このエントリーをはてなブックマークに追加

市原悦子が主演する、月曜ゴールデン「弁護士 高見沢響子12 観覧車の男」をお見逃しなく!

bengoshi-takamizawa-kyouko12

市原悦子さんが弁護士として活躍する、月曜ゴールデン「弁護士 高見沢響子12 観覧車の男」が放送されることになりました。

あらすじ
弁護士・高見沢響子(市原悦子)の事務所の電話に、脚本家の古浦信一(石橋蓮司)から救済を求めるメッセージが残されていた。

8年前、古浦の娘・愛子(富岡英里子)は3人の強盗にアパートに押し入られ殺害された。犯人の一人、鬼頭登(加藤啓)はすぐに自首したため、極刑を望む古浦の願いは叶わなかった。そのうえ、事件が原因で古浦は職を失ってしまった。

心に深い傷を負った古浦と古浦の元妻・久子(萩尾みどり)を犯罪被害者を救済する立場から支えたのが響子だった。裁判の際に傍聴席から鬼頭を罵り、退廷させられた古浦を響子は遊園地の観覧車に乗せて励まし、彼の心に寄り添い続けた。

事件から数年後、久子は病のためこの世を去った。その後古浦は湯河原に住む資産家の娘・秋子(筒井真理子)と再婚し、幸せに暮らしていた。しかし秋子が自殺してしまい、失意の古浦は響子を頼って連絡してきたのだ。

響子は湯河原を訪れ秋子の通夜に参列、現在、車椅子で生活する古浦と再会する。通夜には古浦夫妻とつきあいのある不動産業者の園田泰造(近藤芳正)と秋子の財産を管理する弁護士・滝本幸子(秋本奈緒美)も列席していた。また、刑事の佐藤(佐戸井けん太)も姿を見せ、秋子が殺された可能性もあると響子に語った。

滝本は、響子に遺産について説明するとともに古浦が娘を襲った悲劇を隠して秋子と再婚し、自身が楽な暮らしをするために秋子を騙していたと指摘する。一方、調べをすすめるうちに園田は詐欺、横領などの前科があり、秋子には古浦に隠れて交際する男性がいたことも分かった。佐藤刑事は園田と古浦にも秋子殺害の疑いを向けるが、証拠不足で決定力に欠ける。

響子は助手の久松啓子(あめくみちこ)が古浦の主治医から得た情報をヒントに、久松をある人物の元へ派遣する。すると事件の前提を覆す衝撃的な証言が飛び出した・・・。

出演者
高見沢響子/市原悦子
久松啓子/あめくみちこ
古浦秋子/筒井真理子
滝本幸子/秋本奈緒美
園田泰造/近藤芳正
佐藤刑事/佐戸井けん太
山岡久子/萩尾みどり
山岡愛子/富岡英里子
島野健治/岸端正浩
中島春子/わかばかなめ
中島繁行/井上 康
古浦信一/石橋蓮司

スタッフ
製作/東阪企画TBS
プロデューサー/大下晴義横山千賀
脚本/竹山 洋
監督/堀川とんこう

放送日
2014年7月7日 21時

最近、市原悦子さんの姿を目にする機会が少ないんですけども、久しぶりの高見沢響子で嬉しいかぎりです。前作が2011年の放送だったので、はや3年近く経過しているんですね。時の経つのは速いものです。

さて、事件は8年前に石橋蓮司さん演じる脚本家の古浦信一の娘が3人の強盗に殺害されるところからはじまります。強盗グループの一人、鬼頭登はすぐに自首したようでして、それが情状酌量の理由となり、極刑を免れます。他の二人に関する記載があらすじにないので、自首ではなく普通に捕まったか、あるいは8年間逃亡し続けていると考えるのが妥当でしょう。

強盗殺人て日本の法律ではとんでもなく重罪な気がするんで、前者の場合だとやっぱ極刑になっちゃうんでしょうかね。ちなみにWikipedia上で見ると、死刑もありえると記載されています。

