このエントリーをはてなブックマークに追加

片岡鶴太郎が活躍する土曜ワイド劇場「森村誠一の終着駅シリーズ~残酷な視界」を見逃すな!

morimura-seiichi-shuuchakuekishiriizu-zankokunashikai

片岡鶴太郎さんが主演する人気シリーズ、土曜ワイド劇場「森村誠一の終着駅シリーズ~残酷な視界」が放送されることになりました。

あらすじ
5月11日、管内の公園で女性の絞殺死体が発見され、牛尾正直(片岡鶴太郎)たち新宿西署の刑事たちは捜査を開始した。被害者は、通販会社のコールセンター室長・岡崎由美(田中美奈子)。山梨・塩山に住む兄・達雄(難波圭一)によると、由美はまもなく結婚すると話していたという。

由美の自宅マンションを調べた牛尾は、婚約者との写真が1枚も存在しないことが気にかかる。もしや相手とは不倫の関係だったのか…。また、神田川沿いにあるマンションの3階、由美の部屋の窓からは川にかかる橋がよく見えた。今年1月、この橋から転落死した男性がいたが、事故として処理されたか事件となったかの結論までは、管轄外の牛尾が知るところではなかった。

勤め先のコールセンターでも婚約者の存在は浮かばす、昨年末、由美が室長に昇進した際の軋轢で、志賀邦枝(高岡早紀)、初見芳子(池津祥子)という2人の女性が、由美に半ば追い出されるように会社を辞めたことを知る。

どうやら、由美はかなり自己中心的な性格だったようだ。由美を憎んでいたことは認めながらも、殺意までは否定する芳子。それは邦枝も同様で、現在、生花店に勤めながらフラワーアレンジメントを教えているという彼女は毎日が充実して楽しく、今では由美に感謝しているとまで話す。

そんな中、由美の葬儀に根岸正人(鈴木一真)という謎の男が現われた。事情を聴く牛尾に対し、根岸は由美とつきあっていた事実を告白。しかし、3月初旬に別れ話を切り出されたと打ち明ける。由美が実家の兄に結婚宣言をしたのも同じ頃、つまり新しい交際相手が出現したため、根岸に別れを告げたものと思われた。いったい由美は誰とつきあっていたのか…

出演者
牛尾正直/片岡鶴太郎
牛尾澄枝/岡江久美子
志賀邦枝/高岡早紀
岩田修作/岡田浩暉
岡崎由美/田中美奈子
大泉武男/宮川一朗太
根岸正人/鈴木一真
大上刑事/東根作寿英
山路刑事/徳井 優
坂本課長/秋野太作

スタッフ
原作/森村誠一
脚本/橋本 綾
音楽/大野克夫
監督/池広一夫
プロデューサー/佐藤凉一テレビ朝日)・目黒正之東映

放送日
2014年6月28日 21時

片岡鶴太郎さんももう60歳手前なんですね。ほんとの刑事だったら定年ですよ。2時間もののミステリードラマの主演俳優の高齢化はけっこう大きな問題でして、役の印象と本人の風貌の不一致が最近すごく気になってます。片岡鶴太郎さんは若い容姿を維持されているので、まだそれほど気になりませんが、この先どこまで「森村誠一の終着駅シリーズ」を続けていけるのか、少々心配しております。

要するに世代交代をしなきゃならんのですけど、例えば「森村誠一の終着駅シリーズ」なら片岡鶴太郎さんという定番化したイメージをファンが持っていて、彼だから観る!という人も多いんじゃないでしょうか。このへんは難しいところですが、やはりどこかのタイミングで穏便にかつ緩やかに世代交代をしなくてはいけないのでしょうね。

さて、事件のはじまりは5月11日に新宿区内の公園で田中美奈子さん演じる通販会社のコールセンター室長の岡崎由美が絞殺死体で見つかるところからはじまります。人の多い新宿の公園で絞殺するなんて、なかなか大胆な犯行です。もしくはどこか別の場所で絞殺してから、運んできた可能性もありそうです。

由美の兄の達雄によると、近いうちに結婚すると由美は話していたようですが、相手のことまではよく分からないとのこと。こんなことって、あるんでしょうかね。なんだか、不穏です。まぁ、あまりよい恋愛関係ではないのかもしれません。

んで、実際に片岡鶴太郎さん演じる牛尾刑事が由美のマンションに行くわけですが、婚約者との写真が見つからず、牛尾は不倫の可能性を疑い始めます。しかもこの時、牛尾はとある転落死のことを思い出します。1月頃に由美の部屋の窓から見える神田川の橋から男性が転落死した件のことなんですが、それがどうやら牛尾には引っかかるもよう。

