このエントリーをはてなブックマークに追加

小保方晴子の博士号を条件付きで剥奪すると早稲田大学が発表したゾ!

obokata-haruko-kichigai-dqn

日本を代表する科学者こと小保方晴子さんが持つ工学の博士号を早稲田大学が条件付きで剥奪することをついについに発表しました。悪いことはできませんね~。悪はやっぱり罰せられないと。。。

小保方氏の博士号 論文再提出なければ取り消し

理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーが、早稲田大学に提出した博士論文に複数の不正が認定された問題で、早稲田大学は7日、小保方リーダーがおおむね1年以内に論文を再提出し、博士号にふさわしいものになったと判断されない場合博士号を取り消す決定をしたと発表しました。

引用元:NHK NEWS WEB

7月の調査委員会の結論を覆す判断を早稲田大学が行ったようです。前回の結果の発表後、ネット界隈は非難轟々の嵐で、早稲田大学はディプロマミル認定されてしまい、それを受けて苦肉の策で執行猶予期間を設置し、救済措置をとるようです。主査と副査の教員はそれぞれ大学から罰せられたようですし、どちらかが一方的に悪者になる結論ではないんですが、はたしてこれでディプロマミル認定を回避できるのでしょうか。

今回の例が出来上がってしまったおかげで、早稲田大学の博士論文はコピペは基本OKで、バレたら一年間の猶予期間内に出せば不問ということになり、やっぱり限りなくディプロマミルなんですよね。もし、今後コピペがバレる学生が出てきても、小保方晴子さんの事例を挙げて、一年の猶予をくれや!といえば通ることになりますね。。。

ていうか、この期に及んで小保方晴子さんの博士号が剥奪されようが維持されようが、その学位の価値は完全にゼロで、世界中から誰の評価も得られないものです。ていうか今後、理研をクビになって、就活をしなきゃいけなくなった時の履歴書の賞罰の欄にはちゃんと罰さられた記録として、博士号が条件付きで剥奪されることと理研で不正研究認定されたことをきちんと書いてもらいたいですね。ちゃんと書かないと経歴詐称ということになりますから。(別に書かなくても、世界中のみんなが知っているけど。)

小保方晴子さんの主査である常田聡教授と副査の武岡真司教授は学内で針のむしろでしょうね。生きた心地ができない今日このごろかと思います。学内を歩けば、全員から白い目で見られていること間違いないでしょう。

仮に早稲田を辞めて、他の大学に移ろうとしても、結局はどこに行っても今回の一件はついてまわるので、ちゃんと論文指導ができないDQN教員認定されて、どこも採用してくれないでしょう。

笹井芳樹さんに自殺させ、主査と副査の教員に研究者人生を終わらせるような仕打ちを行う、小保方晴子さん。ほんと、ゴイスーです。

折しも、本日10月7日はノーベル物理学賞に赤崎勇先生、天野浩先生、中村修二先生が選ばれた記念すべき日です。科学の最先端を走り続けるお三方と、地の底を這いずりまわるAO入試出身の小保方晴子さんの比較はなんとも感慨深いものがあります。やっぱりちゃんと努力し続ける人が報われる社会がよいですね。

さて、一年以内にちゃんとした博士論文を提出できるのでしょうか。。。引き続き、ウォッチングしていきたいと思います!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る