このエントリーをはてなブックマークに追加

山岳刑事の道原伝吉が大活躍!主演・マツケンサンバの松平健

michihara-denkichi

マツケンサンバのマツケンこと、松平健さんが活躍する道原伝吉(えらい古風な名前ですね。。。)の第2弾が放送されることになりました。一回目の放送の記憶があまり定かじゃないんですが、松平健さんが主演する二時間サスペンスドラマって珍しいですし、2回目の放送ということはシリーズ化していくということでありますので、マツケンファンには垂涎ものなのではないでしょうか。

信州山岳刑事 道原伝吉2 北アルプス殺人行

あらすじ
広大な北アルプスが管轄の安曇野北警察署は、山での事故に備え山岳遭難救助隊も常駐する日本でも珍しい警察署だ。主任である道原伝吉(松平健)は山に詳しく、山岳刑事と呼ばれている。

ある朝、降旗節子(雛形あきこ)が道原宛ての小包を持ってきた。差出人不明で、課長の四賀善範(森田順平)らも不気味そうに覗き込んでいる。中に入っていたのは、登山靴の赤いひもと白骨化した女性の右足、さらに『早く見つけて下さい』と書かれた1枚の便箋…。

北アルプスで遭難が疑われている行方不明者のうち、道原が直接捜索した看護師の佐久間あや(大路恵美)ではないかと思った道原は、DNA鑑定を行うため、降旗と共にあやの母・みどり(かとうかず子)を訪ねる。

出演者
道原伝吉/松平健
降旗節子/雛形あきこ
道原康代/斉藤慶子
中倉益男/勝野洋
須藤公彦/東幹久
佐久間みどり/かとうかず子
中倉千恵/大島さと子
佐久間あや/大路恵美
丸本加奈子/遊井亮子
島崎純也/河相我聞
四賀善範/森田順平
牛山耕二郎/前田健
島崎由紀恵/佐藤友紀
岡島良彦/内浦純一
道原比呂子/谷内里早

スタッフ
原作/梓林太郎葬送山脈-北アルプス殺人行-
脚本/安井国穂末安正子
監督/津崎敏喜

放送時間
2014年5月28日 夜9時

物語は1コの小包からはじまります。匿名で送られてきた小包の中には、登山靴につけられている赤いひもと女性の右足の骨、他に「早く見つけて下さい」と書かれた手紙が入ってます。さすがのマツケン刑事もいきなりこんなもの送りつけられてきたら、びっくり仰天してしまいますね。

んで、伝吉はその骨を山で遭難したと思われる行方不明者の佐久間あや(大路恵美)のものではないかと考え、かとうかず子さん演じる母親のみどりとDNA鑑定をすることに。結果はピタリと一致し、骨はあやのものと断定されます。というわけで、大路恵美さんは放送開始当初から亡くなった状態で登場という少し切ない感じになっています。

ある日、伝吉が捜査から帰ると、自宅には勝野洋さん演じる山岳遭難救助隊隊長こと中倉益男がいます。伝吉と中倉は「伝さん」「中さん」と呼び合っているらしいです。現実世界でいうと、「ケンちゃん!」「カッちゃん!」てな感じでしょうか。

そんな、カッちゃんこと中倉には娘がおり、すでに亡くなっているもよう。大島さと子さん演じる奥さんの千恵は心が病んでおり、病院で療養中とのこと。ちょいと怪しげな匂いがプンプンしてきます。その娘さんの死因はなんだったのでしょうか。今回の事件に関係していそうですね。

場面は変わり、緑聖会カトレア病院に。河相我聞さん演じる医師の島崎純也のところにも匿名の小包が届きます。今度は左足の骨と、「さようなら」と書かれたメモが入ってます。

あらすじから推理すると、中倉に疑いの目を向けざるを得ませんね。山岳遭難救助隊の隊長という職業なので、おそらく佐久間あやの骨を見つけたのは中倉だと思われます。骨が誰のものであるか、なぜここに死体があったのかを知った上で、自分もしくは共犯者が小包を手配したんじゃないでしょうか。

伝吉への小包にはそれとなく事件であることをにおわせ、捜査をはじめるように促す目的があり、佐久間あやと以前に関係があったと考えられる島崎純也への小包には警告を送る目的があったのではないかと、くまよむは推理してます。あやと島崎は交際していて、その後、別れ話がもつれて、山で殺しちゃったんじゃないかと思います。

中倉には亡くなった娘がおり、あやと娘の姿が重なり、今回の行動につながっていると、くまよむは断定しました!そもそも、「伝さん」「中さん」と呼び合うほどの中であり、同じ山岳をフィールドとしている二人の対比を考慮すると、中倉がホンボシという線がかなり濃厚なんじゃないかと。もしくは奥さんの犯行をかばっている可能性も捨て切れません。いずれにしろ、中倉を中心に事件が進んでいくんじゃないでしょうか。もしかすると、あやの母親のみどりもここに一枚噛んでくるかもしれませんね。みんなで、医師の島崎を追い込んでいく様子がありありと、くまよむの脳裏に浮かびます!

当初疑わしい犯人がそのまま犯人として最後まで絡んでくるという、2時間ミステリードラマの法則が発動しそうな気がします。この法則は、だいたい主人公と密接な関係にある人物が犯人になるパターンに多いです。

ちなみにくまよむが個人的に大ファンである東幹久さんも登場するので、その活躍の一部始終を絶対に見逃さないようにしたいと思います。

というわけで、水曜ミステリー9の「信州山岳刑事 道原伝吉2 北アルプス殺人行」をお見逃しなく!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る