このエントリーをはてなブックマークに追加

小林稔侍が活躍する、水曜ミステリー9「警察大学校 日丸教授の事件ノート」を見逃すな!

keisatsudaigakkkou

小林稔侍さんが警察大学校の教授として活躍する、水曜ミステリー9「警察大学校 日丸教授の事件ノート」が放送されることになりました。

あらすじ
上級幹部を目指す警察官に、幹部たる技術、知識、心得を身に付ける、東京の警察大学校。日丸慶蔵(小林稔侍)は、教授として日々指導にあたっている。

その頃、岐阜県・長良川の近くで男性の遺体が見つかり、岐阜城南署・刑事課長の犬飼繁(梨本謙次郎)、新米の寺西杏子(平愛梨)ら立会いのもと鑑識作業が進んでいた。バッグから免許証と200万円を発見。被害者は土地転がし専門の不動産屋・滝川護(斉藤陽一郎)で、金は金融屋・安原憲吾(和泉宗兵)から借りたものだった。

その日の夜、旅館を営む護の母・千鶴(仁科亜季子)は、息子の遺体と対面し泣き崩れる。そこへ県警捜査一課管理官・平岡直(佐戸井けん太)らが現れ、この件を引き継ぐと一方的に言い放つ。

翌日、杏子は駅で、論文の取材旅行で岐阜へ来る日丸の到着を待っていた。日丸は元教え子の犬飼に旅のアレンジを依頼。同行を頼まれた杏子は観光地を案内するが、日丸はなぜか護の件が気になっている様子。

不審に思う杏子だったが、日丸がかつて名誉の傷を負いながら、新宿署で活躍していたことを知り、尊敬のまなざしを向ける。しかし県警本部長の三木徹(中原丈雄)と平岡は、日丸の行動を怪しんでいた。

出演者
日丸慶蔵/小林稔侍
寺西杏子/平愛梨
尾崎修司/姜暢雄
平岡直/佐戸井けん太
香田陽平/小林健
守口薫/青山倫子
犬飼繁/梨本謙次郎
榛原幸子/藤田弓子
三木徹/中原丈雄
滝川千鶴/仁科亜季子

スタッフ
原案/佐竹一彦よそ者』(角川文庫刊)
脚本/吉川次郎
監督/吉田啓一郎

放送日
2014年7月9日 21時

警察大学校って、名前はよく聞くんですけども実態が分かんなくて、このドラマの中でどういうところなのか細かい描写が出てくれば、新しい知見に触れることができそうです。捜査手法とか警察組織の構造とか、内部の人間にしか分からないような知識が増えると、今後の事前推理に活かせる気がします。2時間ミステリー大好きっ子にはたまらないドラマになりそうですね。

というわけで、予備知識としてWikipediaの警察大学校の項目を読んでみました。

警察上級幹部に対し必要な知識、技能、指導能力及び管理能力を修得させるための教養を行うほか、警察業務に関する研究を行う。文部科学省の所管下ではない省庁大学校であり、幹部警察官等を対象にしているので、実際は研修施設に近く、一般の新規高卒者等の入学は行われない。省庁大学校ではあるが防衛大学校や海上保安大学校などとは異なり、課程修了により学士の学位は得られない。/引用元:Wikipedia

いわゆる普通の大学や大学校とはだいぶ趣が違う感じのようでして、基本的に警察学校の上位互換に位置する施設と考えてよさそうです。なので、住み分けで考えると、警察学校は警察官に採用された人たちが最初にお勉強しにいくところで、警察大学校は上級幹部がさらなる研鑽を積む場所ということになります。百戦錬磨の幹部クラス相手に指導する教員はなかなか骨の折れそうな仕事ですが、小林稔侍さん演じる日丸慶蔵はそのへんは抜かりなくビシッと決めてくれそうですね。

さて、事件は岐阜県の長良川近くで、斉藤陽一郎さん演じる滝川護の遺体が発見されるところからはじまります。遺体と一緒に見つかったバッグの中には免許証が残っており、滝川護という名前と土地転がし専門の不動産業者であることが判明します。他に200万円もの大金が残っておりまして、この点から察するに物盗りの犯行ではないと思われます。おそらく怨恨ではないかと。

