このエントリーをはてなブックマークに追加

村上弘明が主演の土曜ワイド劇場「セイアン~生活安全特捜隊」の犯人は誰だ!?

murakami-hiroaki-seian-seikatsuanzentokusoutai

村上弘明さんが生活安全特捜隊の班長となって殺人事件を解決する、土曜ワイド劇場「セイアン~生活安全特捜隊」が放送されることになりました。

あらすじ
警視庁生活安全特捜隊、通称“セイアン”の新班長に任命された結城公一(村上弘明)は入庁以来、所轄の地域課と交通課の制服勤務ばかりで刑事経験ゼロという、48歳の新人刑事だ。

かつて所轄で結城とデスクを並べたことのある特捜隊副隊長・内海康子(国生さゆり)が、現場に出なくてすむ班長のポストをわざわざ用意したにもかかわらず、着任早々、援助交際に端を発したある事件の聞き込みに奔走し、班員の石井誠司(笹野高史)、寺町由里子(原田夏希)らを戸惑わせる。

その結城班に、都下の雑木林で散骨が行われているとの苦情が飛び込んで来た。本来、散骨は法律の対象外なのだが、近隣の住民より、気味が悪いから取り締まってほしいと通報が入ったのだ。さっそく石井と共に出動した、結城。その雑木林で散骨をしてもよいと葬儀業者に許可を出していた地主の息子・占部末雄(長谷川朝晴)は留守だったが、妻・智子(須藤理彩)には今後、散骨を自粛してほしい旨を申し入れ、この事案は片が付いたと思われた。

だが、結城は現場の雑木林から奇妙なものを掘り起こしてしまう。見つけたのは、ポリ袋に入れられた未配達の年賀状の束と、謎のカジノ用のチップだった…。管轄の郵便局を訪ねた結城は、その年賀状が正月2日に配達されるべきだったもので、担当したのは高校生のアルバイト・八木裕介(ささの友間)だったことがわかる。少しでも引っかかることがあれば確かめずにいられない結城の姿勢に、石井は刑事としての資質を見抜く。

出演者・キャスト
結城公一/村上弘明
内海康子/国生さゆり
班員・石井誠司/笹野高史
班員・寺町由里子/原田夏希
一課・剣持刑事/神保悟志
占部智子/須藤理彩
占部喜代/水野久美
占部末雄/長谷川朝晴
檜山会頭/山内としお

スタッフ
原作/安東能明
脚本/戸田山雅司
監督/松田秀知
プロデューサー/佐藤凉一テレビ朝日)・原 克子(松竹)・渡邊 竜松竹

放送日
2014年11月29日

生活安全課というと、2時間ドラマのミステリーではよく微妙なポジションで扱われておりまして、そこに所属するあまり期待もされていない警察官が、捜査一課を出し抜いて、事件を解決しちゃうストーリー展開はよくみるパターンですが。

生活安全課と生活安全特捜隊がどう違うのかはよく分かりませんが、生活安全特捜隊の末端の職員はちゃんと現場に出るようですね。笹野高史さん演じる石井や原田夏希さん演じる寺町由里子らとのからみがどのようになるのか楽しみです。ていうか、笹野さんの年齢で現場でるって、めちゃくちゃたいへんなんじゃないかなぁ。

さて、ドラマは東京都内にある雑木林にたびたび行われている散骨をやめさせてほしいという苦情が入り、その現場に村上弘明さん演じる結城公一が向かうところからはじまります。このへんのはじまり具合は生活安全課っぽいですね。

この雑木林は地主の占部家の所有物のようでして、長谷川朝晴さん演じる占部末雄が散骨の許可を出しているらしく、そのおかげで雑木林周辺では葬儀業者の散骨が増えているとのこと。ちなみに家族の話によれば、末雄は現在行方知らずの身です。これあれだな、散骨OK&行方不明てな具合だと、末雄は死んでるな。。。

須藤理彩さん演じる末雄の妻の智子に散骨をやめるよう指示を出して帰ろうとしていた結城は、その道すがら、雑木林の中で打ち捨てられた年賀状の束とギャンブルなんかで使うカジノ用のチップを見つけます。

調べてみると、どうやらその年賀状は高校生アルバイターの八木裕介の担当分だったとのこと。なんか、事件のにおいがプンプンしますね。配達がめんどくさくて、配達物をぽいっと捨てちゃう配達員がいるということはたまに聞きますが、今回はなんらかの事件と関連がありそうです。裕介くんをとっつかまえて、尋問すればすぐに分かりそうですが、もしかするとすでに殺られているかもしれませんね。キーアイテムはやはりチップかと思います。

後日、あらためて占部家を訪れると、末雄の母こと喜代の言葉に説得され、結城は末雄探しを開始します。たぶん死んでると思いますけど。。。生きていたらいいな。

あらすじの最後では末雄の他殺体が雑木林の中で見つかります。半白骨状態だったということで、おそらく発見現場はけっこうやばい臭いやらなんやらがたちこめていそうです。が!細胞が残っているだけに、死因なんかもより詳細に割り出せそうですね。

それでは事前推理に入りたいと思います。地主の息子ということで、末雄にはそれなりの資産があったものと考えられます。一応、檜山長三という商工会議所のえらい人が経営している会社に勤務していたようですが、まともに働いていた形跡はありません。

普通に考えれば、末雄の財産を狙った犯行といえるかと思います。警察は妻の智子の犯行と睨んでいるようですが、違うんでしょうね。智子は絡んでいるかもしれませんが、可能性としては共犯者という線かと思います。

主犯はだれかっつー話になると、これあれかもしれませんね。保険金詐欺かもしれません。カジノのチップがあったことを踏まえると、末雄はギャンブルにハマっていた可能性があります。その結果、資産が足りなくなり、仕方なく死んだことにして、その結果、巨額の保険金を受け取っちゃうみたいな感じです。

散骨させていたのは、他人の骨を末雄の骨としてカモフラージュするために、大勢の人の骨の成分とごちゃまぜにしたかったんじゃないでしょうか。それで、はたして警察を騙しきれるかどうかは分かりませんが、この仮説は可能性が高いかもしれません。なので、主犯は末雄、共犯が智子の保険金詐欺なんじゃないかと思います。

というわけで、村上弘明さんが主演の土曜ワイド劇場「セイアン~生活安全特捜隊」をお見逃しなく!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る