このエントリーをはてなブックマークに追加

鬼の平蔵こと、南部平蔵の南平班が大活躍!主演・村上弘明

keishichou-nanpeihan-7

鬼の平蔵といえば、鬼平犯科帳の鬼平こと長谷川平蔵がいますけども、実は現代の警視庁にもおりまして、その名を南部平蔵といいます。んで、南部平蔵が活躍するシリーズ・警視庁南平班の第7弾が放送されることになりました。

月曜ゴールデン 警視庁南平班~七人の刑事~7

あらすじ
東京のホテルで長崎市内にある観光会社の社長・田沼武雄(伊藤洋三郎)が殺された。田沼は心臓を刺され、そのうえロープで首を吊られ、手に女のものと見られる長い髪を握っていた。さらに遺体の上着には「恨みの首一つ」と書かれた短冊が留められていた。

現場に駆けつけた南部平蔵(村上弘明)と南部率いる南平班のメンバーは捜査を開始する。第一発見者であるホテルのフロントマネージャー・山路啓輔(鳥羽潤)から話を聞いていると、ロビーの窓越しにロングコートを着た髪の長い女が見えるのに気づく南部。後を追うがすでに気配すらなかった。

南部と高村六郎(鈴木一真)は捜査のため長崎へ。田沼の会社を訪れると、県議会議員・亀山雅樹(小木茂光)と建設会社の社長・山田岳士(江藤潤)が田沼の秘書・片桐はるな(宮本真希)に状況を説明するよう詰め寄っていた。田沼と旧知の仲である二人は、殺されるようなトラブルを田沼が抱えていたとは考えられないと語る。

だが、はるなは20年前に田沼が原因で自殺に追い込まれた人物がいたという噂を聞いたことがあると話す。そんな中、山田が殺害された。またも殺害後に首を吊られ、手には女の髪が、そして「恨みの首二つ」と書かれた短冊も発見された。

出演者
南部平蔵/村上弘明
高村六郎/鈴木一真
細谷玲子/伊藤かずえ
溝口史郎/火野正平
南部敦子/岡田奈々
浅田裕久/永倉大輔
富井健次/前田 健
友木哲也/藤沢大悟
片桐はるな/宮本真希
亀山雅樹/小木茂光
山路啓輔/鳥羽 潤
榎田敏郎/佐戸井けん太
足立裕子/白羽ゆり
山田岳士/江藤 潤
田沼武雄/伊藤洋三郎

スタッフ
プロデューサー/吉田由二
原作/鳥羽 亮首を売る死体」(講談社文庫・刊)
脚本/林 誠人
監督/中前勇児
編成担当/福田健太郎・辻 有一

くまよむはかねてから村上弘明さんのファンでして、毎回楽しみにドラマを拝見しています。村上弘明さんといえば、知的でクールな印象があるんですけども、南部平蔵はどっちかというとちょっと怖い感じがして、いつもとは違うギャップにビリビリと引きつけられてしまいます。

さて、事件はホテルの一室で観光会社の社長こと田沼武雄が殺されるところからはじまります。心臓を一突きされ、さらに首まで吊るされるというむごたらしい姿で発見されます。しかも、手には女性のものと思われる長い髪、上着には「恨みの首一つ」という短冊が見つかります。

死亡した後、首まで吊るしたということは女性単独の犯行の線は消え、複数犯か男による単独犯行が疑われます。しかしながら、手には女性の髪があるわけなので、もみ合った際に引きぬいた髪を女性の犯行と印象づけるように撹乱の目的あるいは別の目的があったと思われます。

短冊は意味深です。恨みの首が一つということは、この首を吊るした状態のことを示しているのでしょうか。恨みという言葉が暗示しているのはつまり怨恨で、怨恨であるがゆえに、このような凄惨な状態になったのだと推測できます。ただこれも撹乱目的かもしれません。

さて、第一発見者はホテルのフロントマネージャーの山路啓輔です。ただのホテルマンが発見したのだったら別にいいんですが、ミステリードラマファンのくまよむとしては山路を演じているのが鳥羽潤さんだということにどうしても着目してしまいます。捜査の鉄則は第一発見者を疑え!なわけですが、それは2時間ドラマの場合あまり当てはまらないんですけども、鳥羽さんが第一発見者だとすると、その鉄則は無視できません。

んで、南平班は田沼のオフィスへ行きます。そこにいたのが、田沼のお友達の県議会議員・亀山雅樹(小木茂光)と建設会社の社長・山田岳士(江藤潤)です。建設会社の社長と議員がお友達の時点で、怪しさ大爆発です。絶対悪いことしまくっているフラグです。案の定、田沼のことを尋ねると、二人とも田沼の人格について否定的なことをいいません。そりゃ、そうだわの。みんな、グルなのでしょう。

そして翌朝。山田が殺されます。田沼の時と同じ状況で、こんどは「恨みの首二つ」という短冊が見つかります。この時点で連続殺人事件が確定し、三つ目の首として亀山の他殺を予感させます。

南平班が捜査を進めると、やはり3人は過去に鬼塚省三というガラス細工職人を自殺に追いやったことが判明します。鬼塚には二人の娘がいて、長女はすでに死亡。妹の瑠璃子は親類に引き取られたもよう。

ここだけ見ると、成長した瑠璃子が復讐した事件であると考えがちですが、ここからがなかなか骨太です。

鬼塚瑠璃子は岩田瑠璃子という名前で弁護士をやっていたようで、2年前に事故で重症を負い、瀕死だったにも関わらず、事故の翌日に姿をくらまします。んで、他殺体が持っていた髪の毛が岩田瑠璃子のものと判明し、2年間どこかで潜伏していた瑠璃子の復讐を目的とした事件であると皆が思い始めます。

てなところにきて、亀山の秘書の足立祐子が殺された知らせが入ります。今度は「恨み首三つ」の短冊が見つかります。亀山本人が三つ目の首だと想定した視聴者はここで裏切られるんですが、その想定外の裏切りは予定調和を乱すものであり、ある種の心地よさを感じるものであります。しかも、あらすじの最後では岩田瑠璃子が白骨化した状態で見つかります。白骨化しているということは2年前の事故後に姿をくらまして以降、そんなに長く生きてはいなかったことを意味していますね。

くまよむの事前推理では、やはりホテルのフロントマネージャーの山路が怪しいです。たぶん、瑠璃子とは恋人かもしくはそれに近い関係だったのでしょう。出会った時期はそうですね~、瑠璃子が大阪に引き取られていって、辛い境遇に苦しんでいた頃、同じような悩みを持った山路と二人、慰め合うように仲良くなっていったんじゃないかと。

瑠璃子が事故に遭った背景ですが、やはり悪い3人にやられてしまったんじゃないでしょうか。弁護士になったのは、大人になってから3人の不正を合法的に暴くためだったのではないかと。その過程の中で、事故に遭わされ、かろうじて助かったものの、しつこい3人にトドメをされたというのが想像できます。

たぶんラストの山路が亀山を殺るシーンで、南部が止めて事件を解決するんだと思います。亀山は小木さんが演じているわけでして、小木さんは殺してしまうにはちょっと忍びないランクの役者さんです。小木さんにはラストに見せ場が残っているような気がプンプンします。

というわけで、月曜ゴールデン「警視庁南平班~七人の刑事~7」をお見逃しなく!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る