このエントリーをはてなブックマークに追加

石塚英彦が主演の土曜ワイド劇場「内田康夫サスペンス・福原警部」の犯人は誰だ!?

fukuhara-keibu

石塚英彦さんが巨腹を揺らしながら殺人事件を解決する、土曜ワイド劇場「内田康夫サスペンス・福原警部」が放送されることになりました。

あらすじ
福原太一(石塚英彦)は、警視庁捜査一課の警部。キレ者として名高いが、同時に食に対する探究心も人一倍旺盛なものがある。

ある休日、数々の事件を共に捜査してきた奥多摩署の椿和美刑事(藤谷美紀)の案内で、福原はキャロットケーキが絶品だというペンション“ローズ奥多摩ガーデン”を訪れた。オーナーは根岸絵里(原史奈)という美女で、1年半ほど前、彼女の母親の別荘だった建物をペンションに建て替えてオープンしたという。

レストランにはほかに、ペンションの経理を依頼されている公認会計士・萩原英二(伊礼彼方)や、この地に別荘を持つエリート商社マン・高木行彦(黄川田将也)らがいた。そして驚いたことに、奥多摩署の捜査係長・小野正(渡辺いっけい)の姿も…!

小野によると、絵里は元々、呉服店の令嬢で、昔から地元の有力者や別荘族の息子たちによる“ナイトグループ”がおり、日本画家の夫・嘉男(窪塚俊介)がいながら、高木をはじめ、地元味噌醸造会社の社長・久保田圭介(鈴木裕樹)らナイトたちが彼女を固くガードしているのだという。かくいう小野も、絵里の隠れファンらしい。

その翌朝、奥多摩の林道に停められた車の中で、萩原が絞殺体となって見つかる事件が発生! 小野の要請で、福原も捜査に加わることになった。死亡推定時刻は、前夜の11時からの1時間。スーツのポケットには、メモリーカードが抜き取られたデジタルカメラと、新宿のホテルのレストランのレシートが見つかった。

出演者・キャスト
福原太一/石塚英彦
椿 和美/藤谷美紀
南田署長/宅麻 伸
小野 正/渡辺いっけい
根岸絵里/原 史奈
根岸嘉男/窪塚俊介
高木行彦/黄川田将也
長瀬美貴/京野ことみ
川中 勉/蟹江一平
島津夕紀/遊井亮子
北島 誠/賀集利樹
山崎悠子/原 千晶

スタッフ
原作/内田康夫軽井沢の霧の中で」(角川文庫刊)より
脚本/森宮 栄
音楽/吉川清之
監督/伊藤寿浩
プロデューサー/高橋浩太郎テレビ朝日)・内丸摂子東阪企画

放送日
2014年9月20日 21時

グルメな石ちゃんにはぴったりの福原警部は食べるのが大好きで、そこから事件解決へのヒントを得たりもします。最近は本格的な推理ドラマが多い傾向があって、グルメものの推理ドラマが少なくなりましたが、福原警部は本格的な推理ドラマでありながらもグルメ要素があり、視聴者は2度楽しめる内容になっています。

さて、ドラマは福原警部と藤谷美紀さん演じる椿和美刑事がローズ奥多摩ガーデンというペンションを訪問するところからはじまります。原史奈さん演じるオーナーの根岸絵里が作るキャロットケーキが美味しいとのこと。

二人の訪問時にはペンションの経理を担当している萩原英二と商社マンの高木行彦がいて、なぜか渡辺いっけいさん演じる奥多摩書の捜査係長こと小野正も来ています。原史奈さんが演じているだけあって、絵里は美女の設定でして、小野はその熱烈なファンなのだとか。

小野は絵里の周辺をいろいろ調べていて(ストーカーかっ!)、彼女はもともと呉服店の令嬢で、地元の有力者である味噌会社の社長こと久保田圭介や高木らが小野同様にファンなのだとか。

とはいえ、絵里は窪塚俊介さん演じる日本画家の嘉男とすでに結婚しています。既婚者であると知りながらも熱烈なファンとして足繁くペンションに通う人たち、、、なんか切ないぞ。。。

その翌日の朝、奥多摩の道路上に停車していたクルマの中から、経理担当の萩原が絞殺されて死んでいるのが見つかります。殺られた時間帯は昨晩11時~12時頃。着衣からはメモリーカードが無くなっているデジカメと、新宿にあるホテルのレストランのレシートが発見されます。犯人にとって、なにかよからぬものが写り込んでいたからメモリーカードを持っていったんでしょうね。萩原はそれをもとにゆすっていたんでしょうな。警察によると、萩原は女性関係が派手だったとのこと。

んで、福原警部はまた絵里のところにケーキを食べに行くんですが、ケーキの甘みが違うことに気付きます。鋭すぎです!たぶん、この時点では絵里も容疑者の候補なんでしょうな。てなわけで、福原警部は絵里にアリバイを確認することに。絵里によると、昨日は17時に外出し、20時には帰宅したとのこと。外出先を言わない点が怪しい感じです。上野の美術展の打ち合わせのために出張していた嘉男から電話があったのが0時ちょい前で、その時は一人でいたとのこと。アリバイとしては微妙な感じです。

その後、福原たちは引き続き絵里に聞き込みを行いますが、やがて本当のことを話し始めるわけですが、どうやら新宿のホテルの中にあるレストランで萩原と食事をし、部屋に入ったとのこと。でも、なにを思ったか先に部屋を出て、その後の萩原の動きは知らないと訴えます。メモリーカードのこともしらないとのこと。

でも、萩原のクルマの中からは絵里の毛髪が見つかっているわけで、デジカメからは指紋も出ています。状況証拠は絵里を犯人だといっています。んで、あらすじは味噌会社の社長こと久保田がどこぞより落ちて死ぬところで終わります。

それでは事前推理に入ります。絵里がホンボシであることはないでしょうね。かといって、絵里をホンボシに仕立てるために、真犯人がいろいろ工作しているとも思えません。普通に考えて、絵里をたぶらかそうとする輩を排除しようとしただけに思えます。なので、単純に考えて、嘉男が犯人じゃないかなと。

メモリーカードには絵里の弱みを握った材料が入ってたんでしょうけど、それは嘉男が持ちだしたものと思われます。とはいえ、写真のことをいろいろ知っている高木の存在は今後も邪魔なわけで殺るしかないと判断したんじゃないでしょうか。弱みというのがよく分からないんですが、経理担当だけにペンション経営上のなにかなんじゃないかと、くまよむはにらんでいます。

久保田の殺害動機は謎なんですが、これもやはり絵里がらみと見て問題ないかと思います。嘉男の目を盗んで、絵里に近づこうとする輩を殺り続けるという嘉男の単独犯行でいいんじゃないでしょうか。

というわけで、石塚英彦さんが主演の土曜ワイド劇場「内田康夫サスペンス・福原警部」をお見逃しなく!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る