このエントリーをはてなブックマークに追加

池上季実子が主演の水曜ミステリー9「山村美紗サスペンス 不倫調査員片山由美14 京都・花の殺人乱舞」の犯人は誰だ!?

yamamura-misa-katayama-yumi14

池上季実子さんが敏腕不倫調査員を演じる、水曜ミステリー9「山村美紗サスペンス 不倫調査員片山由美14 京都・花の殺人乱舞」が放送されることになりました。

あらすじ
岡島乃梨子(山村紅葉)が所長を務める探偵事務所が買収され、K・M探偵事務所として再出発。調査員の片山由美(池上季実子)と乃梨子は、新所長・窪田正道(保阪尚希)の挨拶を複雑な思いで聞いていた。その時、深刻な表情をした滝澤理絵(宮本真希)がやって来る。夫・冬樹(池田政典)の不倫調査をして欲しいという。

そこで由美は、理絵が専務、冬樹が常務を務める結婚式場・京陽会館にスタッフとして潜入。追跡により、冬樹が野村朋子(富永沙織)とホテルで密会を繰り返していることを突き止める。ホテルを出た朋子を家まで尾行した由美は、朋子が捨てた郵便物を拾い上げる加幡敏男(宮川一朗太)を見かけ不審に思う。

ところがある朝、朋子が遺体となって発見される。朋子と同じ宣伝会社で働く川辺伸一(山口竜央)が会社の倉庫に入り、ドライフラワーに埋もれる朋子の遺体を見つけたという。

出演者・キャスト
片山由美/池上季実子
片山俊介/神田正輝
平岡佳代子/櫻井淳子
窪田正道/保阪尚希
岡島乃梨子/山村紅葉
加幡敏男/宮川一朗太
滝澤理絵/宮本真希
滝澤冬樹/池田政典
亀田浩二/池田努
山路進/一條俊
所芳之/重松收
滝澤幸三/増田再起
野村朋子/富永沙織
高田久美/小野麻亜矢
川辺伸一/山口竜央
料亭の女将/和泉ちぬ

スタッフ
原作/山村美紗枝垂れ殺人事件」より(光文社刊
脚本/佐伯俊道梶原阿貴
監督/村田忍

放送日
2014年8月6日 21時

最近は離婚前に夫の浮気の決定的な証拠をつかんで、慰謝料をガッポリ手に入れるために、探偵事務所に浮気調査を依頼するご婦人が多いらしいですね。

浮気という言葉でまとめてしまうと、既婚者だけではなく独身の方も対象になってしまいますが、ターゲットを既婚者に絞るために不倫調査員という肩書を名乗っている点が、本ドラマのミソなのではないかと思います。

だって、やっぱあれですよ。不貞行為を働いた亭主からごっそり慰謝料を踏んだくれれば、妻は慰謝料の中から不倫の調査費を捻出できるわけですから、金払いがイイ!という点ではなかなか魅力的な案件なのではないでしょうか。

さて、事件は京陽会館という結婚式場で専務として働いている宮本真希さん演じる滝澤理絵が夫で常務の池田政典さん演じる冬樹の不倫を暴いてほしいと、池上季実子さん演じる片山由美が勤務するK・M探偵事務所に相談しに来るところから始まります。

調査の結果、冬樹は富永沙織さん演じる野村朋子と不倫をしていることが分かりますが、なんと!それが分かった翌日、朋子は自身が勤務する会社の倉庫の中で遺体となって発見されます。遺体の側には妙な紙袋が落ちており、由美の夫で京都中央警察署の刑事でもある片山俊介(神田正輝)は違和感を覚え、紙袋を鑑識にまわします。さて、なにが入っているのでしょうか。。。

死ぬ前の日に朋子を尾行していた由美は彼女の周辺に妙な男を見かけたので、そのことが引っかかっているもよう。男の名前は宮川一朗太さん演じる加幡敏男で、あらすじ上ではここでしか触れられていませんが、宮川さんが演じていることを考えると、本ドラマのキーパーソンになってきそうな気がします。

んで、冬樹の不倫相手の朋子が死んだわけなので、調査も打ち切りかと思いきや、理絵の執念深さにより調査は続行されます。離婚に向けて、完璧な証拠が欲しいそうな。う~ん、こわ~い。女性の恨みは怖いですね~。。。

