このエントリーをはてなブックマークに追加

三宅裕司が主演の水曜ミステリー9「金沢のコロンボ」の犯人は誰だ!?

kanazawanokoronbo

三宅裕司さんが検挙率ナンバーワンで“金沢のコロンボ”の異名を持つ刑事を演じる、水曜ミステリー9「金沢のコロンボ」が放送されることになりました。

あらすじ
加賀藩・前田家の末裔で石川県警捜査一課の前田勝利(三宅裕司)は、検挙率ナンバーワンを誇り“金沢のコロンボ”と呼ばれる刑事。しかし未だ独身の勝利は、母・光江(野際陽子)の見立てでお見合いを繰り返していた。

ある日、勝利は光江と金沢和菓子協会のパーティーに出席。会場では、協会功労賞を受賞した老舗和菓子店『よしたか』社長・吉岡友春(伊藤洋三郎)が、妻の詩乃(川島なお美)とともに出席者たちと談笑していた。

やがて会場が暗くなり吉岡が受賞の挨拶のため演壇に登場するが、フラフラとした足取りでその場に倒れ込み息絶えてしまう。勝利が演壇に駆けつけると、そこへ警察だと名乗る女性が現れる。警察庁から視察のために金沢に来ていた警視・上野雅(浅野ゆう子)だった。

吉岡は演壇脇で何者かに刺された模様。そして胸ポケットには黒百合の花が入れられていた。状況から犯人が会場にいたのは間違いないが目撃情報はない。各班が捜査に向かう中、雅は勝利と組んで捜査員として視察したいと申し出る。早速、2人は『よしたか』で詩乃に話を聞くことに。すると詩乃は5年前に夫の浮気の気配を感じたことがあると告白する。

出演者・キャスト
前田勝利/三宅裕司
上野雅/浅野ゆう子
前田光江/野際陽子
沢井隆志/大鶴義丹
吉岡詩乃/川島なお美
新家梨花/加藤夏希
若林徳治/清水章吾
久保渉/松田賢二
今江雄一郎/田上ひろし
山本政之/山崎大輔
刈谷哲司/吉満涼太
若田部敦/秋山真太郎
吉岡友春/伊藤洋三郎
お見合いの女性/虻川美穂子
梅田まゆみ/小野麻亜矢

スタッフ
脚本/加藤公平
監督/雑賀俊郎

放送日
2014年9月24日 21時

三宅裕司さん、お久しぶりですね。腰が悪いと聞いておりましたが、2時間ドラマの主役ができるんなら、だいぶよくなったと考えてよさそうですね。

今回のドラマの主人公である三宅裕司さん演じる前田勝利は加賀百万石の前田家の子孫なんですけど、その割にはいたって地味な風貌なのはいかにも金沢のコロンボという感じです。信濃のコロンボさんとはお友だちだったりするんでしょうか。あちらは内田康夫さんの原作ですが、金沢のコロンボはたぶんオリジナルストーリーなんでしょうね。その内、どこかで金沢&信濃のコロンボコンビで合同捜査なんかができると、ローカルコロンボファンは歓喜するかと思います。

さて、事件は勝利と野際陽子さん演じる母君の光江が出席した金沢和菓子協会のパーティーの席上で起こります。老舗の和菓子店「よしたか」の吉岡友春がスピーチするために登壇するんですが、その場で倒れ、死亡してしまいます。

毒殺っぽい流れかと思いきや、どうやら登壇前に刺されたようで、そのまま何も言わずに登壇したのはやや不思議な印象です。刺された犯人を目撃したり、心当たりがあれば、咄嗟に叫べばよいと思うんですが。。。

気になる物証としては胸のポケットに黒百合の花が入っていたことです。花言葉とか関係してくるんでしょうかね。ちなみに花言葉を調べてみたところ、「恋」と「呪い」なんだとか。うーん、意味深すぎる。。。

さっそく友春の妻の詩乃(川島なお美)に話を聞きに行きます。今回のドラマはダブル主演な感じでして、浅野ゆう子さん演じる警視の上野雅も同行します。

詩乃の話によると、5年前に浮気の疑いがあったということで、花言葉の意味が急に意味あるものになってきます。でもまさか、詩乃が殺ったとは思えません。殺ったとするなら、動機があるある過ぎて、ドラマにならないですねもんね。

聞き込みの後、二人は落雁が評判の和菓子店でお茶をします。勝利はいつもと違う落雁の味にすぐに気付きます。すごいっすね。普通、こんなの気付きませんよ。さすがは金沢のコロンボです。舌が鋭すぎます。んで、大鶴義丹さん演じる和菓子職人の沢井隆志は落雁のことを詫びます。たぶん、この和菓子店と落雁は今回のドラマのキーポイントになると思われます。

一方、警察は怪しい人物として、加藤夏希さん演じる新家梨花と松田賢二さん演じる久保渉のことを調べ始めます。二人とも過去に「よしたか」にいた和菓子職人です。特に久保は5年前に友春と口論し、その結果、職人の命ともいえる手を負傷し、泣く泣く職人を諦めています。???5年前とな!

これあれだな。5年前の口論の内容って、詩乃が浮気の疑いを持った件とつながっていそうですね。友春は詩乃と結婚していながら、梨花とも付き合っていたんじゃないでしょうか。久保は梨花のことが好きで、二人の仲を知り、口論することになり、やがて二人とも辞めざるを得なくなったんじゃないかと。

んで、調べを進めると、和菓子職人の沢井もまた「よしたか」にいたことが分かります。こちらはなんと!10年前に殺人の罪を犯しており、わずか2ヶ月前に出所したとのこと。

あらすじの最後では次の殺人が起こりますが、誰が殺られるのかは不明です。黒百合がまた添えられているので、連続殺人事件は確定でしょうね。

では事前推理に入ります。やはり怪しいの沢井なんですが、彼が10年前に誰をなんの理由で殺ったのかという点が重要かと思います。おそらく、その事件は友春と詩乃に関係することなんじゃないかと。

あと、気になるのは黒百合がなぜ添えられているかです。あらすじの中では「呪いの黒百合伝説」について触れられていますが、それを下敷きに考えると、吉岡家を滅ぼそうとする犯人の意図が見え隠れします。第2の殺人の被害者は不明ですが、それを考慮すると、吉岡家の誰かが死ぬことになるのかもしれません。例えば、詩乃とか。前述したように、単純に花言葉の意味だけで済めばいいんですけど、黒百合伝説まで出てくると、なかなかやっかいですな。

くまよむの勝手な想像ですが、「よしたか」の「よし」は吉岡に由来しているんだと思うんですが、もし友春が外から来た婿養子なら、そのへんの跡取り問題とかが絡んできそうな気がします。本当は沢井が詩乃と結婚するはずだったのに、殺人事件をなんらかの理由で起こし、その結果結婚できず、それが友春の差し金だったとかね。そうなると、やはり沢井がホンボシで決まりかなと思います。

おもしろいなと思うのは、今回の容疑者はすべて「よしたか」の職人だということです。殺害動機がありそうな人物が退職者に複数名いるというのは、この「よしたか」という店はなかなかのブラック企業かと思います。

というわけで、三宅裕司さんが主演の水曜ミステリー9「金沢のコロンボ」をお見逃しなく!

くまよむでは次のような記事も書いてます。

    None Found

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る