このエントリーをはてなブックマークに追加

液体状になっている絆創膏があるって知ってた?その名はコロスキン!!けっこう古い商品らしい。。。

coloskin

最近めっきり寒くって、手の甲がボロボロになって傷っぽくなることがしばしばなんですけども、絆創膏貼っておくとなんだか面倒なんですよね。かといって、保湿クリームを塗っても、洗うとすぐとれちゃうし。。。

そんな悩みを持つ諸君に便利な商品があるんですな。というわけで、今回は液状絆創膏ことコロスキンを紹介しちゃいます。

液状絆創膏 コロスキン

液状絆創膏 コロスキン
引用元:東京甲子社

「コロスキン」は、ホータイのいらない、液状絆創膏として、昭和の古くから長く愛され続けてきました。水仕事でも剥がれにくいことを特長としているため、特に家事を行う主婦や飲食店で働く方達から強く支持されています。また、アウトドアーやスポーツなど、様々なシーンでもお使いいただけます。傷口に塗布すると一瞬しみますが、すぐに薄い被膜を作り、傷をホコリやバイキンから守る、殺菌作用があります。

普通の絆創膏はいわゆる貼るタイプでして、貼るとたいがいへごヘゴになってり、ホコリが溜まって汚れたり、なにより剥がす時に痛いです。その問題を解消したのが液状絆創膏なわけですね。こんな斬新なアイテムが大昔からあったことに驚きです。すごい発想ですよね。

くまよむは実際に使ったことがないんですが、おそらく塗ったところが固まって、傷口部分が外部にさらされないようしてくれるんだと思います。これなら、へごへごになることもないですし、ホコリが溜まったりしないんで、見た目の清潔感は著しくアップしそうです。固まるといっても、コチコチに固まるわけではなく、徐々に消失していくと思われますので、絆創膏を剥がすときの痛みもナッシングです。昔の日本人て、ものごっつイノベーションやりまくってるじゃないすか。キズパワーパッドもびっくりでしょ!

んで、こちらが実際に使っている動画です。

初めて使う人でも安心そうですね。塗って乾かすだけ、それだけ。ちびっこにも安全な仕様です。しかも、動画を見てもお分かりの通り、ネイルをしたまんまでもそれを邪魔することなく濡れちゃう点がまさにアンビリバボー。普通の絆創膏って、見た目からしてダサすぎなので、液状絆創膏は打ってつけなのでしょう!

一番厄介な水仕事をしても、傷口に水が一切染みてきていないのが分かりますが、素肌感覚で傷をいたわりながら、作業効率も落ちないだなんて、グレイトな商品です。

そういえば、このまえ美容室に行って、カットしてきた際に、不意に美容師さんの手を見たら、恐ろしいくらいに荒れまくってて、超痛々しかったです。あれって、強い薬剤を使っているシャンプーでお客の洗髪ばっかりさせられているから、なっちゃうんでしょうね。ハンドクリームはすぐ落ちちゃうから効き目がないので、こんな時こそコロスキンの出番なのでしょう。ここで使わず、どこで使うんじゃい!ってな感じです。他にも、釣りや水泳といった水と触れ合うことの多いスポーツにも向いているのではないでしょうか。

というわけで、液状絆創膏コロスキン。ぜひ一度、お試し下さいまし!


くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る