牛尾はさらに通販会社のコールセンターで聞き込み捜査を行いますが、そこで高岡早紀さん演じる志賀邦枝と池津祥子さん演じる初見芳子の二人が仕事上のトラブルで退職していることが分かり、由美を恨んでいた可能性があることを突き止めます。

どこにでもありますよね~、職場のトラブルって。すべてのトラブルは人間関係が原因なんですけど、どうしてみんなで仲良く仕事ができないんでしょうかね。くまよむは疑問でなりません。

ちなみに、二人はすでに新しい人生を歩んでいます。牛尾が話を聞きに行くと、初見芳子は恨んでいるものの殺すことはしないといって殺意を否定し、志賀邦枝は現在の方が充実しているから、むしろ由美に感謝したいとのこと。

はい、でました!怪しいです。限りなく怪しいです。高岡早紀さんともあろうお方が、出演者一覧の第三番目に名前がクレジットされていながら、ちょい役なわけないですよね。しかも、絞殺された由美をもともと恨んでて、今は感謝してるだなんて、怪しさ以外のなにものでもありません。

がっ!怪しければ怪しいほど怪しくないという2時間ドラマの鉄の法則が発動するので、たぶん実行犯ではないのかもしれません。女性の力で人間を絞殺するって、できるんでしょうかね。田中美奈子さんも高岡早紀さんも同じ160センチ代の体格なんで、睡眠薬かなんかを飲ませて寝てる間に殺るならともかく、普通に公園で立ってる状態で殺るのは難しいのではないでしょうか。この時点では実行犯が別にいて、そいつに邦枝が殺人教唆を行ったのではないかと、くまよむは睨んでいます。

んで、由美の葬儀の日がやってきます。会場に鈴木一真さん演じる根岸正人が現れ、由美と付き合っていたことを牛尾に打ち明けます。が!3月初旬に別れたとのこと。どうやら、由美が兄に知らせた結婚相手は別にいるようです。

一方、1月の転落死の件で情報が入ります。転落死したのは大手銀行に勤務する宮川一朗太さん演じる大泉武男という人物です。由美はその銀行の口座を持っていたようですが、2月14日に別の銀行に口座を変更しているもよう。新しい銀行は不便な場所にあるのになんでわざわざ口座を変えたのか、牛尾は不思議がります。

あらすじの最後は新しい銀行で由美の口座を担当した岡田浩暉さん演じる岩田修作に聞き込みに行くところで終わります。

くまよむの事前推理によるとですね。。。そもそもタイトルの「残酷な視界」ってのは、おそらく由美の窓から見える神田川の橋の光景のことをいっているんじゃないかと。んで、由美は大泉武男の転落死を見ていたんじゃないかと。警察は武男の死を事故死と結論づけたようですが、実際は誰かに突き落とされていて、その様子を由美が目撃していたんじゃないでしょうか。

突き落としたのはおそらく銀行員の岩田修作。岩田と大泉の間になにがあったのかはよく分かりませんが、ライバル銀行同士のなにかトラブルがあったと考えるのが妥当だと思います。

んで、由美はもともと自己中心的な性格のようなので、岩田に対し脅喝を行う目的で近づくために銀行口座を変えたのかもしれません。おそらく由美はこういったのでしょう。「毎月、この口座に振り込んでね!」と。

しかも、それを行ったのが2月14日というのも気になります。バレンタインデーであることを考慮すると、結婚すら迫っていた可能性も出てきます。なんでかって?そりゃあなた、由美は自己中心的な性格だからですよ。

ここに高岡早紀さん演じる志賀邦枝がどう関わってくるのかが、くまよむ的には超気になるところでありまして、普通に事前推理しちゃうと、やっぱり岩田修作と邦枝は恋人同士だったんじゃないかと。仕事上の恨みを晴らしたいのと、修作に対する脅喝を止めさせたいという二つの動機があって、由美殺害を修作と邦枝で企てたというのが、くまよむの見立てです。魔性の女ともっぱらの噂の高岡早紀さんなので単独犯という可能性もありますが、それは観てのお楽しみということで。

というわけで、土曜ワイド劇場「森村誠一の終着駅シリーズ~残酷な視界」をお見逃しなく!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

    • てつ
    • 2014年 6月 29日

    鶴太郎と早紀が官兵衛の世界からタイムスリップしてきたのか??

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る