このエントリーをはてなブックマークに追加

中村梅雀が主演の金曜プレステージ「深川東署・特命人情捜査班 朝田真平」を見逃すな!

nakamura-baijaku-asada-shinpei

中村梅雀さん&石倉三郎さん&高田純次さんの3人が下町の人情派刑事になって、まるでズッコケ三人組のように活躍する金曜プレステージ「深川東署・特命人情捜査班 朝田真平」が放送されることになりました。

あらすじ
深川東署刑事課に勤務する朝田真平(中村梅雀)は定年を2年後に控えた仕事に熱いベテラン刑事。だが、幼なじみの同級生で鑑識課の本宮源太郎(石倉三郎)や刑事課の中村圭一(高田純次)らとともに年下の上司である課長代理の佐川(冨家規政)をはじめとする若手捜査員たちには疎ましがられている。

ある日、小宮山(長谷川哲夫)という独居老人が浴室内で溺死体として発見される。真平と源太郎は小宮山が医師から処方されていた睡眠導入剤の使用済み薬袋を茶の間と台所のゴミ箱からそれぞれ証拠品袋におさめながら、小宮山のきちょうめんな性格が表れた部屋を見て回る。

検視官によると小宮山は睡眠導入剤を服用後に入浴し、そのまま寝てしまい溺死したということだった。佐川が事故死と判断した矢先、玄関先には第一発見者でもある小宮山の妹、上川ますみ(和泉ちぬ)が兄は殺されたのだと訴え騒ぎ立てていた。

出演者
朝田真平/中村梅雀
本宮源太郎/石倉三郎
中村圭一/高田純次
坂崎海斗/山口翔悟
佐川光太郎/冨家規政
本田正悟/比留間由哲
木本健介/近江谷太朗
沢村たつ子/大島蓉子
増岡ミツ子/松乃薫
春川さくら/萩尾みどり
関島潔/新田純一
小宮山公一/長谷川哲夫
工藤三朗/鶴田忍
上川ますみ/和泉ちぬ
島川紫郎/福島勝美
神村秋夫/秋山真太郎
結城和子/山口果林
森岡貴代/音無美紀子

スタッフ
脚本/樫田正剛
企画/成田一樹フジテレビ
プロデュース/細貝康介フジテレビ)・塚田哲也
演出/富田勝典
制作/フジテレビ
制作著作/アニマ21

放送日
2014年7月18日 21時

幼なじみだった3人が揃って警察官になっているなんて、とてもステキですね。人間関係が希薄な現代社会において、たいへん貴重な友情の形が垣間見れそうです。フィクションだけど。

今回の主人公は中村梅雀さん演じる刑事の朝田真平で、その幼なじみが高田純次さん演じる同じく刑事の中村圭一、石倉三郎さん演じる鑑識の本宮源太郎になります。3人ともいぶし銀というかおちゃらけているというか、なんとも先行き不安な感じです。

さて、事件は一人暮らしの老人が自宅の浴室で溺死体となって発見されるところからはじまります。検視の結果、睡眠導入剤を服用した後に入浴し、そのまま深く眠り込んで溺死したもよう。睡眠薬を飲むときって、ふつう寝る前なんで、わざわざ飲んでから入浴するというのはボケているか、誰かがわざと飲ませたかのどちらかでしょうね。2時間ドラマなんで、後者に確定でいいと思います。

第一発見者は老人の妹で、彼女の話によると、どうやら老人の預金口座から300万円ものお金がごっそり下ろされていたとのこと。このへんの事情もあり、妹は他殺の可能性を強く指摘します。

んで、警察は単なる事故の線で決着を図ろうとしますが、真平の猛烈な抗議の結果、近江谷太郎さん演じる警視庁の木本管理官は事件の可能性が高いと判断し、捜査本部が設置されることになります。

捜査の過程で真平が着目したのは、老人が使った睡眠導入剤の薬袋です。きちんと整理整頓された部屋に住んでいた老人の性格はとても几帳面であることが推測されます。薬袋も普段はハサミを使って、キレイに開けていたもようです。でも、事件後に台所で見つかった薬袋は手でちぎってあったことから、おそらく第三者の手によって開けられたのではないかと、真平は疑いまくります。

あらすじのテキストはここで終わるんですが、引き続き予告動画を観たところ、今回のドラマはイニシャルがKの女性がキーパーソンになっているようです。特に顔が出てくるのが、山口果林さん演じる結城和子と音無美紀子さん演じる森岡貴代です。

女性の出演者の役名の中で、Kがつくのは上川ますみと結城和子しかいないんですけど、前者は老人の妹なので対象外にしていいかと思います。予告動画の山口果林さんの怪しげな感じから、Kというのは結城和子のことなんでしょうけど、K自体がミスリードな気もして、ホンボシは森岡貴代な気がプンプンします。だって、音無美紀子さんの名前が出演者の一番最後にクレジットされていますから。。。

殺害の動機ですが、単純にお金と考えてよいのではないでしょうか。お金をたんまり溜め込んだ一人暮らしの寂しい老人に優しい感じで言葉巧みに近づき、ちょいちょい身の回りの世話をして、銀行口座の暗証番号を聞き出すとか、ハンコを預かるとかして、お金をすいすい~っともらっちゃう手口で多くの老人を騙していたんだと思います。

お金を奪った上に命まで奪う必要性はあまりないと思うんですが、老人に巨額の生命保険金をかけておいて、その受取人を自分にしておくという手を使っていたなら、充分にありえる話かと。怖いですね~、独居老人のみなさんはオレオレ詐欺に気をつけないといけないし、言葉巧みにやさしく近づいてくる人にも注意しないと、自分の財産を守れないわけですから。ホント、いやな世の中になったもんです。

単独犯か共犯かは現時点では断定しにくいですが、おそらく幼なじみ3人がうまいこと犯人を追い詰めてくれるものと信じています。子どものころからの付き合いだと、ツーカーの間柄で話が通じるので、きっと機敏な捜査ができるんじゃないでしょうか。ぜひ中村梅雀さん&石倉三郎さん&高田純次さんには、頑張ってホンボシを逮捕してもらいたいと思います。

というわけで、中村梅雀主演の金曜プレステージ「深川東署・特命人情捜査班 朝田真平」をお見逃しなく!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

    • おすし屋
    • 2014年 7月 22日

    良いドラマでした。クライマックスの浅田真平がのセリフもすごく印象的でしたし、複雑なストーリー展開なのに感じるシーンはすごくシンプルで良かったです。オープニング等の挿入曲もスペインタッチで印象的でした。監督さんのポリシーというかセンスの良さですね。次作を楽しみにしています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る