このエントリーをはてなブックマークに追加

佐々木蔵之介が主演の金曜プレステージ「塔馬教授の天才推理2湯殿山麓ミイラ伝説殺人事件」の犯人は誰だ!?

toumakyoujunotensaisuiri2

佐々木蔵之介さんが浮世絵の研究を行う大学教授でありながら殺人事件も解決しちゃう、金曜プレステージ「塔馬教授の天才推理2湯殿山麓ミイラ伝説殺人事件」が放送されることになりました。

あらすじ
湯殿山山麓の山形県仙人村で、墓石を掘り返している男が何者かによって撲殺された。被害者の男が倒れた後も後頭部に凶器を執拗に振り下ろす犯人…。

それから半年後の東京。私大教授で浮世絵研究家でもある塔馬双太郎(佐々木蔵之介)は、雑誌編集部員・名掛亜里沙(森口瑤子)と推理小説家・長山作治(橋本さとし)が次に取材する資料に目を通す。取材テーマは湯殿山の即身仏(ミイラ)。

塔馬は興味深いテーマで取材に賛成だったが、幽霊系の話が苦手な長山は取材することに反対。結局、亜里沙の知人で映画プロデューサーの小暮秀子(田畑智子)の作品が偶然、湯殿山で撮影していること、しかも長山の大好きな女優が出演していることを知り、長山も取材同行を承諾する。

数日後、亜里沙と長山は湯殿山の撮影現場を訪れる。小暮に誘われ撮影後の制作発表に出席すると、そこには仙人村の由緒ある寺・殿岳寺の住職、沼田雲海(山田明郷)地元の実業家で村議会議長・千崎完三(阿南健治)がいた。

制作発表が始まり、その冒頭で主演女優が外から会場の中に向かう途中、突起物につまずいてしまう…。関係者がそれを掘り起こすと、仏像が彫られたふた付きの木棺であることが判り、中には1体のミイラが納まっていた…。

亜里沙はすぐに塔馬に電話をして状況を説明。細工された木棺に興味を覚えた塔馬は、自分が不在でも大丈夫なように学生たちの課題を3日分作成して、湯殿山へと向かう。

出演者・キャスト
佐々木蔵之介
森口瑤子
橋本さとし
田畑智子
渋谷飛鳥
山田明郷
阿南健治
宇梶剛士

スタッフ
原作/高橋克彦即身仏(ミイラ)の殺人文春文庫
脚本/扇澤延男
編成企画/水野綾子
プロデュース/有賀聡ケイファクトリー
演出/千葉行利ケイファクトリー

放送日
2014年9月19日 21時

佐々木蔵之介さん演じる塔馬教授が研究している浮世絵って、なんだか面白そうな研究テーマですね。日本古来の伝統なんかに造型が深い大学教授ならではの名推理が炸裂しそうな予感がします。

さて、ドラマは塔馬教授と森口瑤子さん演じる雑誌編集者の名掛亜里沙と推理小説家の長山作治が取材先に湯殿山を検討しているところからはじまるんですが、冒頭部分では墓石を掘り返す男が何者かに殺害されるというシーンがはさまれており、しょっぱなから不穏な感じです。

即身仏って、たまに聞くんですけど山形県の湯殿山の周辺で行われていたのですね。修行という意味では最もデンジャラスな部類に入る修行だと思うんですけど、実際に即身仏になった人たちって、どんな想いでそれを実行したんでしょうね。なんだか、胸がぎゅっとなってしまいます。

亜里沙の友人である、映画プロデューサー・木暮秀子(田畑智子)の協力のもと取材に出かける一行ですが、映画の制作発表に同席した際、由緒あるお寺の住職こと沼田雲海(山田明郷)と村議会議長で実業家の千崎完三(阿南健治)と出会います。どちらも地元の名士なんですけど、ドラマの本筋に超関係してきそうな匂いがぷんぷんします。

その後、制作発表の会場近くの妙な場所に木棺が埋められていることが判明します。掘って、中を確かめると、なんと。。。そこにはミイラがっ!これまで知られていなかった即身仏が新たに発見されたように細工して、殺害した人間を木棺に閉じ込めたんでしょうね。う~ん、残酷ですなぁ。たぶんこのミイラが冒頭部分で殺された男なんでしょうね。

では事前推理に入ります。情報が少ないので、かなり空想しちゃいますが、やはり怪しいのは木暮秀子ですね。タイミングよく塔馬教授らに協力し、タイミングよく制作発表の場でミイラが発見されるなんて、出来すぎなんじゃないでしょうか。特にミイラの発見はかなり凝った演出だと思うんで、やはり作為がうかがえます。

ミイラを殺ったのが秀子かどうかは分かりませんが、少なくとも発見されるように仕向けた可能性は高いと思います。殺った真犯人の候補としては秀子と沼田雲海と千崎完三の3名が疑わしいです。殺られた男と雲海と完三が過去になにか良からぬことをしていて仲間割れが発生し、その結果殺害にいたったとかっていうのはありそうな線です。んで、秀子はその娘だったとか。

ていうか、最初に殺られた男はなんで墓石を掘っていたのでしょうか。墓の中になにか見つけなければいけないものがあって、それを見つける前に殺されたということになると、ドラマの鍵はその墓にあるといえそうです。例えば、墓の主は他殺だったのに自殺とか事故死で処理されていて、それに気付いた男が証拠を探すために掘り起こそうとしてたとか。

くまよむ的には秀子の復讐劇な線がたぶん一番ありそうな線だと思います。おそらく彼女がプロデュースする映画の内容がそれに即したものになっているんじゃあないでしょうか。

というわけで、佐々木蔵之介さん主演の金曜プレステージ「塔馬教授の天才推理2湯殿山麓ミイラ伝説殺人事件」をお見逃しなく!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る