このエントリーをはてなブックマークに追加

ネコ大好きっコ悶絶死!「商店街のネコ店長」を読んでみたゾ

shoutengainonekotenchou

くまよむはネコが最近ことのほか好きでして、街を散策しながら、のら猫やどこぞのお店の店先にいるネコを愛でながら、日頃のストレスを発散してたりします。そんなくまよむの気持ちを知ってから知らずか、芥川賞で有名な文藝春秋さんが写真集を出してくれました!!

商店街のネコ店長/梅津有希子

大人気のネコフォトブック『吾輩は看板猫である』、第2弾の『吾輩は看板猫である 東京下町篇』の著者、梅津有希子さんが、看板猫を探して、商店街を巡ります。

看板猫はどこにでもいそうに思えますが、実はいまや希少な存在。シャッター商店街が増え、かろうじて活気を保っている商店街でもテナントショップへと商売替えをする店が続出し、“店に住む”ことができなくなりつつあるからです。昔ながらの風情を残す自営の店か、オーナーがよっぽどの猫好きか。

そんな希少な猫を求めて訪ねたのは、阿佐ケ谷、幡ヶ谷、永福町、桜新町に豪徳寺、猫のメッカである谷中・根津、問屋が連なる蔵前や代田橋にある沖縄タウン、恵比寿、新大久保などの商業地、さらには築地に横浜中華街まで、実にさまざま。「看板猫がいるらしい」との情報を頼りに初めて降り立った地も多くあります。

猫待ちをしながら街をぶらぶらし、おいしそうなお惣菜があれば買い求め、初めての道を右に左に覗きつつ進む。知らない街を訪れるのは意外な面白さに満ちていて、そのうえ猫を愛でて心もほっこり。初めての味との出会いというおまけ付き。

東京の下町で、お店の看板ネコとして活躍しているネコちゃんたちにフォーカスした一冊なんですよね。人懐こく店番している感じが、そこらへんののら猫とは違って、愛くるしさが抜群です。

くまよむ的にいいなぁと思ったのは桜新町商店街の紫光庵のみなみ店長ですね。三毛猫なんですけど、淡い色合いになってまして、今流行のパステルっぽい感じです。めちゃキュートです。勤務時間は「いつもいる」になっていたので、いつ行ってもみなみ店長と遊べるかと思います。今度行ってみようかな。サザエさん観光も兼ねて。。。

平沼商店街のクリーニングよしのにいるマキ店長はいつも目つきが悪くて、機嫌が悪いんジャマイカと思えちゃうんですが、これがデフォルトなのでしょうね。激おこぷんぷん丸を地で行くような感じで、この猫ちゃんも気になりまくりんぐです。ただ、横浜なので行くのがちーとばかしめんどくさいです。横浜近郊にお住まいの方は見に行ってみてはいかがでしょうか。

浜田山壱番街商店街の伊勢屋商店のジロー店長もいい感じです。白黒のねこちゃんでして、タキシード猫というか靴下猫というかそんな感じです。配達に行こうとしている写真とコメントがめちゃくちゃカワユスです。働き者だなぁ。。。

あと、沖縄タウンの斉藤食料品店にいる小太郎くんもゲキカワですな。シーサーの像に寄り添う、4コママンガみたいなページは超おちゃめな感じです。触れ合って、遊びたいのぅ。。。

この写真集って、東京の看板猫ちゃんばかりなんですが、うまく行けば、シリーズ化できそうな気がします。地方の看板猫ちゃんを激撮して、シリーズ化すれば売れるんじゃないかなと思います。

というわけで、「商店街のネコ店長」を手にとってみてくださいまし!


くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る