捜査の結果、このお金は和泉宗兵さん演じる金融屋の安原憲吾から借りたものだということが判明します。土地転がし専門の不動産業者と金融屋の組み合わせはめちゃくちゃ怪しいです。よからぬことを企んでいた感じがぷんぷんしまくりです。

んで、この滝川護ですが、岐阜県高山市にある旅館の息子でして、その母親が仁科亜季子さん演じる滝川千鶴です。もちろん、旅館の女将は千鶴がやってます。

日丸は警察大学校の教授で、教授であるからには論文執筆がマストなため、その論文の取材のため高山を訪れます。どうやら滝川護の事件が気になっている様子で、梨本謙次郎さん演じる元教え子の犬飼繁と平愛梨さん演じるペーペー刑事の寺西杏子と行動をともにします。

んで、日丸は護の通夜に出席するわけですが、そこに金融屋の安原と、小林健さん演じる岐阜県議会の議員こと香田陽平と、姜暢雄さん演じる飛騨春慶の職人こと尾崎修司が参列しているのを目撃します。この3名と護は高校の同級生とのこと。どいつもこいつも怪しいなぁ。

通夜の受付には青山倫子さん演じる守口薫が立ってるんですが、どうやら尾崎修司と親しい間柄のご様子。薫も修司と同じく飛騨春慶の職人なので、当然といえば当然の光景です。普通に考えれば、恋愛関係にあるとみてよいのではないかと。ちなみに、薫は滝川家の里子です。この事実にだけフォーカスすると、薫の出生がドラマのキーポイントになってきそうな予感がぷんぷんしますね。

んで、事件のことを千鶴に尋ねると、どうやら護は事件の一週間前に1000万円を貸して欲しいと頼んできたとのこと。ここで、護のバッグに残っていた200万円のお金の存在と護が必要としていた1000万円の関係が浮上してきそうです。あの200万円はせっせと集める最中のものだったのか、あるいは1000万円まで到達したけど、途中で800万円を奪われて残ったお金なのか、あるいはそもそもなんのために1000万円が必要だったのか、誰に渡すべきお金だったのか、そのへんが解決すれば、ドラマの犯人が見えてきそうです。

さらに、調べを進めると、尾崎修司の人生がなかなか苦難に満ちたものであることが判明します。10年前に修司の母親はオレオレ詐欺グループの手によって殺害されています。殺害時に実家を離れていたため、事件を未然に防ぐことができなかったことを悔やむあまり、事件後自宅に戻り、父親と同じ飛騨春慶の職人を志します。

この感じだと、尾崎修司がこのドラマのキーマンになってきそうですね。10年前にオレオレ詐欺をやり、母親を殺害した連中がまだ逮捕されていないのであれば、そいつらに尾崎修司が復讐を企てるストーリー展開が考えられます。

さて、場所は金融屋の安原の事務所。修司の母親の事件の記事が入った封筒が郵送されてきてて、安原は動揺を隠せないもよう。これはあれですね、完全にオレオレ詐欺グループのメンツじゃないですか。あらすじの最後では安原が県議会議員の香田の事務所を訪れた後に殺害されます。

安原も香田もオレオレ詐欺グループの仲間だと考えて、まず間違いないと思われます。もしそうなら、最初に殺された滝川護も仲間であったと見なしてよいでしょう。

事前推理としてはやはり尾崎修司による復讐だと思います。護&安原&香田の仲良しグループが暇つぶし目的で行った、身近な友人の母親に対するオレオレ詐欺の結果、意図せず殺害してしまったことを後になにかのきっかけで知ることになり、復讐を誓ったんじゃないでしょうか。復讐目的なら物盗りじゃないわけなので、200万円もの大金が残されていたことも納得ですしね。あと、出演者の上から3番目に名前がクレジットされているのが、いかにも犯人ぽいです。

事前推理が正しければ、護&安原&香田はとんでもない連中なんですが、その鬼畜っぷりがどう描かれるかは実際にドラマを観てみないとわかりません。

というわけで、小林稔侍さん主演の水曜ミステリー9「警察大学校 日丸教授の事件ノート」をお見逃しなく!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る