このエントリーをはてなブックマークに追加

片平なぎさが活躍する金曜プレステージ「女医・倉石祥子3 死の最終決断」を見逃すな!

kuraishi-shouko3

2時間ドラマの女王こと、片平なぎささんが主演する金曜プレステージ「女医・倉石祥子3 死の最終決断」が放送されることになりました。

あらすじ
倉石祥子(片平なぎさ)が働く関東医科大学で、ある乳がんの手術が行われた。乳房の全摘手術を受けたのは、ベーカリーショップを営む宮崎小夜子(井上和香)。当初、乳腺外科教授・高垣昭五郎(国広富之)の診察では「乳腺症」との診断だったが、念のために受けた病理検査で乳がんと診断されての手術だった。

蒲田駿(小池徹平)は、医学部の受験に失敗し看護師として再び祥子と働くことになる。しかし若くてイケメンの看護師・青山賢斗(井出卓也)と祥子がいいコンビで、ちょっと以前とは勝手が違う感じだ。しかも、なんと准教授・赤井和義(大友康平)が祥子にプロポーズするという劇的な展開も起きていた。

そんなとき、祥子がプロポーズされたことを喜んでいた同期の病理部准教授・寺内美子(大島さと子)が遺体で発見される。祥子が駆けつけると、美子の同僚で病理部助教授・川上実男(佐野瑞樹)がすでに到着していた。

死因は「急性アルコール中毒」で、路上で倒れているところを発見されていた。美子は酒が飲めないことを知っていた祥子は死因に疑いを抱くが、川上は美子が何かに悩んでいて出馬予定だった教授選も辞退したことを説明する。

納得できない祥子は美子の携帯の履歴から亡くなる前に電話していた番号を見つけ電話をかけるが、つながったのは乳房の手術を受けた小夜子のベーカリーショップだった。疑問を抱いた祥子がカルテを調べると、病理担当医の欄には美子の名前が…。

出演者
倉石祥子/片平なぎさ
蒲田駿/小池徹平
寺内美子/大島さと子
高垣昭五郎/国広富之
赤井和義/大友康平

スタッフ
原作/霧村悠康死の最終診断」(アドレナライズ
脚本/加藤公平
編成企画/加藤達也
プロデュース/柳川由起子共同テレビ
演出/小林義則共同テレビ

放送日
2014年6月13日 21時

舞台は病院です。チームバチスタみたいに医療をテーマにしているので、医療ミスや倫理に関する問題がメインになってきそうです。

事件は祥子の同僚である、大島さと子さん演じる病理部准教授の寺内美子が遺体で発見されるところからはじまります。死因は急性アルコール中毒だそうで、もともと酒が飲めない美子がなぜそうなったのかと祥子は他殺を疑い始めます。

くまよむは美子が所属していた病理部という部署がなにをしているのか分からなかったので、ネットで調べてみました。

病理部とは
「がんの診断」には、画像診断、臨床診断などもありますが、最終の確定診断は病理診断です。病理部はがんの最終診断を行います。/引用元:がん研有明病院

一言でいえば、癌の最終的な診断を行う仕事をする部署です。

疑いを持った祥子が美子の携帯を確認したところ、関東医科大学で乳房の手術を受けた、井上和香さん演じる宮崎小夜子との通話履歴が残っていました。念のため、小夜子のカルテを見ると、病理担当が美子になってます。

くまよむはここでふと疑問に思うことがあります。いくら同僚とはいえ、亡くなった人の携帯電話の中身をみてもいいのか?同じ病院のスタッフとはいえ主治医じゃない人が勝手にカルテをみてもいいのか?ドラマなんで、細かいこといってもしょうがないんですが、自分が見られる立場だったら、やだなぁ~と思います。

さて、小夜子の病気ですが、当初は国広富之さん演じる乳腺外科教授の高垣昭五郎に乳腺症と診断されますが、念の為に受けた病理診断で乳がんと診断され、乳房の全摘手術を受けています。なんだか、このへんに事件の発生源がありそうですね。

くまよむは乳腺症のこともよく分かっていなかったので、ちょっと調べてみました。

乳腺症とはどんな病気か
乳腺が長年にわたって、卵巣ホルモンの影響下に増殖と萎縮(いしゅく)を繰り返している間に、乳腺内に増殖をしている部分と萎縮、線維化している部分が混在するようになり、大小さまざまの硬結を触れるようになったものです。生理的変化の一環とみなすことができ、本来は病気としては扱われません。/引用元:goo ヘルスケア

病気とは扱われないようですが、がん検診で見つかったりすることも多く、がんとの区別が重要なんだそうです。もし、美子が病理診断した結果、小夜子の乳腺症を乳がんと誤診し、それを受けて、乳房の全摘手術が行われていたとしたら、医療ミスになります。責任を感じまくった美子が、教授選を辞退し、小夜子に電話で謝罪し、自暴自棄になって普段は飲まないお酒を一気に飲んで、急性アルコール中毒になったとしても特に違和感はなく、むしろ超自然な流れといえます。

が!そんなんで終わるのなら、2時間ドラマは必要ありませんし、2時間ドラマの女王の出る幕もないわけです。国広さんが関わっている時点で、高垣がホンボシのような気がしてなりませんが、もしかすると美子の遺体発見現場にいちはやく到着した、佐野瑞樹さん演じる病理部助教授の川上実男の線も捨て切れません。もしかすると、二人の共犯ということも考えられます。

では、動機はなんなのかという点ですが、おそらく美子が医療ミスをマスコミに公表しようとし、それを阻止するためだったんじゃないかと、くまよむは事前推理しちゃいます。病理の診断ミスをおかしたのは美子自身ですが、実際に全摘手術をしてしまったのは高垣であり、医療ミスが公表されれば、高垣にも大きな影響があるわけです。これを恐れて、単独犯行もしくは川上との共同犯行にいたったのではないでしょうか。

川上を抱き込むのは簡単で、「美子を殺れば、准教授にしてやるぜ!あるいは2階級特進で教授も考えてやらんこともないぜ!」とかいえば、誘惑可能です。あるいはそもそも美子の診断ミスは川上のミスだったのかもしれません。小夜子の病理医はあくまで美子ですが、病理部全体でチームプレイをしていた場合に、なんらかのミスを川上がおかしていて、美子がそれも含めて一切合切公表しようとしていたとすれば、高垣の誘惑に乗る可能性はぐんとアップします。

事前に公開されている出演者とあらすじの内容が少ないので、あまり深い事前推理ができませんでしたが、はたしてどこまで当たっているでしょうか。サブタイトルである「死の最終決断」というのがなにを意味しているのか、楽しみですね。

というわけで、金曜プレステージ「女医・倉石祥子3 死の最終決断」をお見逃しなく!


くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る