このエントリーをはてなブックマークに追加

幻冬舎の男性誌ゲーテがG-SHOCKの本を出すゾ!G-SHOCK大好きっコは即買だっ!!

goethe-g-shock

くまよむはあんまり腕時計とかしないんですけど、アウトドア的なものは割りとかわいいので、たま~にいい感じのものがあれば買うくらいなんですけど、買わないにしても、いまどんなん出てるのかな~なんて、動向はいつもチェックしてます。

特にチェックしているのは、G-SHOCKです。タフネスな機能性が特徴のG-SHOCKなんですが、思いのほかビビッドで大胆なデザインのものがたまに発売されることがありまして、そういうのは予約開始とともに一瞬で品切れになっちゃったりします。もちろん、ヤフオクなんかでは定価よりも値上がりしちゃって、プレミア価格になっちゃったりします。

G-SHOCKが面白いのは、毎月10本くらいの新作が常にリリースされるところです。季節に合わせてリリースされるデザインは見ているだけで面白く、毎月月末は翌月に発売される新製品が公式サイトにアップされるので、それを見るのが最近のルーティンワークになっちゃってたりします。こういうバラエティに富んだ製品ラインナップはG-SHOCKならではのもので、SUUNTOなんかでは望むべくもないですね。SUUNTOはSUUNTOでユニークなデザインなので、バラエティはなくても気になるブランドではあります。

そんな中、くまよむの気持ちを知ってか知らずか、見城徹社長率いる幻冬舎から発売されている男性誌ことゲーテの特別編集にて、G-SHOCKの本が発売されることになりました。

ゲーテ特別編集 殻を破れ! with #Premium G-SHOCK

ゲーテ特別編集 殻を破れ! with #Premium G-SHOCK
引用元:幻冬舎

昨年、「G–SHOCK30周年」を記念して刊行したGOETHE[ゲーテ]特別編集『PREMIUM G–SHOCK』が評判を呼んだ。編集部ではG−SHOCKの「MT-G」をはじめとする高価格帯商品を「PREMIUM G–SHOCK」と名付け、大きくフィーチャー。ビジネスマンをはじめ、「大人の」顧客層による店頭での反響が大きく販売も好調、若者層から圧倒的な支持を誇るG–SHOCKも新しいステージに突入した。

そして2014年11月27日(木)、待望の第二弾を刊行。カシオは、G–SHOCKが持つイメージをアップデートし、毎シーズン、毎時間、毎分、G–SHOCKを先に進めている。自らが自らの「殻を破る」、そこから新しいG–SHOCKを生みだし続ける。第二弾は、このG–SHOCKマインドにフォーカスする。

G-SHOCKを特集した本て、たまに出るんですけど、ゲーテ版はプレミアムなG-SHOCKにフォーカスしたものになっているようです。G-SHOCKって、ラインナップが二極化してまして、3万円以内で買える低い価格帯のものと10万円以上の高い価格帯のものに分かれます。くまよむはかわいいG-SHOCKが大好きなので、安いものをゲットしてばかりいるんですけども、高いG-SHOCKって、かわいいというよりはやはりかっこいいです。金属製のクールなデザインになっています。

プレミアムなG-SHOCKなので、ゲーテ版の本は金属製のものがメインで紹介されているかと思います。普段はチープG-SHOCKばかり使っているくまよむは、この本を読んで、高級G-SHOCKの世界観を学んでみたいと思います。

10万円以上のお金を支払うなら、他のメーカーのブランドにしたほうがよいんじゃないかと思いますが、そういう人たちの気持ちを揺さぶるような内容になっていることを期待したいと思います。

というわけで、根っからのG-SHOCKフリークの方もG-SHOCKビギナーの方も、ぜひお手にとってみてください!


くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る