このエントリーをはてなブックマークに追加

小泉孝太郎が主演する月曜ゴールデン「森村誠一サスペンス 魔性の群像 刑事・森崎慎平2」を見逃すな!

morisaki-shinpei2-morimura-seiichi

小泉孝太郎さんが捜査一課の刑事として活躍するシリーズ、月曜ゴールデン「森村誠一サスペンス 魔性の群像 刑事・森崎慎平2」が放送されることになりました。

あらすじ
警視庁捜査一課の刑事・森崎慎平(小泉孝太郎)は、妻の玲子(米澤史織)を通り魔事件で亡くして以来、娘の奈緒(小西結子)と共に元検事の義父・朝比奈公介(加藤剛)の家で暮らしている。森崎は誰よりも犯罪を憎み、被害者とその家族の悲しみを常に共有しながら、日々事件捜査にあたっていた。

ある日の夜、森崎と顔なじみの花屋の店員・内藤節子(安藤聡海)が、何者かに刃物で刺され危篤状態に。節子の父親で検事の内藤宗孝(加藤佳男)によると、2人で道を歩いていたところ、全身黒づくめで顔を完全に隠した男が物陰から姿を現し、いきなりナイフを向けてきたという。内藤の検事という仕事柄、過去にトラブルになった関係者の怨恨によるものではと考える森崎だが、内藤は心当たりがないと話す。

それから数日後、またしても殺人事件が起こる。被害者は、節子が仕事で出入りしていたクラブのママ・檜山瑞希(小澤英恵)。瑞希は腹部をナイフで刺されており、目撃証言によれば逃走した犯人は全身黒づくめの男だったという。犯人の風貌が酷似することから、森崎ら警視庁捜査一課の面々は節子の事件との関連性も視野に入れて捜査を進めることに。

そんな森崎の行く先々にはフリージャーナリストの西田浩二(山口翔悟)と雑誌記者の松島杏(安達祐美)が現れ、捜査情報を入手すべく執拗に森崎に迫るのだった。

出演者
森崎慎平/小泉孝太郎
朝比奈公介/加藤 剛
朝比奈八重/片山万由美
森崎玲子/米澤史織
森崎奈緒/小西結子
松島 杏/安達祐実
西田浩二/山口翔悟
内藤宗孝/加藤佳男
海老澤忠良/堀内正美
後藤琢人/加藤 頼
中谷聖子/大河内奈々子
大和田信三/中野誠也
内藤節子/安藤聡海
檜山瑞希/小澤英恵

スタッフ
製作/TBS俳優座
原作/森村誠一魔性の群像」(徳間文庫
脚本/石原武龍・宮崎 健
監督/中野昌宏
プロデューサー/古賀伸雄

放送日
2014年6月30日 21時

製作に俳優座の名前がクレジットされているのでお分かりだと思いますが、加藤剛さんはじめ俳優座の役者さんがまとめて出演している感じです。2時間ドラマを観てると、同じ劇団とか同じ芸能事務所の俳優さんがまとめて出てる時がありますが、まさに今回のドラマがそんな感じです。

大御所俳優にくっつけて、若手に出演の機会を与え、演技を磨いてもらおうというのはとても大切な試みだと思いますし、たぶんこうやってまとめて出演してもらったほうが、出演料がグロスになってディスカウントされるんで、テレビ局的にもおそらく旨味があるんでしょう。

さて、事件は小泉孝太郎さん演じる警視庁捜査一課の刑事こと森崎慎平の顔なじみの花屋店員・内藤節子が通り魔に刺されて、危篤状態になるところからはじまります。節子は父親で検事の宗孝と歩いていて事件に遭遇したようでして、森崎は検事の仕事でトラブルがあったんじゃないかと睨みますが、宗孝は特に思い当たらない様子。

ほんとかなぁ。検事やってれば、思い当たることのひとつやふたつ、ぽんぽんと出てきそうなもんだけど。一切ないっていうのは、どうにも怪しい感じです。ちなみに内藤の話によると、通り魔は黒ずくめの男とのこと。

んで、事件から数日後に今度は殺人事件が発生してしまいます。被害者は節子が花屋の仕事で取引していたクラブのママこと檜山瑞希です。犯人はまたも黒ずくめの男だったもよう。節子と瑞希の関係性と、短期間に2件の事件が起きていることから、連続通り魔事件として森崎は捜査を進めようとします。

あらすじの最後では山口翔悟さん演じるフリージャーナリストの西田浩二と安達祐実さん演じる雑誌記者の松島杏が出てきて、森崎から捜査情報を入手しようとします。

今回のあらすじはけっこう情報量が少なくて事前推理するのがしんどいんですが、引き下がるわけにはいかないので、出演者の顔ぶれだけで犯人を勝手に推測してみたいと思います。ズバリ犯人は中野誠也さん演じる大和田信三じゃないでしょうか!

大和田の情報はあらすじに一切出てこないので、ここから先はくまよむの勝手な推測です。大和田は檜山瑞希のクラブの常連で、瑞希と親密な関係にあったか、もしくはそれ以外の別の要素でトラブルになった可能性が考えられます。おそらく、節子もそのトラブルに関係していて、刺されちゃったんじゃないかと。

んで、大和田は大物政治家かなにかでそれなりの社会的地位についており、スキャンダルの発覚を恐れる身で、それをスクープしようとして雑誌社が動いているっていうことなんじゃないかと。もしかすると、節子の父の宗孝が検事としてなにか関係していたのかもしれません。

あと、大和田がホンボシだと断定する根拠のひとつが、演じている中野誠也さんが犯人ぽいっていうのがあります。とはいえ、中野さんは相当な年齢なので、実行犯として共犯者がいた可能性が高そうです。事前推理としてはこんな感じです。

というわけで、月曜ゴールデン「森村誠一サスペンス 魔性の群像 刑事・森崎慎平2」をお見逃しなく!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る