このエントリーをはてなブックマークに追加

松茸を東京で腹いっぱい食べたいなら、上野に行って食べまくろう!

matsutake

少しずつ涼しくなってきて、秋の足音が聞こえてきそうな今日このごろなんですが、秋といえば食欲の秋ということで、その代表格こと松茸に恋焦がれる人が増えつつあるのではないでしょうか。

かくゆう、くまよむも松茸大好きっ子の一人でして、あの深い香りが待ち遠しくてなりません。さて、そんなくまよむの熱い想いを察したかのように東京の上野で松茸フェアを行う店舗が出現しました!

大地の贈り物 『松茸・秋の味覚フェア』

大地の贈り物『松茸・秋の味覚フェア』
引用元:大地の贈り物

秋といえば、おいしい味覚が目白押し!そんな秋の味覚を食欲の秋にちなみ、食べ放題で思う存分満喫してみませんか?

なんと秋の味覚の王様・高級食材“まつたけ”もディナータイムなら食べ放題です!!ぜひ味覚・食欲の秋は「大地の贈り物」にお任せください。

【開催期間】
9月4日(木)~ 11月16日(日)

【フェアメニュー】
・松茸の炊き込みご飯(ディナー限定)
・松茸の茶碗蒸し(ディナー限定)
・揚げだし豆冨の松茸あんかけ(ディナー限定)
・モンブラン(ディナー限定)
・秋刀魚の南蛮漬け
・里芋の煮物
・さつま芋の天麩羅
・りんご

【大人料金】(税込み)
・平日ランチ(80分)1,800円
・週末ランチ(80分)1,990円
・ディナー(120分)2,900円~

2時間制のディナーならわずか2,900円で松茸づくしをひたすら堪能できちゃう計算で、超リーズナブルな感じですよね。

メニューも豊富で、定番の炊き込みご飯と茶碗蒸しは押さえつつ、松茸あんかけという変化球を持ってくるあたり、お店側の心意気を感じるところであります。少々残念なのはまるまる一本を食べたりできないこと。でも、このお値段を考えたら、それはちと難しい相談かと思います。

金曜の夜あたりに会社のみんなで飲みに行く感じで上野に繰り出し、松茸&お酒を味わうなら、ぜひオススメのお店だと思います。

実はくまよむ、このお店のランチに何度か足を運んでおります。ランチとしてはお値段が高いんですけど、メニューの豊富さと味と広くて落ち着いた雰囲気の店内にいつも満足して帰ってたりします。食べ放題というと、ちょっと汚い店内とか、メニューが少ないとか、いろいろと目をつぶらなきゃいけない時が多々あるんですけど、「大地の贈り物」に関してはその心配はないので、安心して松茸を味わい尽くしてきてください。

もし、こちらの店舗に行っても、松茸パワーが足らないというような場合には滋賀県の甲賀市にある「松茸屋 魚松」に行ってみることをオススメします。サイトに行くと、松茸パワー全開のデザインになってまして、特に「一生分の松茸と近江牛が食べられる伝説の店」というキャッチコピーが目を引きます。

松茸屋 魚松

uomatsu
引用元:松茸屋 魚松
一生分の松茸。。。じゅるり。松茸が死ぬほど食べられる上に、近江牛まで食べられるなんて。夢のようなお店です。ただし、「大地の贈り物」とは違って、お高めです。

・松茸すきやきコース/10,000円
特選近江牛すき焼きと国産松茸料理をお召し上がり頂けるコースです。

・オリジナル松茸フルコース/15,000円
特選近江牛すき焼きと国産松茸料理をお召し上がり頂けるコースです。

・王様松茸フルコース/20,000円
特選近江牛すき焼きと国産松茸料理をお召し上がり頂けるコースです。

・スペシャル松茸フルコース/30,000円
一生分の国産松茸と特選近江牛をすき焼きでお召し上がり頂けるコースです。

・スーパーエクストラ松茸フルコース/50,000円
一生分の国産松茸と特選近江牛をすき焼きでお召し上がり頂けるコースです。

わざわざ遠方から滋賀県まで出向くわけですから、黙って「スーパーエクストラ松茸フルコース」を注文するのが粋ってものでしょう。4人で行ったら、20万円超えちゃうな。。。たいへんだ、こりゃあ。

でも、一生分の松茸が楽しめるわけですから、身体の全部の細胞が松茸化するまでひたすら食べてくれば、満足できますし、元も取れるってもんです。というわけで、松茸大好きっ子のみなさん!お財布に余裕があれば、ぜひ行ってみることをオススメします!!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る