このエントリーをはてなブックマークに追加

深海魚に触れて、試食もできる。ヨコハマおもしろ水族館が熱い

a0782_000181_m

絶食で有名だった、ダイオウグソクムシ1号くんがお亡くなりになってしまいましたが、ダイオウグソクムシって、深海生物だったんですね。ちなみにメキシコ湾とか西大西洋の深海200メートル~1000メートルの底で暮らしているもよう。
ていうか、幅が広すぎる!

そんな深海生物や深海魚に触れ合えるイベントが、春休み中にヨコハマおもしろ水族館で開催されます。

横浜中華街にあるヨコハマおもしろ水族館
春休み特別企画!「第3回 深海祭りin赤ちゃん水族館」を開催

開催日:2014年3月29日(土)・30日(日)
開催場所:『ヨコハマおもしろ水族館』内 赤ちゃん水族館エリア

 

イベント中には深海ザメこと「ユメザメ」を解体するショーがあるとのこと。ユメザメって初めて聞く名前なんですが、調べてみたら、なんでもこのサメの目にはまぶたがあって、目を閉じているように見えることから、まるで夢をみている姿なんだとか。ロマンティックですね。
ちなみに全長は120センチくらいで、海の中でもし出会うことがあっても、ギリギリ捕食されることはないサイズです。

焼津の深海おじさんによる深海ザメの解体ショー&トークショー

TVでおなじみの「焼津の深海おじさん」こと長谷川久志名誉館長が、珍しい深海ザメの解体ショー&トークショーを披露します。解体するサメの種類は”ユメザメ”を予定。深海魚ならではの、通常の海水魚との体の作りの違いを解体ショーやスライドショーによって分かりやすく解説し、またTV出演の際の裏話なども交え、楽しく学ぶことができます。

 

さらに、深海おじさんが捕獲した深海生物を試食もできます。深海ザメのソテー&フリットや、オオグソクムシの素揚げを提供予定です。果たしてどんな味がするのでしょうか。深海生物をたべちゃったぜ~とトモダチへの自慢話を仕入れにいくつもりでのぞめば、きっと楽しい体験ができるはず。見た目はちょっと怖いかもしれませんが。。。

深海生物おもしろ体験試食会

長谷川親子が駿河湾で捕獲した深海生物たちを、プロレップ株式会社(本社:東京都港区南青山、代表取締役社長:知久悌士)が運営する『乃木坂隠れ家レストランvillage(ヴィラージュ)』(東京都港区南青山)にご協力いただき、調理して提供いたします。

・開催時間:午前11:00~、午後4:00~
・参加費:無料(水族館入館料別)
・定員:先着順 1日100食限定(1日2回開催・各回約50名)
※解体ショー&トークショーの参加者から配布とさせていただきます。
※料理は、深海ザメのソテーやフリットを予定しております。
※オオグソクムシの素揚げ(横浜中華街のレストラン協力)も提供予定です。

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る