でもさ、ちょっとヘンなんですよね。京陽会館は理絵の父親の幸三が社長をしていて、本来の跡継ぎは理絵なんです。冬樹はただの婿養子でして、社内における後ろ盾は理絵しかおらず、彼女からハシゴを外されたら、むなしく去るしかないはずなんですよ。実際に幸三と冬樹は仲が悪いみたいですし。。。

理絵の場合は別に冬樹から慰謝料をもらわなくたって、金銭的には困らないわけですから、さっさと縁を切ればいいと思うんですが、朋子が死んでなお証拠を探そうとする理絵に少し違和感を覚えてしまいます。不倫の恨みが溜まりすぎて、冬樹の人生を完膚なきまでにズタズタにしてやりたいというのが希望なら、アリはアリだと思いますけど。

あらすじを読むと、そのへんの事情を垣間見ることができまして、どうやら冬樹は京陽会館にケーキを納品するカフェの店長こと平岡佳代子(櫻井淳子)と佳代子の店でインターネット通販を手掛ける高田久美(小野麻亜矢)とも親しい感じで、かなりの好色漢な感じです。理絵が不倫調査を続行させたい気持ちも分かります。

一方、警察の捜査では朋子が過換気症候群であったことが判明します。過換気症候群て、よく分からなかったのでWikipediaで調べてみました。いわゆる過呼吸のひどいやつっぽいです。

過換気症候群

精神的な不安によって過呼吸になり、その結果、手足や唇の痺れや動悸、目眩等の症状が引き起こされる心身症の一つである。

何らかの原因で呼吸を必要以上に行うことがきっかけとなり発症する。パニック障害などの患者に多くみられるが、運動直後や過度の不安や緊張などから引き起こされる場合もある。

引用元:Wikipedia

もし、朋子が会社の倉庫で作業をしていた際に、過換気症候群の発作が発症してしまったとしたら、他殺の線は消えて、単なる事故死の可能性が出てきます。

んで、あらすじの最後ではなんと!幸三と久美の密会が判明し、しかも久美が殺害されてしまいます。今回のドラマ、いろんな男女関係が混ざりすぎて、意味分かんないくらい不純な感じですね。

さて、事前推理に入ります。過換気症候群を患っていたということで、朋子の死は他殺ではないのではないかと思われましたが、久美が殺されたせいで、純粋な連続殺人事件になったと思います。

では朋子と久美を殺す動機を持っているのは誰かということになるんですが、冬樹にしろ理絵にしろ動機という点では弱いんですよね。冬樹の動機としては男女関係を清算したかったとか考えられるんですけど、やはり弱いです。理絵であれば、冬樹を奪われたことに対する仕返しが動機として思い当たりますが、それも弱いんですよね。だって、理絵はそこまで冬樹に未練もないようだし。

そうなると、宮川一朗太さん演じる加幡が怪しいんですけど、予告動画に出てくる加幡はなんか優しい感じがして、宮川一朗太さんが2時間ドラマでよく醸し出す狂気のようなものが一切ないし、彼はシロなんじゃないかという気がしてます。

んじゃ~、誰なんだってなると、出演者の名前に目がいくわけで、そうなると当然、櫻井淳子さん演じる平岡佳代子がむちゃくちゃ怪しいんです。出演者の三番目に名前がクレジットしてある櫻井淳子さんが、単なるカフェの店長という中途半端なポジションで終わるわけないんですよ!絶対に!

ただし、冬樹との関係は男女のものだったのかどうかはあらすじと予告動画だけでは分かりません。もし、男女関係が成立していたとするなら、冬樹と不倫していた他の女性達に嫉妬し、排除しようとした可能性は否めません。

その仮説が正しいとするなら、佳代子にとっては妻の理絵も邪魔な存在なので、もしかすると殺っちまうかもしれませんね。お~怖い。。。他の仮説は現段階では思いつかないので、佳代子が真犯人ということで、ファイナルアンサーしちゃいます。

というわけで、池上季実子さん主演の水曜ミステリー9「山村美紗サスペンス 不倫調査員片山由美14 京都・花の殺人乱舞」をお見逃しなく!


くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る