刑法上、強盗致死傷罪には長い刑期が設定されており、特に死亡の結果が発生した場合は死刑又は無期懲役という重罰が規定されている。これは刑事政策上の理由によるものとされる。/引用元:Wikipedia

強盗も殺人もやってるんでしょうけど、古浦の娘さんの場合は暴行もなされていたと推測すると、まさに鬼畜の所業といわざるをえませんね。

古浦夫妻は娘の死を目の当たりにし、心がズタズタになっていくわけですが、それを当時支えていたのが、市原悦子さん演じる高見沢響子弁護士です。ある日の裁判で鬼頭を罵りまくり過ぎて、退廷になった古浦を遊園地の観覧車に乗せて励ましたそうです。

んん???観覧車!?

そう、今回のドラマのサブタイトルは「観覧車の男」です。あれ、もう犯人分かっちゃったかもしれない!古浦で決まりなんじゃない?一応、あらすじを最後まで検証して、事前推理していこうと思います。

その後、古浦の妻は病死し、古浦は筒井真理子さん演じる資産家令嬢の秋子と再婚します。穏やかな老後を過ごしていたようですが、ある日突然、秋子が自殺する事態に見舞われ、古浦はまた響子に助けを求めてきます。

秋子の通夜の席で、響子は車椅子の古浦と、近藤芳正さん演じる不動産業者の園田泰造と、秋本奈緒美さん演じる秋子の資産を管理していた滝本幸子弁護士と、佐戸井けん太さん演じる刑事の佐藤と顔を合わせます。

滝本弁護士の話では古浦は娘の死のことを隠して、秋子と結婚していたもようです。別に隠さなくてもいいんじゃないかと思いますが、なんで隠したんでしょうかね。資産家令嬢で美しい秋子がなんでこんなおじいさんと結婚したのか、くまよむには正直よく分かりません。

その後の調査で、園田には詐欺や横領の前科があり、秋子には古浦以外に交際している男性がいたことが判明します。園田に関しては怪しい雰囲気を出すためだけの存在な気がしますね。くまよむ的には秋子と付き合っていた男性というのが超気になります。出演者の名前を見ると、該当しそうなのは井上康さん演じる中島繁行くらいです。でも、わかばかなめさん演じる中島晴子と同姓なので、この二人は夫婦もしくは兄妹の関係の可能性があり、もし前者ならダブル不倫の可能性が高くなりまくりです。

んで、あらすじの最後ではあめくみちこさん演じる響子の助手の久松啓子が古浦の主治医の発言をもとに新事実にたどりつくっていうところで終わります。

主治医っつーことなので、おそらく古浦の車椅子の問題と関係しているんじゃないでしょうか。アルプスの少女ハイジに出てくるクララじゃないですけど、本当は歩けるのに歩かないだけという線が濃厚そうです。

サブタイトルの時点ですでに古浦のホンボシ説をあげちゃいましたけど、これはそのままいけそうですね。動機は別の男性と交際する秋子の存在が妬ましく、かつ彼女の財産を独占できるからっていうのが妥当だと思います。なので、秋子の自殺は他殺です。

もともと脚本家の仕事をやってたくらいの古浦なので、ストーリーテリングのスキルは高いんだと思います。秋子に近づいたのも、車椅子で生活しているのも、そして秋子の死後に響子に助けを求めてきたのも全て古浦のストーリーテリングが背景にあるんじゃないでしょうか。要するに、自分の人生をうまく運ぶための演出の手法がとんでもなく優れているんじゃないかと。

なんで、事前推理としてはやっぱり犯人は古浦だと思います。大どんでん返しを繰り返しながら推理していくタイプのドラマではなく、響子と犯人がじっくりと向き合うタイプのドラマに仕上がっていそうです。

というわけで、市原悦子さん主演の月曜ゴールデン「弁護士 高見沢響子12 観覧車の男」をお見逃しなく!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

    None Found

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る