このエントリーをはてなブックマークに追加

寺脇康文が主演の月曜ゴールデン「内田康夫サスペンス 信濃のコロンボ2 戸隠伝説殺人事件」の犯人は誰だ!?

shinanonokoronbo2

寺脇康文さんが長野県警の警部となって殺人事件を解決するシリーズ、月曜ゴールデン「内田康夫サスペンス 信濃のコロンボ2 戸隠伝説殺人事件」が放送されることになりました。

あらすじ
戸隠にあるホテルのパーティー会場で「戸隠高原ゴルフ場建設準備会」が行なわれている。挨拶をしているのは、準備会代表の武田喜助(丸岡奨詞)。

会場のあちこちで名刺交換が行なわれている中に立花智弘(田村亮)の姿もあった。「帝都大学文学部教授立花智弘」という名刺を受け取った武田は驚き、立花の顔をまじまじと見つめる。そんな武田を不審に思う立花。それが凄惨な連続殺人の始まりだった…。

4日後、戸隠の毒の平・荒倉キャンプ場で男の死体が発見された。現場に急行し、遺体を確認する竹村岩男(寺脇康文)。先に現場に到着していた県警捜査一課長の宮崎良雄(螢雪次朗)から遺体は武田だと聞かされる。

武田はパーティーがあった夜にホテルから失踪しており、死因は青酸性の毒物による中毒死だった。捜査をすすめる竹村は武田の妻・佐知江(丘みつ子)から話を聞く。すると、武田は立花の調査を東京の興信所に依頼していたことがわかった。武田はなぜ、立花を調べていたのか…?

出演者・キャスト
竹村岩男(長野県警捜査一課警部)/寺脇康文
竹村陽子(岩男の妻)/麻生祐未
木下真司(長野県警捜査一課巡査部長)/川村陽介
宮崎良雄(長野県警捜査一課長警視)/螢雪次朗
丸山亮介(岩男の友人町医者)/温水洋一
武田喜助(武田商会社長)/丸岡奨詞
石原隆二(東京通信広告社長)/森下哲夫
宍戸弘文(衆議院議員)/浜田 晃
野矢桂一(北信ランドリー社長)/小倉一郎
野矢優子(帝都大学学生)/新川優愛
武田佐知江(武田の妻)/丘 みつ子
立花智弘(帝都大学文学部教授)/田村 亮
岡部和雄(警視庁室町署 警部)/高橋克典

スタッフ
製作/ジニアスTBS
原作/内田康夫戸隠伝説殺人事件」(徳間文庫刊
脚本/穴吹一朗
脚本協力/吉田弥生
企画/石丸彰彦
プロデューサー/中川真吾
監督/中前勇児

放送日
2014年11月24日

信濃のコロンボこと竹村岩男を演じるのは寺脇康文さんなんですが、なんと!室町署の警部役で高橋克典さんが出演されるということで、主役クラスが2名もいるという贅沢な作品となっております。くまよむはどちらかというと高橋克典さん推しなので、目が離せませんね。

さて、ドラマは戸隠高原に新たに建設するゴルフ場の建設準備パーティーの会場で関係者が名刺交換しているところからはじまります。ゴルフ場を作るってことは、地元の利権がおおいに絡んできそうな案件なので、政治家とか建設業者とかいろんな人々の欲望が錯綜してそうです。

ゴルフ場の建設にあたって、リーダーを務めているのは武田商会の社長をやっている武田喜助なる人物です。パーティー会場では田村亮さん演じる帝都大学教授の立花智弘と名刺交換した際に、武田はキョドります。なにか、二人の間にはただならぬ関係があるもようです。

んで、パーティーから数日が経過したある日、戸隠にある毒の平で武田が死体が見つかります。死因は青酸カリによる毒殺です。捜査には我らが信濃のコロンボこと竹村岩男があたります。丘みつ子さん演じる武田の妻に聞き込みを行った結果、武田はどうやら立花の身辺を調べるために、興信所に依頼をかけていたようです。一方の立花に聞き込みを行うと、武田とは初対面だったとのとこ。うーん、なんだろう。同姓同名の人だっただけなのかな。。。

次の殺人は戸隠にある矢立神社で行われます。死んでいたのは石原という男と、その妻の華代で、死因は矢で射られた傷が致命傷となったもようです。これだけ見ると、土地柄的に近い場所での殺人とはいえますが、武田の事件との関係性が希薄です。

てなところにきて、戸隠に古くからある「鬼女紅葉伝説」になぞらえて、二つの事件は関連性があるのではないかという説が出てきます。強引やのぅ。ちなみにくまよむは鬼女紅葉伝説なんてきくと、「鬼女のような山村紅葉の伝説」と頭の中でイメージしてしまいます。余談ですが。。。

あらすじの最後では44年前の事件云々と語られているので、その事件の復讐とかがテーマになっていそうな感じです。

それでは事前推理に入ります。鬼女による復讐だとすれば、該当するのは武田の妻の佐知江しかいないと思います。丘みつ子さんが演じておられますし、犯人ぽいですね。

44年前になにが起きたかというのが問題だと思うんですが、普通に考えれば、武田が立花を殺していて、それがきっかけで財をなし、今日の地位を築いたとかっていう設定で、今になって復活した立花を見て、キョドったってのがありがちなんじゃないかなと思います。

なので、キーパーソンは立花なんですが、本当に彼が立花本人なのか、本人に扮しているだけなのかはよく分かりません。本人になりすまして、武田に恐怖を与えるつもりで目の前に現れた可能性もありますしね。

他に怪しいのは衆議院議員の宍戸弘文と北信ランドリー社長の野矢桂一です。前者はやはりゴルフ場の利権に絡んでいろいろあくどいことをやっていそうです。後者は小倉一郎さんなので、怪しさ大爆発です。どちらも高齢なので、もしかすると44年前の事件にも一枚噛んでいそうな気はしますね。

というわけで、寺脇康文さんが主演の月曜ゴールデン「内田康夫サスペンス 信濃のコロンボ2 戸隠伝説殺人事件」をお見逃しなく!


くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る