このエントリーをはてなブックマークに追加

沢口靖子が主演の月曜ゴールデン「警視庁機動捜査隊216IV 孤独の叫び」の犯人は誰だ!?

sawaguchi-yasuko

沢口靖子さんが警視庁の機動捜査隊の警部補となって殺人事件を解決する、月曜ゴールデン「警視庁機動捜査隊216IV 孤独の叫び」が放送されることになりました。

あらすじ
ある日、警視庁第二機動捜査隊に所属する警部補の沢村舞子(沢口靖子)が相棒の金子(赤井英和)と共にいつものように受け持ち管内へとパトロールに就くと、管内にある城西銀行渋谷西支店で凶器を所持した男による人質事件が発生したとの無線連絡が入り、2人は現場へ急行する。現場ではナイフを所持する男・荒井良樹(植田靖比呂)が、客で妊婦の望月富美子(高樹マリア)を人質に立てこもっていた。

だが、そんな荒井に果敢に説得を試みた警備員の大林(斉藤暁)の行動がきっかけになり、舞子たちは荒井を取り押さえることに成功。その後の取調べで、荒井が振り込め詐欺グループの一味に現金を引き出す役目の“出し子”にさせられていたことが判明する。

荒井の身柄はすぐに所轄の担当部署に引き渡され、再び管内のパトロールに戻る舞子たち。すると今度は管内のマンションの室内確認要請の無線が入る。現場のマンションに急行すると、先ほど人質立てこもり騒ぎのあった城西銀行渋谷西支店の行員がいた。

支店長の早瀬(国枝量平)が朝から連絡がなく無断欠勤しているためマンションを訪れたというのだ。中へ入ると、早瀬はリビングで刺殺体となっていた。城西銀行渋谷西支店で起こった人質事件と支店長殺害事件。果たして二つの事件は偶発的なものなのか・・・。

出演者・キャスト
沢村舞子(警視庁第二機動捜査隊/警部補)/沢口靖子
金子洋平(警視庁第二機動捜査隊/巡査部長)/赤井英和
伊原愛美(城西銀行渋谷西支店/派遣社員)/三倉茉奈
鯉沼洋一(人材派遣会社「ハートフル」社長)/渡辺 大
富田康介(警視庁第二機動捜査隊/巡査部長)/松尾 諭
佐藤 守(警視庁第二機動捜査隊/巡査長)/斉藤祥太
望月光男(城西銀行人質事件の被害者の夫)/小林 健
熊谷 修(警視庁捜査一課/管理官)/春田純一
桑野将太(振り込め詐欺グループ/幹部)/兼松若人
荒井良樹(振り込め詐欺グループ/出し子)/植田靖比呂
早瀬秀雄(城西銀行渋谷西支店/支店長)/国枝量平
川崎(警視庁捜査一課/警部)/佐久間哲
本田(警視庁捜査一課/刑事)/草野康太
望月富美子(城西銀行人質事件の被害者の妊婦)/高樹マリア
矢島 進(警視庁第二機動捜査隊/警部)/モト冬樹
菊池綾子(東洋テレビ/報道ディレクター)/小沢真珠
大林源太郎(城西銀行西渋谷支店/警備員)/斉藤 暁
土居健作(東亜新聞/社会部記者)/西村雅彦

スタッフ
製作/ユニオン映画TBS
脚本/安井国穂西澤 悟
プロデューサー/内堀雄三元信克則
監督/児玉宜久
編成担当/吉本香苗

放送日
2014年9月8日 21時

機動捜査隊って、たまに聞くんですけど、いまいち理解していなかったのでWikipediaでざっと調べてみました。

24時間の交代勤務で、刑事事件、特に捜査第一課が担当する事件(強盗、傷害、殺人等)の初動捜査を担当する。初動捜査は警察署の刑事課や鑑識係なども担当するので機動捜査隊が専門に行っているわけではないが、各警察本部の管内全域では機動捜査隊が中心となって行っている。

