このエントリーをはてなブックマークに追加

大学で学食を食べると難民支援ができる。明治大学のチャレンジ

meiji

大学の学食というと、貧乏学生の懐事情にやさしいプライス&大盛り&栄養が考慮されていて、特に一人暮らしの学生には生命線だったりしますが、その学食を使って難民支援をしようという新しいチャレンジを明治大学がはじめました。

大学で学食を食べると難民支援ができる。明治大学のチャレンジ
引用元:共同通信

難民のふるさとの味が明治大学の学食に――。

明治大学の和泉キャンパス中野キャンパスで、難民の故郷の味を伝えるMeal for Refugeesを開催します。和泉キャンパスでは、5月19日~30日、6月16日~27日の計4週間、中野キャンパスでは6月16日~20日の1週間、計6つの国や民族の料理10種を提供。日本で暮らす難民支援のため、一食につき20円を寄付します。

Meal for Refugeesは、認定NPO法人難民支援協会が日本で暮らす難民と共に作ったレシピ本「海を渡った故郷の味」から生まれた社会貢献プロジェクト。今回の明大での活動は、昨年、本学も会場となった難民映画祭(国連難民高等弁務官駐日事務所主催)にボランティアスタッフとして関わった明大生有志が難民支援協会の協力を得て実現するものです。

●和泉キャンパス :週替わりメニューを400円で提供
提供日時:
2014年5月19日(月)~30日(金)※土日を除く
6月16日(月)~27日(金)※土日を除く
いずれも10:30~(数量限定。売切れ次第終了)

●中野キャンパス :1週間限定の日替わりメニューを340円で提供
提供日時:
2014年6月16日(月)~20日(金)
いずれも11:00~(1日50食限定)

学食のメニューというと一般的なもの(うどん&ラーメン&カレーetc…)が多くて、そのうち食べ飽きるんですけど、難民の故郷の味を楽しめるということは難民支援のための寄付行為もしつつ、マンネリな味も解消できるという一挙両得な企画のようです。

また、難民支援と聞くと、やや難しい印象があるんですが、食べ物の観点から捉えていけば、とても身近なものとして感じられ、学生にはウケるんじゃないでしょうか。

んで、気になるメニューの内訳はこんな感じになっています↓

■和泉キャンパス
・5月19日~23日/ビルマ
きな粉入りビルマ風サラダうどん+タピオカとサツマイモのデザート
・5月26日~30日/パキスタン
まろやかチキンカレー単品
・6月16日~20日/アゼリ
トマトソースの肉じゃが+ニラたっぷりの卵焼き+白米セット
・6月23日~27日/パキスタン
パキスタン風炊き込みごはん+ナッツとレーズンのパンプディングセット

■中野キャンパス
・6月16日/スリランカ
鶏肉と野菜のスパイシー炒め、ライス付
・6月17日/カチン
里芋のさっぱり煮込み、ライス付
・6月18日/アゼリ
トマトソースの肉じゃが、ライス付
・6月19日/ビルマ
きな粉入りビルマ風サラダうどん
・6月20日/ネパール
豚肉と野菜のガラムマサラ炒め、ライス付

甘いもの好きなくまよむ的には「タピオカとサツマイモのデザート」と「ナッツとレーズンのパンプディングセット」が気になってしょうがないです。

ちなみに、大学の学食って、学生じゃなくても食べに行けるので、興味があればガンガン潜り込んでいけます。くまよむは若かりし頃、興味のある大学の学食を食べに行ったことがありますが、なんの問題もなかったです。家族連れの人もいましたし、大学の学食だからといって遠慮する必要はないかと。

明大生はもちろん一般の方でも他大の学生でも、食べたいメニューがあれば食べに行ってみてはいかがでしょうか。数量限定とのことなので、なるべくはやい時間帯に行くことをオススメします。


くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る