このエントリーをはてなブックマークに追加

東ちづるが主演の土曜ワイド劇場「温泉若おかみの殺人推理 北海道定山系~スイーツフェアで連続殺人!!」の犯人は誰だ!?

onsenwakaokaminosatsujinsuiri

東ちづるさんがホテルの温泉若おかみとして働きながら殺人事件を解決するシリーズの最新作、土曜ワイド劇場「温泉若おかみの殺人推理 北海道定山系~スイーツフェアで連続殺人!!」が放送されることになりました。

あらすじ
中川美奈(東ちづる)は、北海道札幌の奥座敷・定山渓温泉にあるホテルの若おかみ。夫の新太郎(羽場裕一)は地元警察の刑事で、2人とも毎日、大おかみ・政子(岡田茉莉子)のシゴキを受けながら、元気に働いている。

美奈のホテルで、地元のケーキ会社“パティスリーミカミ”による、新作ケーキの発表パーティが開かれた。この新作ケーキは、人気絶頂のパティシエ・城戸礼二(岡田浩暉)を迎えて開発したもので、社長の三上(目黒祐樹)が社運をかけて全国発売するだけに、北海道道議の結城大次郎(高岡健二)や各界名士も集まっての盛会だった。

城戸は“パティスリー界の貴公子”とよばれるイケメンでもあり、会場内のオープンキッチンでケーキ作りの実演を行う城戸目当ての客も多そうだった。そんな中、三上を名指ししての脅迫電話が入る。「裏の世界との繋がりや不正を知っている。ばらされたくなかったら5000万用意しろ」という内容で、ホテル宛てには、証拠の写真も送りつけられていた。

三上は息子の進也(萬 雅之)や秘書の江口辰彦(飯田基祐)の反対を押し切り、その金を極秘に用意することを決意する。翌朝、犯人の指示どおり、進也が金の受け渡しに出かけるが、死体となって定山渓ダムで発見される。

出演者・キャスト
中川美奈/東 ちづる
中川新太郎/羽場裕一
中川政子/岡田茉莉子
吉井刑事/内藤剛志
西村妙子/雛形あきこ
三上社長/目黒祐樹
三上久恵/あめくみちこ
城戸礼二/岡田浩暉
殿山警部/若林 豪
小百合/山村紅葉

スタッフ
脚本/福島治子
監督/合月 勇
プロデューサー/佐藤凉一テレビ朝日)/野村知正大映テレビ

放送日
2014年9月13日 21時

このシリーズって、ちらほら観てるんですけども、放送されるたびに女将として働いている場所がまるごと変わるという特異なドラマです。「温泉マル秘大作戦シリーズ」みたいに転々と移動することが目的のドラマではないんですけど、ドラマの骨格は同じままで、毎回場所だけが変わっていくというのは珍しい設定だと思います。視聴者は旅気分であちこちの観光地を楽しめるので、別に問題ないんですどね。

さて、ドラマのはじまりは東ちづるさん演じる若おかみこと中川美奈のホテルで、ケーキ会社「パティスリーミカミ」の新作ケーキの発表がなされるところからはじまります。このケーキはパティスリー界の貴公子こと城戸礼二の協力を得て作り上げたもので、パティスリーミカミの社長こと三上は社運を賭けているご様子。

そんな晴れの舞台がある一方で、三上には脅迫電話が入ります。「裏の世界とのつながりを暴露されたくなかったら5000万円用意しろ」といった内容の趣旨の脅迫です。三上は警察に届けることなく、息子の進也を使って金を届けさせますが、進也は定山渓で死体となって発見されちゃいます。たぶん、お金は取られちゃってるんでしょうね。

ていうか、犯人を確保しない限り、この脅迫って永久に続くんじゃないかと思うんですが、三上はなにを思って、金を用意したんでしょうか。そもそも社運を賭けているプロジェクトがあるということはパティスリーミカミの経営状態はそんなに順風満帆というわけでもなさそうですし、その中で5000万円もの大金を用意するなんて、よほど怪しい過去を持っていると思われます。

進也の件で警察の聞き取り捜査に応じることになった三上はここでも嘘をつき、「金を払わないと店に放火する」という脅迫を受けたと嘘をつきます。しぶといですね、腹黒さ満載です。

んで、主人公の美奈は三上と城戸が話し込んでいる場に遭遇してしまいます。30年前もの昔に、小樽の洋菓子店に「金を払わないと店に放火する」という脅迫があり、払わなかった結果、店が関係する取引先が相次いで放火され、結果的に洋菓子店が倒産してしまったということについて話をする二人。

むむむ???同じ内容の脅迫に三上の怪しさがスパークします。たぶん、警察に聞かれた時にとっさに嘘をついた内容は30年前に自分がした脅迫の内容そのものだったんでしょうね。店に放火するといって、取引先に火をつけたのは、店舗そのものが欲しかったか、あるいは洋菓子店が持つケーキ作りの技術のどちらかでしょうね。30年前にその悪事に成功したおかげで、今のパティスリーミカミがあるといってよいかと思います。

洋菓子店の店長はその後に自殺し、妻とちっちゃい子供は生き残っていたことが城戸の口から語られます。ここまで聞くと、その子供が城戸なのでは思ってしまいますが、実際は城戸のアシスタントを務めている西村妙子という女性がその子供であることが分かります。

おそらく、城戸と妙子は交際しているものと思われます。その中で、妙子の悲しい生い立ちを聞き、三上に詰め寄る事態になったのかと。

それでは事前推理に入ります。やはり怪しいのは西村妙子なんですけども、動機としては30年前の復讐があるのかなと。でも、怪しければ怪しいほど怪しくないというのが2時間ドラマの法則なので、ここはあえて妙子をはずし、あめくみちこさん演じる三上の妻こと久恵を疑ってみます。

妻の久恵が進也を殺るという前提に立つと、二人は母息子の関係ではないのではないかと。久恵はおそらく後妻であり、進也には別に愛情を注いでおらず、パティスリーミカミの財産を独り占めするために進也を殺ったんじゃないでしょうか。演じている役者があめくみちこさんというのが、とっても怪しいんですよね。あらすじでは久恵に関してまったく触れられていないので、あくまで大胆な仮説ですが。。。

というわけで、東ちづるさん主演の土曜ワイド劇場「温泉若おかみの殺人推理 北海道定山系~スイーツフェアで連続殺人!!」をお見逃しなく!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る