一般的に機動捜査隊員は所轄の刑事課から抜擢され、更に評価されれば各警察本部の捜査第一課に抜擢される。また近年では刑事を志望する者は、直接的に機動捜査隊に配属される傾向も見られるようになってきている。

警察署の捜査員のように、一つの事件をじっくり扱ったり、地域社会に溶け込んだ捜査活動はあまり行わない。いわゆる裏づけ捜査や被疑者の内偵捜査なども通常行わない。重大事件であれば事件発生後に捜査本部が設置されるが、捜査本部には基本的に参加しない。

ただし捜査本部が設置された直後に多くの人員を必要とする場合には参加し、また逮捕状執行や捜索・差押えなどの検挙活動に際して各警察署等から要請があれば、その応援に従事することもある。

引用元:Wikipedia

捜査第一課の初動捜査を担当しているセクションで、そこで高い評価を受ければ一課に行くことも可能という出世コースなのですね。一つの事件に根気よく付き合うことがないので、飽きっぽい性格の人には向いているお仕事といえるかもしれません。また、機動力を活かした捜査が主体なので、デスクワークとか嫌いな人にもオススメといえると思います。もしかして、くまよむ向きかも。。。

さて、事件は城西銀行渋谷西支店に荒井良樹という男がナイフを持って、人質をとり立てこもるところからはじまります。渋谷あたりの銀行でこんなことしたら、絶対に逃げられないですよね。マヌケな、犯人だな~。しかも、人質は妊婦さんなので、ほんとにどうしようもない野郎です。

沢口靖子さん演じる沢村舞子警部補らは荒井の確保に成功しますが、荒井はなんと!振り込め詐欺グループの出し子をしていたことが分かります。現金を出す途中で、行員に怪しまれて、思わず持ってたナイフを取り出して、立てこもったんでしょうね。

んで、舞子らは別の現場に行くんですが、着いた先では先ほどの城西銀行渋谷西支店の支店長の早瀬が刺されて死んでいるのが見つかります。直近で連続した事件が同じ城西銀行絡みだと、関連性がおおいに疑われます。

さらに別の現場では荒井を出し子として使うための送迎車を発見し、運良くグループの仲間を逮捕するのに成功しますが、幹部クラスの桑野という男だけを逃してしまいます。

振り込め詐欺グループって、足がつかないように末端の部下にはいろんな情報を最初から知らせていないので、やはり幹部クラスを逮捕しないことには全容が分からないんですよね。なので、桑野を逃したのは痛恨のミスといえます。

あらすじの最後では渋谷西支店に勤務していた派遣社員の井原愛美が支店長を殺った容疑で取調べを受けます。

それでは事前推理に入りたいと思います。なんとなくなんですけど、この事件て、もしかすると銀行内部に協力者がいるタイプの振り込め詐欺事件なんじゃないでしょうか。なので、協力者が誰なのかという点が最大の問題だと思います。

支店長の国枝が協力者の一人かもしれないですし、派遣社員の愛美かもしれません。両者は交際していて、二人して振り込め詐欺に協力していたことも十分に考えられます。

あらすじ上には出てこないんですが、少々気になるのが派遣会社ハートフルの社長こと鯉沼洋一ですね。ハートフルって名前がいかにもうさんくさいです。自分の息のかかったスタッフを銀行に送り込み、振り込め詐欺グループに銀行のセキュリティについて情報を流していたとしても、なんらおかしくないです。その情報に基づいて、荒井が出し子として出向き、その時になんらかの不都合が生じ、人質事件へと発展しちゃったんじゃないかと、くまよむは睨んでいます。

なので、黒幕は鯉沼かなと。最初に桑野をとっつかまえて拷問して吐かせてしまえばすぐに解決する事件なんですが、逃がしたのが痛かったと思います。

というわけで、沢口靖子さん主演の月曜ゴールデン「警視庁機動捜査隊216IV 孤独の叫び」をお見逃しなく!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

    None Found

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る