができる米倉涼子さんがマル暴の女刑事として奮闘します。

しかも、そのアウトローっぷりたるや相当なもので、警察の仕事に勤しむ傍らで、内職で無利子の金貸しを行い、情報を仕入れるという破天荒な捜査手法を好み、暴力団ともつるみ、金で仕事を請け負ったりしています。サバサバした米倉さんにはホントに似合う役どころです。

さて、事件は西田敏行さん演じる暴力団千波組の組町こと千波の娘の香澄が殺害されるところからはじまります。千波組は組の威信をかけて犯人を見つけ出そうとし、陣内孝則さん演じる千波組の幹部の戸塚が犯人の情報を教えるよう瑛子に依頼します。なんと!報酬は3000万円です。これはあれですね、犯人の身柄を警察が拘束する前に、報復で殺すという計画なのでしょう。

暴力団の仕事を引き受けつつ、一方で岩下志麻さん演じる中国人マフィアの女ボスこと劉英麗の仕事を、山崎静代さん演じる幼なじみの用心棒こと里美とこなしていきます。

瑛子は単なる公務員なので、貯蓄とかは人並みなんだと思うんですが、それなのに無利子で金を貸せる余裕があるのはおそらく裏社会の住人たちの仕事をこなして、足のつかない現金をしこたま貯めこんでいるからではないでしょうか。あと、しずちゃんが用心棒なのは心強いです。ボクシングのオリンピック代表選手を目指していたくらいですから、パンチの威力は抜群だと思います。

そんな中、新たな殺人事件が発生します。被害者は中国人の風俗嬢で、香澄の時と同様の手口で殺されます。しかも、被害者の容姿は香澄と似ています。その後、テレビ局に犯人からの声明文が届いたため、一連の事件は連続殺人事件であると警察は判断し、戸田恵子さん演じる刑事部長の能代が本部長の捜査本部が立ち上がるといったところで、あらすじは終わります。

それでは事前推理に入ります。予告動画で出演者の役どころがさらっと紹介されているので、確認したところ、やはり怪しいのはストーカー役の田辺寛でしょうか。宮川一朗太さんが演じているということも怪しさを倍増させています。香澄に似た容姿を持つ女性に対する行き過ぎた愛着が事件の根源であると容易に予想されますが、そんなに単純なわけはないかと思います。

他にありえる線としては、千波組内部の抗争なんかが考えられると思います。例えば、戸塚によるクーデターが進んでいて、組長の千波を追い込もうとしているとか。陣内さんて、そういう役どころが似合いそうな俳優さんなので、案外ありえる線かもしれません。そういう流れだと、千波組長の役どころはけっこう重要なポジションになるので、西田さんの格の点から考えても納得できますね。

ではなぜ、戸塚はわざわざ瑛子に依頼をしてきたかということになるんですが、今回の事件に自分は関わっていないことを千波に示すためのポーズだったんじゃないかと思います。実行犯としては戸塚がわざわざ殺ったかどうかは分かりません。あくまで、指示を出して、斉藤工さん演じる甲斐道明に殺らせたかもしれませんし、ストーカーの田辺寛を利用して殺らせた可能性もあります。

瑛子は事件の真相に近づく過程で、ピンチに陥ることしばしばなんでしょうけど、くまよむの見立てだと、女マフィアの劉がバックアップしてくれるんじゃないかと思います。アウトローな女刑事と女マフィアのタッグはなかなかいい感じですし、なにより米倉さんと岩下さんの女優としての路線が、なんとな~く似ているような気がしているのも根拠だったりします。

というわけで、米倉涼子さん主演の土曜プレミアム「アウトバーンマル暴の女刑事・八神瑛子」をお見逃しなく!


くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る