このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤメ判の新堂謙介が活躍!元判事がなぜ清掃員に?主演・橋爪功

shindou-kensuke

TBSの月曜ゴールデンで橋爪功さん演じる元判事の清掃員が活躍するシリーズの第三弾が放送されることになりました。

ヤメ判・新堂謙介 殺しの事件簿3

あらすじ
元東京地裁判事の新堂謙介(橋爪功)は、都内にある藤安病院で清掃員として働いている。

ある日、藤安病院の理事長・藤安俊一(勝部演之)が河原の土手で死体で発見された。俊一は心臓に持病があり、常に薬を持ち歩いていたが、現場にはその薬が見当たらず、俊一の妻・和可奈(野際陽子)のブレスレットが落ちていた。警部補・石渡武史(佐藤B作)と巡査・若村真佐子(大河内奈々子)は、殺人事件の疑いもあるとして捜査を開始する。

その頃謙介は、主任清掃員の恩田珠子(中山忍)から病院では次期理事長を巡り、俊一の長男・俊作(宮川一朗太)と現院長の柳原英生(川野太郎)が水面下で争っていると聞かされる。珠子は俊一の死によって2人の争いが激しくなるのではないかと心配そうに語る。案の定、通夜の会場で俊作とその妻・春美(魏涼子)、俊一の長女・仁美(西尾まり)、柳原らが跡目や遺産相続について口論となり、和可奈がたしなめる一幕があった。

葬儀が終わったある日、和可奈が姿を消した。事件現場に自分の所持品が残っていた和可奈が捜査を逃れるため逃走したのではないかと家族と警察は疑う。

出演者
新堂謙介/橋爪功
藤安和可奈/野際陽子
藤安俊一/勝部演之
藤安俊作/宮川一朗太
藤安春美/魏涼子
梅沢仁美/西尾まり
梅沢高文/斉藤陽一郎
松野文江/角替和枝
柳原英生/川野太郎
恩田珠子/中山忍
堀切 努/石橋蓮司
石渡武史/佐藤B作
岩村真佐子/大河内奈々子

スタッフ
プロデューサー/赤司学文・石川好弘
脚本/田辺満
監督/神山征二郎
編成担当/永山由紀子

くまよむは実はこのシリーズを観たことがなくてですね、なぜ元判事の新堂謙介が清掃員をやっているのか、その動機をぜんぜん知りません。判事といえば裁判官のことであり、裁判官といえば当然のことながら司法試験を突破した秀才なわけです。判事を辞めても、弁護士で食べていく方法があるんですが、なんでまた清掃員になったのか、個人的に超気になるところです。

さて、物語は謙介が務めている病院の理事長こと藤安俊一が河原の土手で死体で発見されるところからはじまります。俊一は持病があったらしいんですが、その薬が現場になかった点と、野際陽子さん演じる妻・和可奈のブレスレットが落ちていた点で、和可奈の線が濃厚になってきますが、まっ、そんなわきゃないですね。

噂によると、病院内は理事長の座をめぐり、宮川一朗太さん演じる、俊一の長男・俊作と、川野太郎さん演じる現院長の柳原英夫が争っている様子。実際に口論しあっている姿も通夜の席で目撃ドキュンされています。

その後、和可奈が怪しさ満点とばかりに、突如姿を消しますが、怪しければ怪しいほど怪しくないというサスペンスドラマの法則が自動的に発動されるので、この時点で、和可奈は誰かをかばっているか、他の目的があるかのどちらかに絞れてきます。

やがて、謙介と和可奈は掛川駅でばったり遭遇。なんて偶然なのでしょうか。親近感を覚えた和可奈は俊一の前にも結婚歴があること、そして、前夫は亡くなっていること、前夫の弟こと桐山裕之を探していることを打ち明けます。

ここまできて、いざ桐山探しに突入しようと思ったら、桐山死亡のニュースが流れます。なんてタイムリーなのでしょうか。

当然、和可奈はシロでしょう。ではホンボシは誰かというと、なんとな~く怪しさがプンプンするのは、あらすじ上に名前がでていない、角替さん演じる松野文江と斉藤陽一郎さん演じる梅沢高文ですね。梅沢高文に関しては、西尾まりさん演じる俊一の長女こと梅沢仁美と同じ苗字なので、夫とみなすのが自然でしょう。

仁美は藤安俊作と柳原英夫とともに、跡目争いの一角をなしているので、もし仁美の線が浮上すると、主犯・仁美、共犯・高文の絵が描けそうです。しかしながら、これもまたサスペンドラマの法則的にいうと、10時30分位のホンボシは他にいる!的な流れの伏線になりそうです。

やっぱりあれかな、角替さんの松野文江の線でしょうかね。年齢的には俊一、和可奈、和可奈の前夫(桐山某)、前夫の弟・桐山裕之の世代に極めて近いので、過去にこのメンツの中でなにかトラブルが発生したと考えるのが妥当でしょう。しかも、そのトラブルというのは特に前夫の桐山某の死に関連していることなのではないかと、くまよむは勝手に断定しました!

というわけで、理由は明確に導けませんが、ホンボシは松野文江で予想したいと思います。あらすじを読んだだけの事前推理ですし、はじめて観るシリーズなので、間違っていたらごめんなさい!

ブルーマンデーで憂鬱極まりない月曜の夜は、月曜ゴールデン「ヤメ判・新堂謙介 殺しの事件簿3」を観て、推理をして、気分転換してみてはいかがでしょうか。

くまよむでは次のような記事も書いてます。

他のオススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントを書き残す

最近の投稿

書いている人

現在、プロブロガーを目指して奮闘中! 主戦場はウェブ制作なんですが、お仕事の分野を紙&映像&リアル世界に拡大しようと本気で画策してます。ドラマ&Youtubeが大好きです。がんばりますよ~!
仕事依頼はこちらから⇒

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る