このエントリーをはてなブックマークに追加

はやぶさ2の打ち上げが成功!これからは宇宙の時代なので、デジタルサイネージも宇宙仕様になるらしい

hayabusa2

もはや伝説となった、はやぶさの帰還からはや4年。その後継機たる、はやぶさ2が本日ついに宇宙へと旅立って行きました。無事に打ち上げが成功してなによりです。はやぶさはヒヤヒヤものでしたが、はやぶさ2にはぜひそうならないように祈っております。生命誕生の鍵となる物質をぜひ持ち帰ってきてほしいものです。

日本の宇宙事業もイケイケドンドンな最中、着々と宇宙ビジネスは進行中でありまして、なんと!デジタルサイネージを宇宙で利用できるサービスがはじまっちゃうのだそうです。マジかよ!

宇宙デジタルサイネージ

宇宙デジタルサイネージ

近年、宇宙は宇宙旅行や宇宙葬のサービス開始によって、より生活に身近なものとなってきています。米国エリジウムスペース社が提供する宇宙葬サービスの日本国内の展開を行ってきた株式会社スペースシフトは、この度、独自のルートで、既に打上げられている超小型衛星に設置されたデジタルサイネージの使用権を確保し、そこへメッセージを表示させる「宇宙デジタルサイネージ」事業を開始いたしました。

このサービスにより、企業様には従来とは違ったアプローチの広告表現やキャンペーンを可能にし、消費者の方には、宇宙をより身近な存在として利用していただくことを可能にします。使用するサイネージは、10cm四方の空間に設置されており、表示解像度は248x64ドットです。サイネージの背後に窓を設けておりますので、宇宙空間に浮かぶ地球を背景にメッセージを表示することができます。メッセージは最大で45文字を表示できますが、ドット絵でのグラフィックの表示も可能です。

こんなことが商業ベースで行われる時代になったんですねぇ。表示されるディスプレイはわりとショボイんですが、宇宙空間という極限の環境下ではこれでも相当がんばっているんだと思われます。地球をバックになにかスキトキメトキスな言葉を唱えれば、きっといいことがあるような気がします。

デジタルサイネージへの掲載の受付は来春からになるとのことですが、はやぶさ2の打ち上げでリリースを出したのはクレバーだと思います。なんせ、宣伝効果が高まりますからね。

なお、掲載の価格についてなんですが、こちらはやはり宇宙プライスです。

■広告メニューとご提供価格(予定)
・1年間独占使用権:1億円
・1ヶ月間独占使用権:1,000万円
・1週間独占使用権:200万円
・グラフィック掲載(1点):50万円
・テキスト掲載(45文字):20万円

めんたまが飛び出るくらいの、マジパネー金額ですよ、これは。なんていうか、あれですな。スキー場の自販機で買うジュースは街中で買うものよりも値段が高めみたいな感じで、宇宙だからこその上乗せがおもっきし、されています。利益もだいぶ乗っているのでしょうね。

どんな人達がここにメッセージを乗せたがるかは不明なのですが、普通に考えたら、電通とか博報堂とかがまるごと独占して、提携企業に広告枠の再分配を行うことになりそうですが、はたしてここにどれくらいの広告効果があるのか分からないので、ちょいとばかし二の足を踏みたくなる気持ちも分からなくもありませんが、もしやるのであれば、一番乗りするのが最も重要かと思います。

一番乗りが一番話題になって、宣伝効果が一気に高まるので、どうせ高いお金を支払うのなら一番が超有効だと思います。同じお金を払って、二番以降に掲載されても、一番乗りほどのうまみはないかと思います。

最近は民間企業による宇宙旅行なんかも企画されていて、どんどん宇宙ビジネスが商業的に成功してきそうな気配が見えてきました。宇宙デジタルサイネージもそうなると面白いと思います。

というわけで、ぜひ宇宙デジタルサイネージにメッセージを掲載してみてはいかがでしょうか!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る