このエントリーをはてなブックマークに追加

沢口靖子さんの検事・霞夕子の最新作「不能犯」を見逃すな!

kenji-kasumi-yuko

検事・霞夕子といえば、初代の桃井かおりさん、二代目の鷲尾いさ子さん、三代目の床嶋佳子さん、四代目の真矢みきさんと続き、現在の沢口靖子さんで五代目になります。くまよむは鷲尾さんの頃からファンでして、大好きなシリーズです。そんな検事・霞夕子の最新作が放送されることになりました。

金曜プレステージ 検事・霞夕子6 ~不能犯~

あらすじ
事件の報告を受けた検事・霞夕子(沢口靖子)は、家族との約束を返上して現場にかけつける。被害者・黒田光彦(高濱正朋)の死体には心臓と腹部に刺し傷があり、ナイフが刺さったまま。その後の調べで、心臓と腹部を刺したナイフが同一のものではないことが発覚した。しかも腹部の傷は死後つけられたものだとわかる。

夕子は黒田についてさらに調べを続ける。黒田は2年前、バイクでひき逃げ事故を起こし8歳の女の子の命を奪っていた。黒田は脱法ハーブを使用していた疑いもあったが、服役後、被害者の遺族たちが住む場所からほど近いアパートに再び戻って生活していたのだった。

出演者
霞夕子/沢口靖子
桜木洋一/西村和彦
占部明日香/神保悟志
霞友行/ダンカン
霞彩子/松原智恵子
霞夏子/鍋本凪々美
岩瀬厚一郎/石丸謙二郎
梅野昭典/清水伸
長沢緑/仁科亜季子
三吉和佳子/須藤理彩
重倉覚/三浦浩一
三吉範夫/飯田基祐

スタッフ
原作/夏樹静子(「深夜の偶然」より)
脚本/吉本昌弘
編成企画/水野綾子(フジテレビ
プロデューサー/岩崎文(ユニオン映画
監督/赤羽博

放送日
5月23日金曜日 21時

沢口靖子さんの霞夕子もすでに第六作目ですか。。。時が経つのははやいものですね。ついこの前まで、床嶋佳子さんバージョンをやってたと思ったんですけど。

くまよむが一番好きなのは実は床嶋さんのもので、2時間ミステリードラマの名脇役の床嶋さんがついに主役を演じるとあって、すごく楽しみに観ていた記憶があります。鷲尾いさ子さんや沢口靖子さんはクールなんですが、床嶋さんのはどこか余裕がある感じで落ち着いていました。

さて、今回の「不能犯」というタイトル、すごく気になります。なにが不能なんでしょうか。観終わった後に、その意味を噛みしめたいと思います。

初っばなで殺される黒田光彦は過去にバイク事故で8歳の女の子の命を奪っている設定です。女の子の両親に対し、謝罪すらなかったということで、なんとな~く不穏な感じがします。この時点で、女の子の母親役である三吉和佳子の存在が気になりだします。かつて、朝の連続テレビ小説「天うらら」でヒロインをこなした須藤理彩さんが演じているだけあって、すごく疑わしい存在に思えてきます。また、黒田は三浦浩一さん演じる重倉と以前に揉めていることから、こちらも怪しい存在として浮上します。

が、しかし!くまよむ的にはこの二人の存在はホンボシにいたるまえのフェイクなのではないかと疑ってます。石丸謙二郎さん演じる岩瀬厚一郎と仁科亜季子さん演じる長沢緑の役どころはどのようなものになるか、あらすじでは判明していませんが、ベテラン二人の役者だけあって、キーマンになってくるのは間違いないところかと。

くまよむの勝手な判断ですが、長沢緑は亡くなった女の子の祖母役で、復讐のために黒田をその手にかけ。。。なんて、想像しています。
違ってたら、ごめんなさい。。。

というわけで、金曜夜は霞夕子ワールドにどっぷり浸かってみてはいかがでしょうか。休日を前に友達とお酒を飲みに行くのもいいですが、たまには2時間サスペンスドラマで推理を楽しみながら、お酒を飲むのもいいものですよ!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る