このエントリーをはてなブックマークに追加

戸田恵子が活躍する「刑事 ガサ姫3 警視庁特命家宅捜索班」を見逃すな!

keiji-gasahime3

姫というにはいささか年齢を重ねすぎている戸田恵子さんが活躍するシリーズ・刑事ガサ姫の最新作が放送されることになりました。

あらすじ
警視庁特命捜査対策室第五係、通称「ガサ入れ班」は“ガサ姫”こと係長の姫野瑶子(戸田恵子)を筆頭に、竜崎昇(的場浩司)、服部浩一郎(竜雷太)、本宮明美(misono)、坂本祐樹(岩永洋昭)らが所属し、主に家宅捜索を専門にしている捜査班。

「モノだけが事件の真実を語ってくれる」…そんな信念のもと、姫野はガサ入れに心血を注ぐ日々を送っている。

ある日、瑤子の娘・由加里(荒井萌)が人気ブランド「プリティーハート」の読者モデルに合格し、ファッションショーに出演する事になった。最初は反対する瑤子だったが、ショー当日、娘のモデル姿を目にすると、誰よりもはしゃぐ。

一方、舞台裏では由加里の目の前で、チーフディレクターの深沢多恵(松尾れい子)が連絡の行き違いに激怒していた。ディレクターの風間亜希子(中山忍)、花屋の青木紀明(田中幸太朗)を怒鳴りつけ、アシスタントの松本春香(南明奈)にはコーヒーを浴びせかける始末。しかし多恵はステージ上で突然倒れ、そのまま死んでしまう。

ジャケットの襟に毒を塗った待ち針が仕込まれていたことから、殺人と断定。聞き込みを進めるうち複数の容疑者が浮かび上がる。

出演者
姫野瑶子/戸田恵子
竜崎昇/的場浩司
服部浩一郎/竜雷太
風間亜希子/中山忍
越水輝夫/保阪尚希
門田武明/岡田浩暉
本宮明美/misono
坂本祐樹/岩永洋昭
姫野由加里/荒井萌
姫野健夫/黒田アーサー
松本春香/南明奈
深沢多恵/松尾れい子
青木紀明/田中幸太朗
荻原洋介/木庭博光
サミー原田/ミッツ・マングローブ

スタッフ
脚本/三上幸四郎谷口純一郎
監督/藤尾隆

ガサ入れって、なんだかワクテカな響きです。まるで宝箱を開けるように、犯人の痕跡をたどるのは推理ドラマの見どころのひとつかと思います。ちなみにガサ入れのガサというのは、捜すの「がす」に由来しているようです。へぇ~ってな感じの、プチトリビアでした。

事件は人気ブランド「プリティーハート」のファッションショーにて、チーフディレクターの深沢多恵がステージ上で死んでしまうところからはじまります。毒が塗られた待ち針がジャケットの襟についてて、それが刺さって、体内に毒が浸透したのが直接の死因です。

多恵は周囲からえらく嫌われていたようでして、以前にチーフディレクターを担当していた中山忍さん演じる風間亜希子は多恵の昇格により、ディレクターへと降格させられています。田中幸太郎さん演じる花屋の青木紀明はファッションショーで怒鳴りつけられてます。また、南明奈さん演じるアシスタントの松本春香はコーヒーを浴びせかけられるなど、傍若無人ぶりが目立ちます。恨みを買って当然の人物といえますね。

しかも、亜希子の元夫の保阪尚希さん演じるプリティーハートの社長こと越水輝夫と多恵は交際しており、さらに多恵は副社長の門田とも付き合っていたもよう。多恵という女、なかなかの豪傑です。

浮気された門田には殺害動機がありますが、本人は否定します。アシスタントの春香にも動機はありますが、こちらも本気度が低めでホンボシとはいえません。

てなところであらすじが終わりますが、くまよむ的にはやはり越水が怪しいなぁと思います。保阪さんが演じているから怪しいんですけど、怪しい人は実は怪しくないという2時間ドラマの法則があるので、怪しいというだけで本当はすごくいい人なのかもしれません。いや、きっとそうだ。そうに違いない。。。

では、ホンボシは誰なのかという話になるんですが、花屋の青木あたりが怪しいです。まず、針に塗った毒ですが、これは花を育てる時に使う農薬のたぐいではないかと、くまよむは疑ってます。花屋さんであれば、業務用の特殊な農薬も容易に入手できそうですし。また、演じているのが田中幸太郎さんというのも怪しい点だったりします。

んじゃ、殺害動機はなにかという話になるんですが、もしかすると多恵と青木は過去に交際していたのかもしれません。それが縁で、ファッションショーの出入り業者として契約してあげてるんじゃないかと。普通は別れた男のことなんて一切合切忘れたいものですが、多恵の人間性から察するに、過去の男に対して現在の自分の出世っぷりを当てつけたかったんじゃないかと予想されます。

最初はしぶしぶ出入り業者としてサポートしていた青木は多恵の当てつけがどんどんエスカレートしまくった結果、かわいさ余って憎さ100倍状態になり、殺害してしまったんじゃないかと、くまよむは勝手に事前推理しました。

くまよむは保阪さんウォッチャーなのでよく分かりますが、保阪さんクラスの俳優は多くの場合ドラマのキーマンになってまして、怪しいけど実は怪しくなかったり、でもやっぱ犯人だったりみたいなポジションです。なので、今回は保阪さんがドラマの中でどういう振る舞いをするかに注目したいと思います。くまよむ的には保阪さんはシロだとにらんでます!

てなわけで、水曜ミステリー9「刑事 ガサ姫3 警視庁特命家宅捜索班」をお見逃しなく!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る